« 紙スピーカーとブランドネームへの満足、そしてDVDレコーダーへのストレス | トップページ | 荘村清志もすごい! ビルバオ交響楽団、ファンホ・メナに驚嘆! »

どっこい、まだチェロは続けているぞ!

 しばらくチェロのことを書かなかった。が、まだ、やめる気持ちにはなっていない。

 チェロを始めたのが、5月だったので、もう2ヶ月ほどがたつ。2ヶ月たって、まだこの程度しかできないかと思うと愕然としないでもない。が、58歳の手習いとしては、それほど悪いほうではないかもしれない。少なくとも、授業と原稿に終われてあくせくしている中では、まあよくやっているほうだと自分では評価している。今日、久しぶりに時間が取れたので、チェロをいじった。

 とはいえ、相変わらず、下手くそだ。音程が狂い、隣の弦に弓がかかって不協和音を出し続け、リズムもメチャクチャ、しかも曲の最後まで達しないでやめてしまう。一月くらい前まで、妻や子どもは私の練習を聞くと、あきれた様子で何らかの論評をしていたが、このごろでは、何もなかったかのようなふりをする。

 今、「浜千鳥」を練習している。何と単純な曲だろうと思う。しかも、大正ロマンにあふれた曲で、ベートーヴェン好きの私向きではない。が、それさえ、まともに弾けない! 子どものころに習わされていたヴァイオリンの癖がついていて、左手の親指が上に来てしまう。意識的に親指を下に降ろすと、指が辛い。弓を持つ右手も激しい痛みを覚える。

 15分ほど弾いたあとに食事を取ろうとすると、箸でものがつかめない。昔々、高校生のころ、体育の時間に柔道をやらされると、その後、握力が落ちて鉛筆をもてなくなっていたが、それを思い出す。でも、きっと持ち方が悪いから、こうなのだろう。

 ともあれ、この曲を、しっかりとした音程で、別の弦に触れないようにして最後まで弾けるようにしなければならない! 早くこの種の曲は卒業したい! なんと先の長いことか・・・・・・

|

« 紙スピーカーとブランドネームへの満足、そしてDVDレコーダーへのストレス | トップページ | 荘村清志もすごい! ビルバオ交響楽団、ファンホ・メナに驚嘆! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

修業期間が長ければ長いほど達成感は計り知れないものです。
がむしゃらに頑張ってください!

投稿: T摩大学生徒 | 2009年7月 9日 (木) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/45578210

この記事へのトラックバック一覧です: どっこい、まだチェロは続けているぞ!:

« 紙スピーカーとブランドネームへの満足、そしてDVDレコーダーへのストレス | トップページ | 荘村清志もすごい! ビルバオ交響楽団、ファンホ・メナに驚嘆! »