« ワイダ映画を続けて見た | トップページ | 今年のベートーヴェン全交響曲演奏は、歴史的名演だった!! »

『ペレアスとメリザンド』DVDと、今年のコンサート・ベスト10

279  ドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』全曲DVDを見つけて買った。私のもっとも好きなフランス・オペラだ。ついでにいうと、オペレッタを含めると、次にフランスオペラで好きなのはオッフェンバックの諸作品、その次にベルリオーズ、マスネーとなる。『カルメン』はむしろかなり嫌いなオペラで、最後まで見るのにかなり忍耐を要する。

『ペレアス』をさっそく見た。メリザンドはナタリー・デセイ、ペレアスはステファーヌ・ドゥグー。ゴローはローレン・ナウリ。ベルトラン・ド・ビリーの指揮、ローラン・ペリーの演出、アン・デア・ウィーン劇場のライブだ。

 このオペラには、このほかに、こじんまりとしているが、実に香りのあるブーレーズ指揮、アリソン・ハグリー(メリザンド)のウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団、ペーター・シュタイン演出の見事なDVDがあるが、それに匹敵すると思った。

 歌手陣は全員が見事。ペレアスがちょっと硬いが、その分、若々しさ、初々しさがあっていかにもペレアスらしい。デセイのメリザンドがとりわけ圧倒的。自然な発音、自然な発声で実に巧みに歌う。アルケル、イニョルド、ジュヌヴィエーヴ、すべてが申し分ない。演出も、奇をてらうのでなく、美しい。

 ただ、不満がなくもない。

 演奏、演出ともに、かなりリアルな不倫話になっている。この演出を見る限り、間違いなく不倫が行われたことになるだろう。嫉妬するゴローの描き方がとりわけリアル。ゴローがイニョルドに様子を聞こうとする場面など、鬼気迫る。

 その少し前の第3幕の、メリザンドが髪を梳く場面。台本では二階から髪を地上にたらすことになっているが、このDVDの演出では、メリザンドの髪はやや長い程度で、そのような行為は行われない。つまり、おとぎ話的な要素は排され、全体的にリアルになっている。デセイの演技も、実にリアル。年齢的な面から、「姉さん女房」に見えるが、いずれにせよ、愛の板ばさみに苦しむ女性を描いている。

 だが、このオペラをそのようなリアルなものにするとつまらなくなってしまうと、私は思う。メーテルランクの台本は、きわめて象徴的で不思議なお話なのだ。不倫があったかなかったかわからない。メリザンドがどのような感情を抱いていたのかもわからない。そもそも、メリザンドがどんな存在なのか、妖精なのか人間なのかもわからない。不思議な世界に漂う台本のはずだ。ドビュッシーもそうした雰囲気を実にうまく描いている。だからこそ魅力的なのだ。ブーレーズのDVDにはそのような雰囲気が十分にあった。それをこのようにリアルにすると、魅力が半減してしまうと、私は思う。

 ド・ビリーの指揮も、徐々にドラマを高め、リアルに登場人物の心理を描こうというもの。その限りでは実に見事。しかし、やはり、私のこのオペラへの思い入れを満たしてくれない。

 ところで、今日は1230日。まだ明日のベートーヴェンの全交響曲連続演奏を残しているが、今年はすでにラ・フォル・ジュルネを含めて、全部で109のコンサートを聴いた。ラ・フォル・ジュルネは一般的には1時間内のコンサートが多いが、今年は、バッハが特集されたので、ロ短調ミサ、『マタイ』『ヨハネ』など大曲が多かった。これらもひとつと数えさせてもらおう。

 なかなか選ぶのが難しいが、今年のベスト10を挙げておく。なお、ここに並べたのは、時間順。

・パヴェル・シュポルツル バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ2番など。(ナントのラ・フォル・ジュルネ)

・ペーター・ノイマン指揮、コレギウム・カルテゥシアヌム 『ヨハネ受難曲』 (ナントのラ・フォル・ジュルネ)

・ミシェル・コルボ指揮、ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル。『マタイ受難曲』。 (東京のラ・フォル・ジュルネ)

・新国立劇場『ムツェンスク郡のマクベス夫人』

・バンベルク交響楽団 ジョナサン・ノット指揮 ブラームス交響曲1・4

・ゲヴァントハウス管弦楽団 リッカルド・シャイー指揮 メンデルスゾーン5、ブルックナー4.

・佐藤俊介・菊池洋子デュオコンサート (多摩大学20周年記念コンサート)

・チェコフィル ブロムシュテット指揮 ブルックナー8

・チェコフィル ブロムシュテット指揮 ドヴォルザーク8・9

・東京交響楽団 飯森範親 『ブロウチェク氏の旅行』

次点

・フィリップ・ピエルロ指揮、リッチェルカール・コンソート バッハ「ミサ曲」など (ナントのラ・フォル・ジュルネ)

・リヨン歌劇場 大野和士 『ウェルテル』

|

« ワイダ映画を続けて見た | トップページ | 今年のベートーヴェン全交響曲演奏は、歴史的名演だった!! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/47155537

この記事へのトラックバック一覧です: 『ペレアスとメリザンド』DVDと、今年のコンサート・ベスト10:

« ワイダ映画を続けて見た | トップページ | 今年のベートーヴェン全交響曲演奏は、歴史的名演だった!! »