« 山口豊君の才能! | トップページ | 自信作『本当に使える! 日本語練習ノート』発売! »

多摩大学コミュニティ・カレッジのプログラムが決定!

 多摩大学では、914日から18日にかけて、市民の方に向けて文化講座を開く。この内容確定に私も関わってきた。多摩大学では、昨年度から寺島学長を中心にして、「特別リレー講座」を開いてきたが、その文化版と言うべきものだ。有料だが、それに見合うだけの講座だと自信を持っているので、ここに紹介させていただく。

 日本を代表する文化人の集まる「エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議」(私もその一員だ)の協力を得て、日本を代表する作曲家として高名な三枝成彰氏、そしてテレビや書籍で有名な精神科医にして受験研究家の和田秀樹氏の講演も含まれる。私も初日、和田氏の後に講演させていただく。

 しかも、今回は、最終日に特別コンサートが開かれる。しかも、その直前に講演した三枝さんの作曲した曲が演奏される。演奏は、日本を代表するチェリストの一人である山本裕康氏、そして、私にはおなじみのピアニスト新居由佳梨さん。これも絶対に聴きものだ。クラシックに慣れない人も楽しめるような楽しい音楽を用意している。是非、多くの方にご来場いただきたい。

 プログラムは以下の通りだ。なお、毎日13:00~14:30、14:40~16:10という二回の講演が行われる。

14日 「心と体のための生涯学習の勧め」 和田秀樹(精神科医)
    「クラシック音楽と文学」    樋口裕一(多摩大学教授)

15日 「韓国人の生活、教育、幸せ」   趙佑鎮(多摩大学准教授)
    「ケルトの民話と民謡」      諸橋正幸(多摩大学教授・経営情報学部長)

16日 「江戸時代の暦の世界」      大森映子(多摩大学教授)
    「天体運行と観測」        出原至道(多摩大学教授)

17日 「日米関係再考」         菅野光公(多摩大学教授)
    「人物記念館の旅」        久恒啓一(多摩大学教授・多摩大総研所長)

18日 「西洋音楽から見た日本と西洋人の違い」 三枝成彰(作曲家)

   「特別コンサート」 演奏 山本裕康(チェロ) 新居由佳梨(ピアノ) 企画運営 樋口ゼミ

曲目:三枝成彰「チェロのためのレクイエム」

   サン=サーンス「白鳥」

   J. S. バッハ「無伴奏チェロ組曲第一番」

   D.ポッパー 「ハンガリー狂詩曲」 など

 なお、ついでながら、私の講座の案内をここに紹介させていただく。

「クラシック音楽と文学」

音楽は時代精神の表現でもあります。バッハはデカルトやパスカルと同じような思想に彩られています。モーツァルトはゲーテ、ベートーヴェンは『赤と黒』で有名なスタンダール、ワーグナーはドストエフスキーやニーチェと共通点があります。クラシック音楽を聴くことは、西洋の歴史や思想を理解することにつながります。CDやDVDで音楽を鑑賞していただきながら、西洋文化、西洋の精神の変質について考えていきたいと思います。

 多摩大学コミュニティ・カレッジ、ならびに私の講演内容について、ご質問があれば、何なりとコメントをいただきたい。

 

|

« 山口豊君の才能! | トップページ | 自信作『本当に使える! 日本語練習ノート』発売! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩大学コミュニティ・カレッジのプログラムが決定!:

« 山口豊君の才能! | トップページ | 自信作『本当に使える! 日本語練習ノート』発売! »