« 母校の甲子園出場に複雑な気持ち! | トップページ | 新国立劇場『ラインの黄金』で大きな感動は得られなかった »

3つの疑問

 都内ホテルに泊まりこんで、原稿を書いている。

 3泊4日で原稿用紙150枚ほど書く予定。たぶん、予定通りいきそう。私はかなりの速筆なのだが、われながらあきれるくらい速い。

 が、ずっとパソコンに向かっているので、腰が痛い。肩も凝った。もうふらふら。ちょっと一休みしたくなった。テレビでWBCの日韓野球をやっているが、負けているので、原稿を離れて、最近疑問に思っていることを3つ、書きたい。

①なぜ、oneをワンと発音するのか。ふつうに発音すれば、これはオンかオウンといったところだろう。どこからwの音が出てくるのか。英語の発音体系で、これをワンと発音するなんて、ありえないのではないか。インターネットで調べてみたが、納得できる回答はなかった。

②なぜ、伊達を「だて」、服部を「はっとり」、長谷を「はせ」、和泉を泉と同じ「いずみ」と呼ぶんだろう。もう慣れてしまって不思議に思わなくなったが、考えてみれば、実に不思議だ。

③もう一つ、昔から抱いている疑問。なぜ、イエス・キリストを、イエス自身も他者もしばしば「人の子」と呼ぶのか。人間誰もが「人の子」なのだから、イエスを特定することにならないと思うのだが、それがイエスと特定されるのはなぜなのか。イエスは人の子でもあり、神の子でもあるという存在だと自分でも認めていたはず。だったら、「神の子」と呼ぶほうが明確だと思うが。

昔、「なぜ三振でアウトになるのに、一塁に進めるのはフォアボールなのか。ボール三つで一塁に進めていいではないか」「なぜ、読売ジャイアンツなのに、巨人と呼ぶのか。阪神タイガーズを阪神と呼ぶのなら、当然、(読売)と呼ぶべきではないか。あるいはタイガースを(トラ)とよぶべきではないか」などについて疑問に思って考えたことがあった。それについての私の仮説は『ホンモノの思考力』(集英社新書)の中で書いた。

①~③の疑問に、誰か答えてくれないだろうか・・・

|

« 母校の甲子園出場に複雑な気持ち! | トップページ | 新国立劇場『ラインの黄金』で大きな感動は得られなかった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。最後に先生にお目にかかったのは10年前の東進ハイスクール。周りが必死に受験勉強に向かう中、目的が見えず、面白そうというだけで受講した高校3年時唯一の講座"樋口裕一の小論文"。そのときに聴講した「なぜ天気予報は当たらないのか」。これがきっかけとなって、渡加。現在に至ります。小さな雑誌のインタビューを受けるにあたり、ふと先生のことを思い出したのが数ヶ月前。そして久しぶりに朝日新聞のサイトを開けると先生の顔。こんなきっかけを見逃す理由はないと思い、コメントを差し上げております。あの時、先生の講座を、天気予報の話を聞いてよかった、といえる人生を現在送っています。その節は本当にありがとうございました。

投稿: ND | 2009年3月19日 (木) 03時47分

NDさん、コメントありがとう。かつての教え子が活躍していることを知ると、とてもうれしくなります。少しでも人生に影響を与えられたとすると、こんなうれしいことはありません。
「なぜ、天気予報は当たらないか」・・・複雑系の話でもしたんでしたっけ? 
ますますの活躍を祈ります。

投稿: 樋口裕一 | 2009年3月19日 (木) 06時53分

どらくの記事を見ました。
私は、専門家ではないので、ためらっていました。

言葉の専門の方に講釈をたれるのは、心地悪いのですが・・・

①の疑問について
「はじめに話し言葉があった。」という事ではないでしょうか?

ずっと以前に言語は、初めに話し言葉があって、それに書き方を加え、文法を考えた。というのを習った事があります。

それでは、ワンをどうしてONEとづづるようにしたかという問題ですが、確かにWANが自然です。
「ツー」「フォー」は、to,too,forというつづりはすでに別に重要な単語があるため、それと区別するために、特別なつづりになったと考えると自然です。wanは、マイナーな単語なのでちょっと、当てはまらないけど・・・数字である事を識別しやすいように、変わった綴りにしたのではないかというのが私の考えです。

投稿: カリブの専業主婦 | 2009年3月24日 (火) 21時34分

カリブの専業主婦さん
コメント、ありがとうございます。
「はじめに言葉があった」というのは、そのとおりかもしれません。別の言葉があるので、区別するために別の綴りにしたと言うのも、なるほどと思いました。
が、やはり、なぜoneと綴るのかという問題が残ります。数字とわかるために特殊な綴りにしたというのは、私には疑問に思えます。なぜ、特殊にする必要があるのか、特殊だとしても、なぜoneというつづりなのか。
今のところ、私が考えているのは、フランス語のun doux trois(アン、ドゥ、トロワ)の綴りと発音が少し変化して伝えられたのかな・・・ということです。もしかしたら、フランス語ではなく、ほかの言語かもしれません。
ですが、これも、それほど説得力があるとは思えません。私も専門家でないので、わからないのですが・・・
少し宿題にさせてください。

投稿: 樋口裕一 | 2009年3月24日 (火) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/44387687

この記事へのトラックバック一覧です: 3つの疑問:

« 母校の甲子園出場に複雑な気持ち! | トップページ | 新国立劇場『ラインの黄金』で大きな感動は得られなかった »