« サブタイトル「ドン・キホーテよ、デタラメに行け」について | トップページ | フランス人の変化 »

パリの夜

 今、パリにいる。

 昔、フランス文学を勉強していたので、なじみの土地だ。7度目か8度目の訪問になる。

 インターネットでシャルル・ドゴール空港からもパリ東駅からも近いホテルを予約しようとしたら、ほとんどが満室で、「地球の歩き方」で評価の高かった三つ星のホテルだけが予約できた。一泊75ユーロというから、めっぽう格安。穴場のホテルに泊まれるかと思い、安い分、空港からホテルまでタクシーにした。が、甘かった。実際に来てみると、値段相応のホテルだ。

部屋は狭く、しかも暗い。コンセントは二つしかない。「浴室付き」と念を押して頼んだのにシャワーしかない。このホテル、浴室のある部屋は一つもないとのこと。洗面所にコップはついているが、ガラス製ではなく、ペットボトルのような材料。シャンプーも小袋に入ったもの。トイレからは、昔の映画館のような小便くささが漂う。もちろん、備え付けの洗面用具もスリッパも一切ない。一言で言って、何から何までしょぼい! これを誉めていたのは、一体どこの誰だ!

が、ベッドに寝転がっているうち、懐かしい気分になった。大学院生のころ、ぎりぎりのお金を持ってヨーロッパにやってきては、星なしのホテルや一つ星のホテルを泊まり歩いたものだ。少し前から経済的にかなり潤って、最近は一流ホテルに泊まっていたが、たまにこんなホテルもいいものだ。本来の自分に戻った気がする。テレビや机がついているだけ、ましと思おう。

フランスのビジネス客が普通に止まり、普通に利用しているホテルだ。インターナショナルなホテルではない落ち着きがある。

28日にナントに移動して、ラ・フォル・ジュルネを聞きまくるが、時差ぼけをなくすため、明日は、ランスに行こうと思っている。

ホテルで荷物を片付けてから、パリ東駅に行って、明日のランスまでのチケットを買った。夕食は駅で買った持ち帰りの小型ピザ。30年前の貧乏学生だったころと同じような旅をしている!

いまはもう日本時間では朝の5時だが、時差ぼけを解消させるため、もう少し起きていよう。

(インターネット接続にお金がかかるので、ワードに書いておいて、それをココログに移した。だから、これを書いたのはフランス時間の26日の夜だが、ブログへの反映は日本時間で27日の午後になる)

|

« サブタイトル「ドン・キホーテよ、デタラメに行け」について | トップページ | フランス人の変化 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/43873024

この記事へのトラックバック一覧です: パリの夜:

« サブタイトル「ドン・キホーテよ、デタラメに行け」について | トップページ | フランス人の変化 »