« サイレント・チェロがほしくなった! | トップページ | コペンハーゲン・リングのDVDに感動した! »

多摩大・樋口ゼミ企画による学内コンサートを予定!

 やっと、夢の第一歩がかないそうだ。

 私は多摩大学で「クラシック音楽を日本に広めるゼミ」を担当している。学生は12人。 最終的には、外部の会場(たとえば、パルテノン多摩)で、一般客も集めて、学生が企画したクラシックのコンサートを開きたい。学生が自分たちで将来有望な演奏家を見つけ出し、最高レベルの演奏会を開けるようになってほしいと思っている。こうすることによって、音楽ビジネスの一端を見につけ、同時に高い教養を身につけてほしいと思っている。

 その第一歩として、6月26日にすばらしいコンサートが開けそうなのだ。

 もちろん4月にスタートしたばかりのゼミでは、学生に自分たちで演奏家を選ぶ力はない。私が個人的に知っている若手の優秀な演奏家ふたり、ピアニスト・新居由佳梨さんとヴァイオリニスト・江島有希子さんに特別にお願いして、多摩大学内の101教室で演奏会を開くことになった。ギャラを含め、様々な面で無理難題を申し入れたが、お二人は私たちの企画に快く応じてくれた。ほんとうに感謝に耐えない。

 数週間前から、この計画を進めてきたが、やっとお二人の演奏者の意見を伺いながら、学生たちと相談して曲目を決めるところまで達した。これからは配布するプログラムを作成したり、ポスターを作ったり、宣伝をしたりといった作業に移る。学生たちが演奏会を開くことに強い意欲を持ってくれているのがうれしい。

 この二人の演奏家については、このブログに2月15日に書いた。二人の『クロイツェル』に私は大いに感激したのだった。しかも、先日ブログに書いたとおり、新居さんは伝説の大ヴァイオリニスト、イダ・ヘンデルのCDのピアノ伴奏に抜擢されたピアニストだ。お二人とも、これからますます飛躍していく若手演奏家だ。

 曲目は、今のところ、「愛の挨拶」(エルガー)、「アヴェ・マリア」(シューベルト)、「別れの曲」(ショパン)などの親しみやすい曲のほか、「カルメン幻想曲」(ワックスマン)、「ラ・カンパネッラ」(リスト)という超絶技巧の曲、そして、最後には本格的な芸術作品であるベートーヴェンの「春」と「クロイツェル」の一部を予定している。

 多摩大生のほとんどはクラシック音楽に縁のない若者だ。クラシックのCDを一枚も持っていない、コンサートを一度も聴いたことがない人がほとんどだろう。だからこそ、おふたりの音楽に触れさせたい。一流の音楽、しかもナマの音楽に触れさせたい。そうすれば、きっと心の奥から音楽に心を揺さぶられる学生が、たとえ数人だろうと、必ず出てくるだろう。同時に、これを企画したゼミ生が、いっそうクラシック音楽に関心を寄せるようになるだろう。私はそうなることを確信している。

 こうして、まずは多摩大生がクラシック音楽の素晴らしさを知り、それが徐々に広まって、多くの若者がクラシック音楽に親しむようになれば、こんなうれしいことはない。もし、今度のコンサートが好評だったら、同じような企画を進めたい。ほかの大学や多摩地区で演奏会を企画したい。

 私はクラシック音楽に育てられたという思いをずっと持ってきた。父が転勤族だったために、故郷を持たない私にとって、クラシック音楽はまさしく「心の故郷」だった。クラシック音楽を親しむ人を少しでも増やすのが、私にできるクラシック音楽に対する恩返しだと思っている。そして、そうすることは、日本人の精神を豊かにすることにつながるはずだ。

 そのためにも、まずは6月26日のコンサートを成功させたい!

|

« サイレント・チェロがほしくなった! | トップページ | コペンハーゲン・リングのDVDに感動した! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
初コメントさせていただきます。
突然ですが自分の初オーケストラの思い出話をさせていただきます。
私は、5年前に初めてオーケストラのコンサートに行きました。
そのときはクラシックではなく、私が好きなTVゲーム(ファイナルファンタジーというゲームを御存じですか?)のコンサートでした。
指揮 竹本泰蔵氏
演奏 新日本フィルハーモニー交響楽団
でした。
席が会場の一番後ろで、あまりよく聞こえないのかな?
と思ったのですが演奏が始まった途端、迫力のある音色が届き
それぞれの楽器の音色に引き込まれてしまいました。
それからコンサート中ずっとオーケストラ全体が輝いているように見えたのを今でも鮮明に記憶しています。
そして今回、多摩大学でコンサートを開かれるそうで、自分も興味を持ちました。
機会があれば是非参加させていただきたく思います。
長々と申し訳ありませんでした。

投稿: きなこ餅 | 2009年5月31日 (日) 01時31分

きなこ餅様
コメント、ありがとうございます。
私が初めてオーケストラの音に接したのは、50年ほど前、岩城宏行指揮のNHK交響楽団の大分県の別府国際観光会館でのことでした。私は小学校5年生だったと思います。チェロの堤剛さんも共演しました。あの時の感動と驚きを今もはっきりと覚えています。
多くの人にそんな感動をしてほしいですね。
ただ、多摩大のコンサートは、さしあたっては多摩大生だけの参加です。近日中に、外部の人も参加できるコンサートを開きたいと思っていますが・・・

投稿: 樋口裕一 | 2009年5月31日 (日) 23時06分

初めて書き込みをさせて頂きます。
2004年卒業の多摩大OBです。
昨年の「楽天カンファレンス」における樋口先生の講演で、
名刺交換をさせて頂いた者です。

クラシックコンサート、是非、
外部の人間も参加できるようにして頂ければ幸いです。
その際はご一報頂ければ幸いです。
先生をはじめ多摩大生のこれからのご活躍を、
心より、楽しみにしております!

投稿: 稲場直樹 | 2009年6月18日 (木) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/45179318

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩大・樋口ゼミ企画による学内コンサートを予定!:

« サイレント・チェロがほしくなった! | トップページ | コペンハーゲン・リングのDVDに感動した! »