« アマゾンで☆1つをつけられた! | トップページ | NHK教育「となりの子育て」収録 »

チェロを始めた!

020

 一念発起して、チェロを始めた。「50の手習い」というよりも「60の手習い」に近い。知人にチェロを譲ってもらい、しばらく前から準備を整えていた。そして、今日、初めて先生(といっても、息子とそれほど年齢に差がないだろう。いくつかのプロのオケで弾いている若者だ)に我が家に来てもらって、練習をした。

 子どものころ、ヴァイオリンを習わされていた。大分県中津市のヴァイオリン教室だったが、そんな昭和30年代の田舎の教室でも私は飛びっきりの下手くそだった。新たに入ってくる年下の子どもたちに次々と抜かれていった。ヴァイオリンの練習は大嫌いだった。当時は音楽そのものも大嫌いだった。小学校4年生で、指の骨を折ったのを機会に、きっぱりやめた。

 25歳を過ぎたころ、今度はバッハの無伴奏チェロ組曲に感動して、チェロをやろうと思い立った。大学オケに入っていた後輩にチェロを借りて独学でやった。初めからバッハは無理なので、フォーレの「エレジー」を練習した。が、まったくものにならなかった。3ヶ月ほどで諦めた。(ただし、チェロの先生には、このことは内緒だ。少しかじったことがあるわりに、まったく何も知らず、何もできないのだから・・・!)

 我が家の子どもたちにも、小さいころ楽器を習わせたが、父親に似て途方もなく下手だった。私の父は、ヴァイオリン、ギター、尺八と様々の楽器を習っていたが、これまた信じられないくらい下手だった。父も私も子どもたちも、発表会に数人が出ていると、一人だけ誰の目にも飛びぬけて下手なのがわかるレベルだ。楽器に関しては最低レベルというのが、我が家のDNAだ。

 だから、いつまで続くか自信がない。が、夢がある。とりあえず、バッハの無伴奏組曲第一番の「プレリュード」だけでも弾けるようになりたい。そして、いつになるのかわからないが、娘の結婚式で、「結婚は人生のプレリュードなので、父親からこの曲をプレゼントする」といって弾きたい。この話をしたら、娘は「絶対やめてくれ」といっているが、もし、弾けるようになっていたら、どう反対されても弾きたい。

 私はかなりの筆無精だった。まさかブログをほとんど毎日のように書くなど、自分でも思っていなかった。ところが、律儀に書いている。だったら、私が「楽器ベタ」というのも、もしかすると私自身の誤解かもしれない。

 とはいえ、第一日にして、あまりの大変さに投げ出したい気持ちになっている。まず弦を押さえる指が痛い。強烈な痛さだ。そして、もともと凝りのために痛みの走る肩がますます痛くなる。慣れれば痛くなくなるのだろうか。

 ともあれ、少しずつ努力したいと思っている。

|

« アマゾンで☆1つをつけられた! | トップページ | NHK教育「となりの子育て」収録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

チェロを始められたんですね!

僕はまともに演奏できる楽器は一つもありません。
だから何か一つの楽器ができるようになりたいと常々思っています。いろんな楽器がやってみたいのですが、もし弦楽器だったらチェロにします。これは20年以上変らずに思い続けていることです。

ヴァイオリンを教えることのできる友人に「数年後にチェロを始めたい」と昨年あたりから言っていますが、これはいつになっても「数年後」と言い続ける可能性があります(苦笑)
そういう点で樋口先生の『チェロを始めた!』というのは凄いことだと思います。
楽器を続ける大変さはある程度わかります。どうか長く続けられますように。また練習日記をブログで書いていただけたら・・・とささやかなリクエストをさせていただきます。

投稿: よんちゃん | 2009年5月12日 (火) 08時55分

こんにちは

チェロですか〜 素敵ですね。
今年のラ・フォルで生の無伴奏組曲聴きました。
独特の深みのある音ですよね。
応援します!

