« 潔さの美学 和田秀樹監督『受験のシンデレラ』 | トップページ | 『ヤバいクラシック』発売! »

歌劇『カルメル会修道女の対話』は歌劇ではなく対話だ!

 特に期待していたわけではない。何しろ新国立劇場オペラ研修生の上演。指揮のジェローム・カルタンバックという人も、演出のロベール・フォルチューヌという人も知らない。そして、『カルメル会修道女の対話』というオペラも、好きなオペラというわけではない。

 かつてベルナノスの原作を読んだが、あまりの生真面目さに馴染めなかった。プーランク作曲のオペラも何だかよくわからなかった。同じプーランクの『声』は好きなオペラだが、それに比べて何と退屈なんだと思っていた。

 数年前、小澤征爾指揮、サイトウキネンでこのオペラを見た。また、つい最近、ムーティ指揮、スカラ座によるDVDも見た。もちろん悪くなかった。「なるほどこんなものか」と思った。だが、感動するまでにはいたらなかった。何だかよくわからんオペラだ・・・という印象は消えなかった。

 上演には期待しないまま、よくわからないオペラの正体を見てみたいつもりで、昨晩、新国立劇場(中劇場)での新国立オペラ研修生と東京ニューシティ管弦楽団の上演に出かけたのだった。

 ところが、昨晩の上演を見て、大いに感動した! そして、これまで私がこのオペラに違和感を覚えていた理由がわかった。

 これまで私が見た上演は、すべてあまりにオペラティックに演奏しすぎていた! 神に仕えながら死を前にして錯乱する修道院長をまるでワーグナーのように歌っていた。とりわけ、ムーティのDVDのアニア・シーリアは声の艶は失いながらも、かつてバイロイトで歌っていた時と同じように熱唱していた(しかも、フランス語とは思えないメチャクチャな発音! シーリアは好きな歌手だが、ちょっと幻滅)。すべて最後の処刑を盛り上げるために、ドラマティックに音楽を作っていた。もちろん、小澤もムーティも超一流指揮者だから、それを極めて精緻に美しく表現していた。だが、あくまでもドラマとして、オペラとして演奏していることに変わりはなかった。

 だが、そうすると、このオペラの最も美しい部分が失われるのではないか。「この曲はオペラではない。対話(ディアローグ)なんだ」と初めて気づいた。これを無闇に盛り上げてはいけない。抑制し、対話を重視し、フランス語の響きを大事にし、一つ一つの音を大事にして演奏する。そうすると、対話の向こうからじわじわと魂の苦悩が浮かび上がってくる。そんな曲なのだ。

 ドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』と同じように、反ドラマの音楽なのだと思った。私のこれまでの違和感は、盛り上げようとしていないオペラを、盛り上げようとしている演奏のせいだったのだと思った。

 その点、研修生たちを中心とした演奏は素晴らしかった。ブランシュを歌った木村眞理子の清楚な歌声、修道院長の茂垣裕子(研修生ではなく賛助出演らしい)の抑制した苦悩の表現も素晴らしい。コンスタンス役の山口清子もほかの修道女たちも見事。男声陣もまったく引けをとらない。研修生でこれだけのレベルのものが歌えるなんて!

 そして、何よりも指揮と演出に感服。この二人の解釈のおかげで、これがディアローグとしてオペラになっていたのだと私は思う。そして、この二人がフランス人だったおかげで、歌手のフランス語がきちんとしたフランス語になっていた。それだけでも、このオペラの雰囲気が変わっている。・・・ただ、オーケストラの練習不足は大いに気になった。

 ともあれ、超一流の演奏家たち以上に感動させてくれた研修生主体の舞台だった。『カルメル会修道女の対話』は私の大好きないペラになりそうだ。

|

« 潔さの美学 和田秀樹監督『受験のシンデレラ』 | トップページ | 『ヤバいクラシック』発売! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「カルメル会修道女の対話」のブログを検索しているうちに、このブログに行き当たり、大変興味深く読ませていただきました。これからも愛読したいと思います。
なお、トラックバックを送らせていただきました。

投稿: Eno | 2009年3月18日 (水) 10時03分

Enoの音楽日記、読ませていただきました。共感する部分がたくさんありました。私も愛読させていただくことにします。今晩、新国立の「ラインの黄金」に行く予定です。

投稿: 樋口裕一 | 2009年3月18日 (水) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/44330669

この記事へのトラックバック一覧です: 歌劇『カルメル会修道女の対話』は歌劇ではなく対話だ!:

» カルメル会修道女の対話 [Enoの音楽日記]
 新国立劇場オペラ研修所公演の「カルメル会修道女の対話」をみた。これは20世紀のフランスの作曲家プーランクのオペラ。20世紀には意外に多くの優れたオペラが生み出されているが、これもそのひとつだ。  フランス革命の真っただ中のパリ。内気で怖がり屋のブランシュは、魂の平安を求めて、あるいは、自らの臆病さを克服するために、カルメル会修道院に入る決心をする。パリから離れたコンピエーニュの修道院。しかし革命の嵐はここにも押し寄せ、破壊と略奪の末、修道女たちは捕らえられ、パリで処刑される。  このオペラは革... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 09時37分

« 潔さの美学 和田秀樹監督『受験のシンデレラ』 | トップページ | 『ヤバいクラシック』発売! »