« 初めてのグルメ情報 | トップページ | 明日からバッハモードに突入! »

「長」になるということ

 年齢のせいか、「長」に推薦されることが多くなった。大学内部の委員長や副委員長、外部の会長などなど。だが、私はずっと断ってきた。今日も断った。自分のこれまでのポリシーを守って断ったのだったが、それでよかったのかどうかまだ迷っている。そろそろ、ポリシーを改めるべき時期に来ているのか。それとも、これまで通りでよいのか・・・

 そろそろ、「長」になるのは当たり前の年齢であって、それを断るのは無責任ではないのかと思わないでもない。妙に若ぶって断るのも、みっともない気がする。だが、踏ん切りがつかない。

 私が「長」になりたくないのは、一つにはそのような能力が自分にあるとは思えないからだ。人をまとめる力もない。会議の場で司会をするのも苦手。上手に取りまとめることなど出来そうもない。開会の挨拶など、儀式的行動がとりわけ苦手だ。

 が、それだけではない。私は自由で無責任な発言のできる位置を確保していたい。組織の代表としてではなく、いつでも組織を敵に回して一人で反抗するような場にいたい。「長」になってしまうと、組織の代表になってしまって、少数意見を主張できなくなってしまう。

 私自身、かなり丸くなって、今では、一人で周囲全員を敵に回して議論するようなことはなくなった。だが、中学生のころから、ずっと、「長」にならず(というか、クラス委員長などに推薦されたこともなかったし、生徒会に立候補しても、いつも最下位で落選だった!)、「反体制の少数派」を通してきた。「通してきた」というよりも、正確には、気がつくと常にそのような場に立たされていた。

今更、それを変えたくない。そのような立場を通してきたから、現在の私がある。それをやめたら、自分でなくなってしまいそうだ。

 それに、私はクールで落ち着いて見えるようだが、実はかなり攻撃的な人間だ。とりまとめをするのではなく、先頭に立って敵に向かって切り込んでいくことが多い。私にいわせれば、私のような人間を「長」に据えるよりは、むしろ在野に置いて、何か新しいプロジェクトを一人で仕掛けるような地位につけるほうが、組織全体のためにもなると思う。

 このように自分に言い聞かせているが、果たしてこの言い分にどのくらいの説得力があるのか。もう少し自問自答することになりそうだ。

|

« 初めてのグルメ情報 | トップページ | 明日からバッハモードに突入! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『読ませるブログ』、まちへ出かける駅前で見かけて購入し、帰宅する頃には読み終えました。おもしろかったです good
この本を見なければ、こちらのブログを訪れることもなかったので、やっぱり「本」は、それなりに偉大なのだなぁ、とあらためて思った次第です。
でも、ブログも、ある意味「偉大」ですよね。
『ホンモノの文章力/思考力』を読んで勉強させてもらった身としては、その著者と、直接このようにコミュニケーションをとることができるというのは、やっぱりスゴイことですよねsign01
しかも、ブログを拝見すると、御著書からは分からない、樋口先生ご自身の性格のようなものがよく知れておもしろいです。
で、この記事に書かれたことについて、「あー、やっぱり、こういう方なんだなぁ」と納得するとともに、若輩者ながら一言申し上げたくなり、ここにコメントにきました。

失礼を承知であえて申し上げるのですが、樋口先生が、さらに一回り人間的に成長されるためには、「長」と名のつく仕事を、「挨拶が下手だから」とか「人をまとめるのが苦手だから」とか言ってないで、お引受けされるべきでしょう。

「反体制で少数派の側にいたい」というお気持ちはよーく分かりますが、年齢を重ね、その社会の中に自分のポジションを保持しているということは、その社会の中で期待される役割を担うべきなんだろうと思います。その期待される役割の中で、思うに任せられないことや、自分のありたい姿と現実とのギャップに直面したり、組織や社会を変えることの難しさに苦しんだり、さまざまな葛藤を経てこそ、人間はさらに成長していく、あるいは深みを増していく、のではないかと思うのです。
「大学教授」というポジションにある人が、「在野でありたい」と望むことは、心情としては同情できても、残念ながら、「無責任」というそしりを受けても仕方ないことなんじゃないかなぁ、とも思います。

「みなまで言うな」とおっしゃられそうですね。
たぶん樋口先生はそういうことも分かってらっしゃってて、逡巡するような書き方をされているのだと思います。
ちょっと、背中を押したくなりましたpunch

投稿: Junko | 2009年5月 2日 (土) 13時59分

JUNKOさん
コメント、ありがとうございます。
そのとおりだと思います。あの後、いろいろ考え、「長になるのを怖がっていたのは、子どもらしいわがままだった」と思い直しているところでした。
ただ、次に同じような機会が来たら、果たして、応じるかどうか。「俺は、反体制で生き抜く! その気概がなくなったら堕落だ」と長い間考えて生きてきただけに、なかなか始末をつけるのが難しいのです。
が、とてもうれしいコメントでした。ほんとうにありがとうございました。

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月 2日 (土) 23時57分

お忙しいところを返信くださり、ありがとうございました。
感激ですheart02

> 「俺は、反体制で生き抜く! その気概がなくなったら
> 堕落だ」と長い間考えて生きてきただけに、なかなか始末を
> つけるのが難しいのです。

なるほど、そういうものなんですね。

そういう考え自体はよく理解できても、そういう考えを、長い年月持ち続けるということがどういうことか、こればっかりは、若輩者の私には、想像の及ばないことでした。

もしこの先、「長」をお引受けになった、なんてことがありましたら、また感想などをお聞かせくださいませ scissors

投稿: Junko | 2009年5月 3日 (日) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/44699018

この記事へのトラックバック一覧です: 「長」になるということ:

« 初めてのグルメ情報 | トップページ | 明日からバッハモードに突入! »