弦は独学?でギターに挑戦したことありましたが、
自分、全くモノになりませんでした。
指が痛いですよね。そのうち固くなって楽に押さえられるかな・・
と思ってましたが、1, 2回皮むけたくらいで、そこに至るまで
練習しませんでした(汗)

投稿: しの | 2009年5月12日 (火) 22時31分

よんちゃん様
練習日記ですか・・・確かに、それを始めると、きっとやめられなくなって、長続きするのかもしれません。が、そこまで自分を追い込む自信を持てずにいます。
「よんちゃん」さんのブログを拝見しました。
私とかみ合うようでいてずれているのに、苦笑。タワーレコードに行って、「買おうかな」と心を動かしながら結局は買わなかったCDばかりが取り上げられていました!

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月13日 (水) 00時09分

しの様
ギターでもそうですか・・・
先は長そうですね。
もとからずば抜けて才能がなく、根性もないのに、「57の手習い」(数日後に、「58の手習い」になります)ですからね。
ともかく、楽しもうと自分に言い聞かせています。

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月13日 (水) 00時12分

こんにちは。

コメントに返事をいただきありがとうございます。

ここでちょっと弁解(?)をさせて下さい。
3月にclassic japan.netという、定額制でクラシック曲が無制限ダウンロードできるサイトを知りました。ここでしこたまダウンロードしてはディスク作成をして聞いています。

定額制という気安さもあって、おおよそ次の理由でダウンロードしています。
・好きな演奏家のものをたくさん聞きたい
・ちょっと面白そうだなという演奏を興味本位で
・未知なる作曲家や作品を開拓したい
・ほとんど知らないが興味のある指揮者をいろいろ聞いてみたい

そうして作成したCD-Rを聞き、気に入ったものをブログに書いているんです。
だから、これらの曲をCDショップやHMV等で買うかというと、クーベリックのもの以外買わないと思います(苦笑)

『「買おうかな」と心を動かしながら結局は買わなかったCDばかり』には、「そうですか、実は僕もそうなんです」と照れ笑いしてしまいます。

投稿: よんちゃん | 2009年5月13日 (水) 09時37分

「よんちゃん」様
classic japan.net、知りませんでした。
時間ができたら、少しのぞいてみます。
ちょっと聴いてみたいけれど、買うまでもないなあと思うCDがたくさんあります。それを聴いてみるにはいいですね。
情報、ありがとうございました。

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月14日 (木) 08時13分

はじめまして。パパジ~ノと申します。
ブログ拝見しました。
チェロを始められたそうで、おめでとうございます。
私も昨年4月からYマハの教室で習い始め1年を経過しました。
実は私、定年を過ぎた「62の手習い生」で、楽器を触ったのは小学校のハーモニカに次ぐチェロでした。
その目標は先生と同じ、BACHのプレリュードを弾くこと。
私の場合、チェロを始めて10ヵ月目からレッスンと別にプレリュードを自己流で弾き始めましたが、約1ヵ月で完奏できるようになりました。今は教室の先生に無理をお願いして手ほどきを受けてる最中です。(音楽的な演奏はともかく、BACHの音符を音として出せるようにするにはそれほど難しくありませんでした)
ですから、プレリュードは必ず弾けるようになります、というか無伴奏の1番は全曲弾くことは可能であると思いますよ(まだお若いのですからネ)。
肘、手、指、肩などを痛めながらの手習いになると思いますがガマン・ガマンでコツ・コツと練習することがコツですね。
これからも、チェロ・レッスン経過をブログで読ませていただきたいと思います。結婚式の演奏披露を目指して頑張ってください。

投稿: パパジ~ノ | 2009年5月17日 (日) 08時46分

パパジ~ノ様
励みになるお言葉、ありがとうございます。
私よりも年長の、しかも、楽器経験のない方が1年以内で無伴奏チェロを弾けるようになるのですか!
ただ、きっとパパジ~ノさんは、私と違ってもともと能力をお持ちの人なのかもしれななだろうな、とは思いますが。
いずれにせよ、不可能ではないというのは、とてもうれしいことです。ちょっと勇気がわいてきました。
私の場合、もう一つの問題は、いつも仕事に追われていて、時間が取れないことです。毎日、遣り残しの仕事を山のようにかかえたまま一日を終えます。
しかし、それを口実にしてやめてしまわないように、何とか、踏ん張りたいと思っています。

