« ワイマールよりも東京のほうがレベルが上だ! | トップページ |  パリ家族旅行2日目! »

宮城大学で講演後、小中先生を囲む会の出席

 昨日、8月1日は、朝から仙台に出かけた。宮城大学のオープンキャンパスで小論文講座を行った。現在は多摩大学教授である久恒啓一さんがかつて宮城大学教授だった縁で、3年前から毎年、講演をさせていただいている。

 12時半に仙台駅の改札口で宮城大学の方と待ち合わせたが、少し前に着いて、牛タン定食を食べた。初めて仙台を訪れて以来、これは習慣になっている。なかなかうまい!

 車でキャンパスに移動して、幹部の方々とお話をして、講演をした。

 緑に囲まれた最高の環境、熱心に聞いてくれる生徒さんが多くて、気持ちよく話ができる。ただ、話し始めた途端に居眠りを始めた生徒さんが何人かいて、ちょっと焦った。

 私の話、とりわけ私が最も得意とする小論文の話については、これを聞いた人は、感動し、魂を動かされるべきだと、私は思っている。もちろん、常に理想どおりにはいくわけではないが、そうであってほしいと願っているし、私の話を聞いてくださった方がそういってくれることも多い。今回に関しては、私の映像を映し出すために会場を暗くしてくれたのだが、それがむしろ眠気をもたらす結果になったのかもしれない。ちょっと残念だが、居眠りした人はごく一部だったようだから、よしとしよう。

 その後、すぐに仙台駅から「はやて」に乗って東京に向った。

 白金台にある白金亭というレストランで行われた小中陽太郎先生を囲む会に出席するためだ。小中先生ご夫妻のほか、知的生産の技術研究会の八木会長、久恒理事長、秋田事務局長が中心となって企画したものに私も参加させていただいたわけだ。『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』という本を出した若き著者・齋藤正明さんの話に大いに関心を持った。

 いつもの通り、小中先生の博識とお人柄、そして独特の話術、奥様の辛らつでありながら愛情に満ちたご意見に感銘を受けた。料理も最高においしかった。小中先生がNHK時代に作られたドラマの一部を見せていただいた。亡き小田実がナレーターとして参加した作品。アントニオーニの『太陽はひとりぼっち』を思わせる映像、イヨネスコを思わせるような意表をつく展開がおもしろかった。

 8月4日には1週間ほどの予定でフランスに向けて出発する。それまでに少し仕事のきりを付けていたいために忙しくなってきた。今日は少しフランス行きの準備をした。

|

« ワイマールよりも東京のほうがレベルが上だ! | トップページ |  パリ家族旅行2日目! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/45819056

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城大学で講演後、小中先生を囲む会の出席:

« ワイマールよりも東京のほうがレベルが上だ! | トップページ |  パリ家族旅行2日目! »