« iPadを手に入れたこと、そして『ポー川のひかり』 | トップページ | 二期会week「オペラで乾杯! ワインな一夜」 »

藤原歌劇団『タンクレディ』の見事な上演、そしてマナーの悪い客

 613日、東京文化会館で藤原歌劇団公演『タンクレディ』を見た。かなり楽しめた。

 私はそれほどイタリアオペラ・ファンではないが、ロッシーニは、子どものころからずっと好きだ。それに、オペラや文学に接すると、「タンクレディ」という名前にしばしばぶつかる。どうやらヨーロッパにはタンクレディの系譜がありそうだと気づき、ちょっと追いかけてみたい気持ちになっていた。そんなわけで、藤原歌劇団が上演すると知ったときも、あわててチケットを買ったのだった。

 全体的に、とてもよい上演だった。タンクレディ役(カストラートの伝統に基づいているのだろう。メゾ・ソプラノで歌われる)のマリアンナ・ピッツォラートとアメナイーデ役の高橋薫子が素晴らしい。日本人がまったく外国人歌手に負けていないところが頼もしい。イザウラの鳥木弥生も実にしっかりと歌っていた。ロッジェーロの松浦麗もよかった。男声陣よりも女性陣のほうがレベルが高いと思った。

 指揮のアルベルト・ゼッダに関しては、もちろん手馴れたもの。ただ、歌になるとぐっとテンポを落とすように思えたのだが、それでよいのかどうか、私には判断できない。読響も、しっかりとロッシーニの音を出していた。歌手に対しても、オケに対しても欲を言えばいいたいことはいろいろあるが、これくらいのレベルで上演してくれたら、何の文句もない。

 不満があるとすると、台本に関してだ。イタリアオペラについてしばしば感じるとおり、ストーリーがあまりに不自然。アメナイーデが不義を疑われるわけだが、私としては、「さっさと真実を言ってしまえば誤解は解けるだろうに」と、どうしても思ってしまって、リアリティを感じない。イタリアオペラをドイツオペラほどに好きになれない大きな理由がこれだ。

「オテロ」をはじめ、オペラや芝居には、お互いにもう少しだけコミュニケーションをとりさえすれば悲劇的結末を防げるような物語がたくさんある。喜劇ならそれでもいいのだが、悲劇だとすると、現代の目からすると、リアリティに欠ける。このような物語に昔の人はリアリティを感じていたとすると、かつては一体どのようなコミュニケーションをしていたのだろう。今のようなコミュニケーション手段がない時代、もしかすると、これらの芝居のように、互いの気持ちを口にする機会は少なく、他人の噂を真に受けたり、勝手に邪推していたのかもしれない。「昔は人々は密にコミュニケーションをしていた」などとよく言われるが、もしかしたら、まったく逆だったのかもしれない。そうとでも考えないと、こうした物語にリアリティを感じるはずがないと思った。

 ロッシーニのオペラなのだから、気楽に楽しめばいいと思う。だから、マナーについて、あまり堅いことは言いたくない。だが、通路を隔てた隣の女性と、その後ろの男性(ともにかなりの高齢)のマナーの悪さには大いに驚いた。

 男性のほうは、大きなカメラを堂々と出して、演奏中に舞台の写真を撮っていた。写真を撮ること自体は、私にしてみれば、特に実害はないが、シャッター音が気になる。しかも、そのご老人、演奏中もしばしばしゃべっていた。あまりに堂々としているので、もしかしたら、会場の許可を得ているのかもしれないと思ったが、幕間に、この男性のことは、係りの人に告げておいた。係員が老人に注意しているようだった。そのため、第二幕は、そのようなことはなくなった。

 もっとすごかったのは、その前にいた女性だ。何度か注意しようかと思ったが、私よりも近くにいる人が黙っているようなので、ぐっと我慢した。途中からは、イライラするのはやめて、むしろ、あまりのすごさを楽しんでちらちらと観察することにした。

