« 好きな作曲家の苦手な曲 | トップページ | 温泉ホテルの津軽三味線 »

多摩大学コミュニティ・カレッジ近づく!

 多摩大学で開かれるコミュニティ・カレッジが近づいてきた。9月14日から18日まで、多摩大学多摩キャンパスで開かれる。私もそろそろ講演の準備をしなければならない。

 ところが、まだ受講申し込みが締め切りに達していないという。ぜひ多くの人においでいただきたい。問い合わせ先は、042-337-7185。

 和田秀樹さんの講演も楽しみだ。私は和田さんとは付き合いが長い。つまり、和田さんの優秀な頭脳、驚くべき博識についてよく知っている。話を聞くごとに、驚きを味わう。ぜひ、多くの人に、私と同じような驚きを味わっていただきたい。

 そして、三枝成彰さんの博識と話もおもしろさも格別だ。私は三枝さんの講演を聞いたことがないが、世間話をしながら、気さくなお人柄、おもしろい語り口、鋭い観察に圧倒されている。

 今回、受講者はあまり多くないので、講師と直接的に話ができると思う。このような体験はめったにないことだ。

 しかも、今回は最終日にコンサートが開かれる。そこで何と、三枝成彰作曲の「チェロのためのレクイエム」が演奏される。この曲、三枝さんが新たに手を入れたとのことなので、これは改訂版の日本初演ということになる。

 しかも、チェリストは山本裕康さん。ご存知の方も多いだろう。日本を代表するチェリストの一人だ。そして、ピアノはイダ・ヘンデルの伴奏でも名高い新居由佳梨さん。三枝さんの曲のほか、サンサーンスの「白鳥」、バッハの無伴奏チェロ組曲第一番、そしてポッパーの「ハンガリー狂詩曲」が演奏される。どれも名曲中に名曲!

 これを安い値段で聞けるなんて、こんなチャンスはめったにない!!

 同僚なので、あえて言わないが、そのほか趙佑鎮・諸橋正幸・大森映子・出原至道・菅野光公・久恒啓一、そして私、樋口裕一という多摩大学教授陣が得意とする題材について語る。

 ぜひとも、多くの方のご来場をお願いしたい。

 なお、以前も出したが、念のために、プログラムを再び示しておく。なお、毎日13:00~14:30、14:40~16:10という二回の講演が行われる。

14日 「心と体のための生涯学習の勧め」 和田秀樹(精神科医)
    「クラシック音楽と文学」    樋口裕一(多摩大学教授)
15日 「韓国人の生活、教育、幸せ」   趙佑鎮(多摩大学准教授)
    「ケルトの民話と民謡」      諸橋正幸(多摩大学教授・経営情報学部長)
16日 「江戸時代の暦の世界」      大森映子(多摩大学教授)
    「天体運行と観測」        出原至道(多摩大学教授)
17日 「日米関係再考」         菅野光公(多摩大学教授)
    「人物記念館の旅」        久恒啓一(多摩大学教授・多摩大総研所長)
18日 「西洋音楽から見た日本と西洋人の違い」 三枝成彰(作曲家)

   「特別コンサート」 演奏 山本裕康(チェロ) 新居由佳梨(ピアノ)

|

« 好きな作曲家の苦手な曲 | トップページ | 温泉ホテルの津軽三味線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/46063108

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩大学コミュニティ・カレッジ近づく!:

« 好きな作曲家の苦手な曲 | トップページ | 温泉ホテルの津軽三味線 »