« 「ビーバップ・ハイヒール」出演(5月14日放送)に苦い思い! | トップページ | 新聞を使った家庭学習について岩田学園(大分市)で講演 »

『「教える技術」の鍛え方』(筑摩書房)発売!

Bpbookcoverimage

 私は実は、東進ハイスクールのカリスマ講師だった。もちろん、今でも教えたことのないタイプの相手を前にすると戸惑うことがあるが、教えるのはうまいほうだと思う。が、もちろん、昔からうまかったわけではない。

 はじめは惨憺たるものだった。大学院生のころ、ある塾の50人くらいいたクラスが、授業のごとに半分に減っていって、5回目には5人くらいになったことがある。仕方がないので、自分からその塾をやめることにした。

 その後、少しずつ教えるテクニックを身に着けていった。そして、カリスマ講師になった。そのノウハウを今日発売の『「教える技術」の鍛え方』の中に押し込んでいる。教師だけでなく、自分の子どもに教えようとする人、職場で部下に教える必要のある人には、絶対に役立つと思う。自分としても、よくできた本だと思う(ただし、よくできた本と売れる本はまったく違うのだけど)。

 今、羽田空港近くのホテルにいる。朝の便で大分に発つ。雨模様なので、定刻に飛ぶかどうか、やや心配・・・

|

« 「ビーバップ・ハイヒール」出演(5月14日放送)に苦い思い! | トップページ | 新聞を使った家庭学習について岩田学園(大分市)で講演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
iPuVKWRu

投稿: hikaku | 2009年4月30日 (木) 05時09分

hikaku様
大変申し訳ありません。
相互リンクのサイトというのがどのようなものか、よくわからずにいます。相手のリンクの内容を知らないままリンクすることに、危険も感じます。
申し訳ありませんが、もう少し様子を見させてください。

投稿: 樋口裕一 | 2009年4月30日 (木) 09時03分

樋口先生の本を愛読させて頂いている王嬢と申します。
厚かましいお願いなのですが、私の文章にコメントしていただければと思って書きこまさせていただきました。
名前が少々危ないサイトのような名前なのですが、真面目に音楽を中心に感じたことをブログ“エスプレッシーボ”と題して書いています。
ブログは文章が上手になりたくて始めました。時々しか書いていませんが、もう5年目になります。
それで、参考にさせて頂いている本が「人の心を動かす文章術」
かなり役立っています。
他にも「ホンモノの文章力」や「ホンモノの思考力」、「いい人になるな、できる人になれ」、「いい会議 悪い会議」、そして「教える技術の鍛え方」などです。
「教える技術~」はまだ途中なのですが・・・。
書いたアドレスのブログが一番自分では良いかと思います。
コメントくださると嬉しいです。

投稿: 王嬢 | 2009年5月 4日 (月) 00時34分

王嬢様
すごい名前ですね。「O嬢」からとったのですか?
拙著をお読みいただき、ありがとうございます。
ブログ、ちょっとだけ拝見しましたが、実は今、ホテルにj泊まりこんで、ラ・フォル・ジュルネのコンサートを朝から晩まで聴きまくっているところです。今は、寝る間も十分に取れない状況です。
数日後に、このランにコメントしますので、大変申し訳ありませんが、お待ちください。

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月 4日 (月) 08時37分

お忙しいのに、ありがとうございます。
ラ・フォル・ジュルネのコンサートを堪能されているようで何よりです。
急ぎませんので、コメントを楽しみ!?(厳しい評価かもしれませんが) にしています。
「0嬢」は大正解です。

投稿: 王嬢 | 2009年5月 5日 (火) 18時27分

王嬢様
ブログ、拝見しました。
私のような、クラシック好きのおじさんには、ちょっとポップすぎるのですが、扱われている内容とブログのデザイン、そして文体はとてもマッチしていると思います。
しっかりと客を選び、隠微な雰囲気を出していますね。
特定の客のいる、少し不気味なお店のようで、とても魅力的です。
ただ、私自身とは少し縁が遠いように思います。
ポーリーヌ・レアージュは、昔愛読しました。ジャン・ポーラン(レアージュは、ポーランの筆名かもしれないといわれている)も好きな評論家でした。

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月12日 (火) 00時18分

ブログを読んでいただき、コメントをいただきありがとうございました。
名前は「O嬢」からきていますが、ポーリーヌ・レアージュを意識したわけではないので、隠微な雰囲気を出しているとお感じになられたのには、驚いています。
愛読している本の著者からコメントをいただけるなんて、思ってもみなかったので大変嬉しかったです。
チェロの練習がんばってくださいね。

投稿: 王嬢 | 2009年5月12日 (火) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/44782767

この記事へのトラックバック一覧です: 『「教える技術」の鍛え方』(筑摩書房)発売!:

« 「ビーバップ・ハイヒール」出演(5月14日放送)に苦い思い! | トップページ | 新聞を使った家庭学習について岩田学園(大分市)で講演 »