 音をたてない時間のほうが短かったように思う。第一幕が始まった時には、手にチラシを持ち、背中にリュックを負ったまま席に座っていたが、演奏が始まってから、チラシをいじり、リュックを背中からおろし始めた。リュックをおろすとき、手にしていた懐中電灯をつけていたようだ。かなりの高齢なので、リュックをおろすのに時間がかかっていた。その間、ずっと音がやまない。

 それで一段落したかと思っていたら、今度はリュックのファスナーを開けたり閉めたり。しかも、中から携帯を取り出しはじめた。携帯には鈴がついているようで、いじるごとにちゃらちゃらと音がする。

 少しもじっとしていないで、絶えず、リュックを探り、携帯をいじり、チラシをいじる。まったく音を出すことに気をつかっていないので、そのたびにかなり大きな音が聞こえる。第二幕の後半では、時間が気になるのか、携帯をつけて中を覗き込んでいたようだ。

 そうしながら、本人は自分が音をたてていることに、おそらくまったく気づいていない様子だ。おそらく、家でテレビを見ているときとまったく同じように振舞っているのだろう。もちろん、風体の怪しい人間ではなく、十分に教養ある高齢女性に見える。

 演奏が終わったあと、私は老婦人につかつかと歩み寄って「あんたは、今日の客1500人くらいの中で最もマナーの悪い客ですよ。私はあんたのような非常識な人を初めて見ましたよ。いい年をして、恥を知りなさい! 次回からコンサートなどに来たら、こんなことは絶対しないでくださいよ」とよっぽどいってやろうかと思った。だが、その老婦人があまりに涼しい顔をして拍手していたので、やめた。しかも、杖を使っているようなので、「弱者」にきついことを言うのもためらわれた。

 それにしても、人間というもの、それほどまでに自分が見えないということなのだろう。恐ろしいことだと思った。

|

« iPadを手に入れたこと、そして『ポー川のひかり』 | トップページ | 二期会week「オペラで乾杯! ワインな一夜」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

>とよっぽどいってやろうかと思った。

他人ごととは思えないです。というより最近ちょっとこういう人が多くないでしょうか。街で携帯みながら歩いて人にぶつかってもおかまいなしの人。電車の中でイヤホーンからデカイ音漏らしながら平然と音楽を聴いてる人。自分の子供が車中で騒いでいても我関せずの人。しかも「最近の若いものは」ではなく「最近の中高年は」だからたまりません。これでは若い人もそうなるの無理ないです。まだ喧嘩が無くてよかったですね。もう最近演奏会に行くのが精神的にしんどいです。

投稿: かきのたね | 2010年6月13日 (日) 23時39分

大変なお客さんがいたものですね。お気の毒としか言いようがありません。もしかしたら出演者の関係者なのでしょうか。写真を撮ったり、舞台には一向に関心がないのに、拍手だけはきちんとしているというのは‥。「かきのたね」さんの言う「もう最近演奏会に行くのが精神的にしんどいです」という気持ちもわかります。

投稿: Eno | 2010年6月14日 (月) 12時56分

かきのたね様
おっしゃる通り、「最近の若いやつらは・・・」と言えないところがつらいですね。若い人だけでなく、年配者もそっくり同じことをしているのですから。なぜ、こうなったのか。社会が壊れつつあるのか。それとも、私が年齢とともに気難しくなって、この種の人間が目につくようになってしまったのか・・・
けたたましい渋谷を通ってオーチャードホールやNHKホールに行って、中に入ってまでも非常識な人に攻め立てられると、本当に演奏会に行くことがしんどくなってきます。

投稿: 樋口裕一 | 2010年6月14日 (月) 13時26分

樋口さん、こんばんは。

私も、最近の演奏会の惨状には目を覆いたくなります。
係員を怒鳴りつける、居眠りイビキ、私語、カメラ、フライングブラヴォー・・・・・・オーディオはあまり好きではないのですが、正直家でCDを聴いていたほうがイライラしません。

