« 新日フィル+アルミンクの『ペレアスとメリザンド』 | トップページ | 『影のない女』についての新発見! »

ファビオ・ルイジ+ウィーン響のブラームスは私好みではなかった!

 5月25日、サントリーホールで、ファビオ・ルイジ指揮、ウィーン交響楽団の演奏で、ブラームスの交響曲2番と1番を聴いて、先ほど帰ってきた。見事な演奏だった。しかし、私の心にはまったく届かなかった。

 柔らかくてしなやかな音。雰囲気豊かで香気が漂う。構成も実にしっかりしている。一つ一つの音も美しい。鳴らすところは鳴らし、歌わすところは歌わす。ルイジの指揮する姿の美しさ! 端正で礼儀正しく、しなやか。まさに育ちのいい音楽。

 一昨年だったか、ドレスデンのゼンパー・オパーを引き連れてルイジが『ばらの騎士』を上演した。素晴らしい演奏だった。シュターツカペレ・ドレスデンと録音したリヒャルト・シュトラウスのCDも何枚か出ているが、それらも素晴らしい。今日も、そのときと同じような音楽の作りだ。

 だが、これは私が考えているブラームスの音ではない。明るすぎる。空疎すぎる。むせび泣くような悲しみ、激しい懊悩、ぐっとそれに耐えて何とか生きようとする力、秘めた絶望感。そんなものが感じられない。低音が弱い。腰高のブラームス。しかも、かなり速い。都会的でもある。

 前半に2番の交響曲だった。たまたまこの曲の解釈がこのようなものなのかもしれないと思っていた。が、後半の1番も同じ調子だった。

 1番は、ベートーヴェンの影響を受けて、まさしく「苦悩を経て歓喜へ」を描いたものだったはず。ところが、ルイジの演奏から、そのような「物語」が聞き取れない。はじめの三つの楽章も少しも「苦悩」ではない。だから、第四楽章も険しい山を乗り越えて平原にたどり着いたような開放感がない。

 私はブラームスが大好きで、いたるところでビンビンと感動するはずなのだが、まったく感動の波がやってこなかった。私の好きなのは、重厚で田舎臭く、北ドイツ的でもっと内向的に鬱積したブラームスだ。

 もちろん、これはこれで名演奏だと思う。大喝采だった。しかし、私の琴線にまったく触れなかった。かすりもしなかった。立派な音楽が遠くを通り過ぎていった。

 アンコールはウィーンの楽団らしくヨハン・シュトラウス二世。「ピチカート・ポルカ」と「電光と雷鳴」「ウィーン気質」。これは素晴らしかった。音楽の作りは違うが、雰囲気は往年のクレメンス・クラウスを思わせる。スピーディでありながら気品にあふれ、実にしなやかで美しい。アンコールのほうに私は感動した。

 教訓。ルイジのブラームスは私好みではない。これから、ルイジのブラームスは避けて聞くことにしよう。

|

« 新日フィル+アルミンクの『ペレアスとメリザンド』 | トップページ | 『影のない女』についての新発見! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
30日にルイジ、五嶋龍に参ります。
ブラ#1は、私が一番大好きなので、本当は行きたかったのですが、そうでしたか。先生のお好みじゃなかったんですね。ブラームスですと誰の指揮が一番お好みでしょう?
ルイジはメトの首席になったというので(ミーハーですが)、楽しみになりました。
それから、ルイジとアルミンクはすごーく仲良しみたいですよ。

投稿: Tamaki | 2010年5月26日 (水) 23時20分

コメントありがとうございます。
五嶋龍とのコンチェルト、私も聴く予定です。先日と同じようなブラームスだと困るなあ・・・と思っているところです。
この数年で聴いたブラームスでは、私はヤンソンス指揮が最も好きです。ドホナーニとバレンボイムもかなり気に入りました。録音では、クライバー、ヴァント、ミュンシュ、セル、ベームが好みです。ついでに言いますと、カラヤンとバーンスタインのブラームスはかなり強い抵抗を覚えます。
ルイジとアルミンクの関係、知りませんでした。

投稿: 樋口裕一 | 2010年5月27日 (木) 08時07分

先生、明日はまたルイジのブラームスですね。(゚ー゚;
龍クンの人気がすごいらしくチケット即売だったようです。私もミーハー魂で気合いでチケットとりました。
ヤンソンズはコンセルトヘボウを引き連れて11月に来日しますが、先生もいらっしゃいますか?
私は、ミューザ川崎11/21のチケットはゲットしましたが、こちらは先生がお嫌いなマーラー#3です。私は比較的マーラーは好きです。
サントリーホール11/20はブラ#4ですね!
サントリーホールのほうも行ってみようかと考え中です。
予算オーバーですけど (;´д`)トホホ…

投稿: Tamaki | 2010年5月29日 (土) 22時52分

初めてコメントします。昨日、PMF・ルイジでブラームス交響曲2番を聴いてきました。私は、ブラームスの中で#2が一番好きです。観衆は大拍手でしたが、私は全く感動しませんでした。木管とチェロ・バスが弱く、金管が妙に目立ってました。好きな交響曲ですと違和感が大きくなりますね。ザンデルリンクとは対極にある気がして、家に帰ってからザンデルリンクを聴き直しました。昨日の私の想いを確認したくて、検索したところこのブログに出会いました。お邪魔して申し訳ありません。


投稿: brainforum | 2011年8月 5日 (金) 12時27分

brainforum 様
コメント、ありがとうございます。
おそらく 私があの時抱いたのも、brainforum さんとまったく同じ感覚だろうと思います。一言で言って、ブラームスの音が聞こえてこない違和感を覚えたのでした。
ザンデルリンク、とてもよい演奏ですね。好きな演奏です。私が最も好きな曲は3番、演奏者はヴァントですが、ザンデルリンクも時々引っ張り出して聴いています。

投稿: 樋口裕一 | 2011年8月 6日 (土) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/48458436

この記事へのトラックバック一覧です: ファビオ・ルイジ+ウィーン響のブラームスは私好みではなかった!:

« 新日フィル+アルミンクの『ペレアスとメリザンド』 | トップページ | 『影のない女』についての新発見! »