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月18日 (月) 08時26分

初めまして、SKGと申します。

57歳からチェロを始められたとのこと、
私は、パパジーノさんとほぼ同じ、61歳春からチェロを始めました。
生まれは1946年、因みに、2歳から大分在住です(途中23年ほど関西)。

1年半はインターネットのチェロサイトなどを参考に独習で、62歳の夏から習い始めました。
幸いなことに変なクセもついておらず、現在は、Wernerの28ページ辺りをうろうろしています。

私のおよその楽器遍歴は、
http://cellopicturediary.blog86.fc2.com/blog-entry-316.html#comments
の中に「超レイトスタータの場合」として書いてありますが、パパジーノさんと同様に、チェロを始めてすぐからBachの無伴奏3番のブーレの練習を始めました。
現在、ゆっくりなら一応音符を追うことはできます。
我流で運弓や弦・ポジションを選びましたが、あまり変にはなってはいないようです。
無謀といわれそうですが、レイトスタータの場合まともに順を追って練習していると目標に到達する前に寿命が来てしまいますので、パパジーノさんに同感致します。

定年は2011年3月だし、他の音楽活動を2つ(土日がほとんど)やっていますので、今のところ跳び々々の土日しかまともに練習できませんが、楽しくチェロに触っています。


投稿: SKG | 2009年5月19日 (火) 21時59分

SKG様
年上の方のチェロ体験、とても参考になります。「超レイトスタータの場合」、読ませていただきました。素晴らしい楽器遍歴ですね!
ここでも、「私なんかと違って、もともと才能のある人ではなかろうか」という思いを打ち消せません。が、やろうと思えば、十分にできるということは間違いなさそうです。
ここ数日、別の仕事にかかりきりで、チェロに触れていませんが、何とか続けようと、新たに決意しました。

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月20日 (水) 07時39分

樋口 様

> 素晴らしい楽器遍歴ですね!

どれも中途半端なので「素晴らしい」とは言いがたいですが、アマチュアとしては本人が納得するかどうかですので・・・。

> やろうと思えば、十分にできるということは間違いなさそうです。

そう思います。
ご多忙そうなので大変かもしれませんが、ご令嬢の結婚披露宴でのチェロ演奏という素晴らしい目標をお持ちなので、大丈夫と思います。

パパジ~ノさん
> 肘、手、指、肩などを痛めながらの手習いになると思いますが

私も、最初左手の指の関節が腫れましたがこれはやっている内に無くなりました。左手指先の皮もその内厚くなります。
問題は左肩です。
以前は、左右の腕は下側から背中に回して肩甲骨に触れましたが、最近は左腕でそれをやると肩から腕にかけて痛みが走ります。
少し、左肩が傷んでいるようです。

#かなりご多忙なようなので、この投稿に対する応答のお気遣いは不要です。

投稿: SKG | 2009年5月20日 (水) 23時30分

こんにちは、肩の痛みとチェロの関係をネットで調べていたら、このブログに出会いました。レイトスターターは私ばかりではないことやそれぞれに悩みを抱えながらチェロを続けられていることを知り、励まされたり、やっぱり才能ないのかな…とちょっと落ち込んだりしました。60歳少し前から始めてもう5年ほどになりますが、バッハの無伴奏にあこがれて、いつかほんの一部でも弾ければ…とか白鳥を弾いてみたいとか… まだまだ夢でしかありません。「継続は力なり」を信じて毎日少しでも楽器に触り精進していくしか道はないと思いますが、いつか1曲でもいいから自分でうっとりするような演奏ができたら…いいなあ!

投稿: チェロラバー | 2016年1月 5日 (火) 16時41分

チェロラバー様
コメント、ありがとうございます。
が、実は恥ずかしながら、チェロを放棄してもうかなりになります。
痛みはひかず、上達せず、そもそも忙しくなるばかりで練習の時間もまったく取れずで、どうにもならなくなりました。
来年、定年退職しますので、だいぶ時間は取れるようになりそうですが、チェロ再開は難しそうだと感じています。面目ありません。
チェロラバーさんはぜひお続けになってください。

投稿: 樋口裕一 | 2016年1月 6日 (水) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/44984437

この記事へのトラックバック一覧です: チェロを始めた!:

« アマゾンで☆1つをつけられた! | トップページ | NHK教育「となりの子育て」収録 »