以前NHKホールでブルックナーを聴いたとき、周りがガラガラだったので最高でした。演奏はイマイチでしたが。

投稿: ねこたろう | 2010年6月14日 (月) 18時35分

はじめまして。
私もよっぽど言ってやろうかと思った一人です。カメラを撮っていたおじいさんの真裏のあたりに居ました。音は私のほうには聞こえなかったのと、別に撮ることには私に被害が及ばないので良いですが、画面の光がまぶしくてイライラしっぱなしでした・・・。幕間に係員に私も伝えましたよ。^^そのもっとすごい女性のほうは分かりませんでしたが、よく思います。最近、マナーが悪い人って意外と高齢の方が多いのですよね・・・。最近は真後ろの人がいびきをかいて寝だしたので、ゆすって起こした事もありました・・・。

歌手は良かったですね。女性陣が頑張ってて聴いてて楽しかったです。
しかし、この脚本。一言「それは貴方宛の手紙よ」と言えば済む話では・・と思い、昔は女性が思ったときに、言いたい事を言うのはタブーだったのだろうか?と考えて見ていました。
イタリアオペラは内容に?が付くものが多いですけど、まあ、音楽が良ければそれも気にならないのでしょうね。

投稿: blue | 2010年6月14日 (月) 19時04分

Eno様
おっしゃるとおり、出演者の親族だったのかもしれません。そういえば、男性のほうは「発表会」を写真に撮る父親の雰囲気でした。女性も、音楽とは別のものを目的にしていたのかもしれません。それにしても、自分が迷惑を賭けているという意識がないというのは、実に困ったものです。無邪気に迷惑行為をするよりは、むしろ悪意を持って迷惑行為をしてくれるほうがまだしも許せるという気がしたほどでした。
ブログ、拝見しました。ときどき、参考にさせていただいています。私は指揮がときどき停滞したように聞こえたのですが、いかがでしたでしょうか。ただ、私はイタリアオペラについては、あまり自信を持って判断できないのですが。

投稿: 樋口裕一 | 2010年6月15日 (火) 07時16分

ねこたろう様
コメント、ありがとうございます。
このところ、一度も観客のマナーにいらだたないで、最後まで演奏を聴いたことは、なかったような気がしますね。このごろは、「コンサートというのは、こんなものだ」という諦めの状態にいます。それこそ、満足できるのは、がらがらの時ぐらいでしょう。
最後に満足したのは、昨年だったか、横浜みなとみらいでの、ティーレマンとミュンヘン・フィルのブル8のコンサートだったように思います。しかし、そのときも、本当に久しぶりに観客にいらだたなかったと思ったものです。
何とかならないのでしょうかねえ・・・

投稿: 樋口裕一 | 2010年6月15日 (火) 07時26分

blue様
blueさんも、あのカメラにイライラさせられたのですね! 私よりも後ろだったので、よく見えなかったのですが、善良そうで真面目そうな老人だったようですが。その前にいたおばあさんの音が気にならない席だったのは、幸いだったと思います。
そうですよね。「一言いえばいいではないか。そのチャンスは、いくらでもあるではないか。黙れといわれても、一言いい返せばいいではないか」と、どうしても思ってしまいますよね。
こうなると、私は音楽だけを味わうことができなくなって、そのオペラ全体に共感できなくなってしまうのです。イタリアオペラの半分くらいに、こんな感じを抱きます。困ったものです。

投稿: 樋口裕一 | 2010年6月15日 (火) 07時36分

樋口様
お返事、ありがとうございます。私はとくに指揮が停滞したところは感じませんでした。単純に最後まで楽しんだ次第です。私も根はワグネリアンですが、ロッシーニとベッリーニにも色目を使っています(笑い)。

投稿: Eno | 2010年6月15日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/48621803

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原歌劇団『タンクレディ』の見事な上演、そしてマナーの悪い客:

« iPadを手に入れたこと、そして『ポー川のひかり』 | トップページ | 二期会week「オペラで乾杯! ワインな一夜」 »