« クリント・イーストウッドの映画たち | トップページ | iPadを手に入れたこと、そして『ポー川のひかり』 »

劇団四季の「ハムレット」のこと

 610日、浜松町の自由劇場で、わけあって、浅利慶太演出、劇団四季の「ハムレット」をみてきた。劇団四季というと今では誰もがミュージカルと思うようだが、これはいわゆる「新劇」。オフィーリアの歌やちょっとした舞台音楽はつくが、基本的には音楽はない。

 一言でいって、とてもおもしろかった。もちろん、「ハムレット」の戯曲は何度も読んだ。映画も、ローレンス・オリヴィエのものや、スモクトウノフスキーのソ連映画を、これも何度か見た記憶がある。が、舞台は初めてだった。

 こんなことをいうのは恥ずかしいが、改めてシェークスピアの言葉の見事さ、福田恒存の日本語の格調高さに圧倒された。俳優一人一人の声がはっきりと聞き取れることにも驚いた。簡素な装置ながら、しっかりとハムレットの時代を映し出していた。

 芝居を基本的に見ない私が、最後に見たシェークスピア劇は、四十年ほど前、それこそ劇団四季の「アントニーとクレオパトラ」だったと記憶する。忘れもしない、大分文化会館での公演だった。そのときも、日下武史さんが主要な役を演じていたように思う。日下さんは、テレビ創成期の「アンタッチャブル」のエリオット・ネスの吹き替えでも、あるいは味のある脇役でも、若かった私の憧れの存在だった。今回、墓守り役に日下さんが出てきたので、びっくり。さすがに昔のようなきれのよい演技ではなかったが、あいかわらずの軽妙な味がおもしろかった。

 そのほか、クローディアスの志村要、ホレイショーの深水隆司(ダブルキャストだったが、きっとこの人だったと思う)にとりわけ感銘を受けた。ハムレットの田邊真也もよかった。ちょっとオフィーリア(野村玲子)の「かまとと」っぽさには、やりすぎの思いを抱いた。が、もちろん、これらは芝居初心者の勝手な思いなので、それが芝居通と一致するかどうかは、かなり怪しい。

 そのほか、考えるところはたくさんあった。もしかしたら、あまりに初歩的な感想かもしれないが・・・

 私は、オペラの類の上演は、年間、20本くらいは見るだろう。映画も、これまで間違いなく数千本見ているだろう。私は文学部の演劇学科出身だ。専門は映画学だった。

 そんな私が芝居を見ないのは、そのあり方そのものに違和感を覚えるためだ。オペラは音楽がつき、登場人物が歌を歌うのだから、初めから「現実」ではない。映画は、基本的にはスクリーンの中の「現実」を覗き見るものだ。だから、ともにそれほどの違和感はない。

 ところが、舞台は、生身の人間が目の前にいて、しかも、現実ではありえないような発声で言葉を発する。しかも、シェークスピア劇などでは、台詞の中には、しばしば西洋人の名前や西洋的な考え方が続出する。そうなると、目の前の世界が「現実」なのかどうか、どのようなつもりでこれを見ればよいのか、私としてはわからなくなる。居心地が悪くなってしまう。今回も、このような違和感を拭いさることができなかった。

 そして、もう一つ強く感じたこと。それは日本語の問題だ。

 芝居においては、役者は観客に声が通るように大声で話をする必要がある。劇団四季の役者さんたちの発声の見事さにはまさしく驚嘆した。だが、日本語では、強弱のアクセントではなく、高低の抑揚によって言葉が成り立っている。そうなると、すべての登場人物がずっと同じ声の大きさ、同じ発声で話すことになる。

 数十年間、舞台といえばオペラばかりを見てきた人間には、これがどうしても気になる。ピアニシモでつぶやくところがない。すべてがフォルテで語られる。一つ一つの台詞ものっぺりしてしまう。すべての人物が同じ口調で同じフォルテで語る。人物によって言葉の雰囲気の違いがない。オペラであれば、登場人物によって持っている音楽が異なるのだが、それが一様だ。

 

 そのせいもあるのかもしれないが、ハムレットとホレイショーとレイアーティーズが、ほとんど同じ台詞を同じ調子で語っているように思われてしまう。「一人一人もっと異なった音楽がほしい」と思ってしまう。とりわけ、ポローニアスはもっと道化じみた音楽が必要なのではないか。そんな思いをずっと抱いていた。

 もちろん、これは劇団四季の問題ではなく、日本語で「新劇」を上演する場合の、一つの宿命なのかもしれない。

 が、もちろん、いうまでもなく、これは、ふだんオペラしか見ない人間の勝手な違和感でしかない。むしろオペラに激しい違和感を覚える人のほうが多いのだろう。そして、芝居を見るうちに、慣れてきて、そのような違和感を覚えなくなるのだろう。私自身、オペラを見始めたころ、しばしば歌で台詞を語ることの違和感、日本人が西洋人を演じることの違和感を覚えたものだった。み続けているうち、それがほとんどなくなった(今でも、たまにそれを感じる上演はあるが)。それと同じことだと思う。

 そうしたことを承知の上で、私の感じたままを書いてみた。

 

|

« クリント・イーストウッドの映画たち | トップページ | iPadを手に入れたこと、そして『ポー川のひかり』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

福田恆存氏の譯本は,いささか近代小説風な會話體ではありますが,他の譯本に較べれば,日本語としては熟れてゐると言へませう.問題があるとすれば,飜譯の底本に,原文では無く,J. Dover Wilson の特殊な部類に入る解釋の校訂本を用ゐた事ですが,それでも何でも,役者の演戲の問題もありますが,ご覧になられて,泣かずにはゐられぬ作品となつてをりましたか.つまり,悲劇としての仕上りになつてをりましたでせうか.また,どのやうな場面で淚を禁じ得なかつたかを御教へ戴けると有り難いのですが.

當方,現在,ハムレットを飜譯中の者です.よろしくお願ひ致します.


投稿: neverneverland | 2010年7月17日 (土) 07時17分

neverneverland様
コメント、ありがとうございます。
対抗して、旧字体でご返事しようかと思いましたが、能力的に難しいと思い、断念しました。
本文でも書きましたが、私はふだん演劇を見ませんので、比較の対象がありません。ですから、自信を持って語ることはできません。が、素人なりの感想としましては、全体的には、レベルの高い上演だったと思っています。
ただ、最後の場面、男性のすべての登場人物(ハムレットとクローディアスとホレイショーとレイアティーズ)の台詞回しが同一であるため、一本調子になり、「悲劇」がやや不自然に感じられたように思います。それだけが、少し物足りなさを覚えました。

投稿: 樋口裕一 | 2010年7月18日 (日) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/48598941

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季の「ハムレット」のこと:

» 劇団四季 [★Bonbons★]
四季が大好き! [続きを読む]

受信: 2010年6月30日 (水) 07時36分

» 劇団四季語録 [劇団四季]
劇団四季について気になりだしたら止まらない!調べまくって見ました。やはり単純に劇団四季と検索しただけでも結構ヒットしました。その一部を公開渋谷甘味倶楽部 劇団四季『春のめざめ』ハンシェン×エルンストその後を ...劇団四季『春のめざめ』ハンシェン×エルンストその後を予測する会幕間(リアルホストクラブ潜入投影編1).2010.06.17.あれっ??『ハムレット』っていつのまに開幕してた……????しかも自由劇場????……って今気づいた(真顔)。どんだけ四季...... 劇団四季 「マンマ・ミーア!... [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 09時38分

« クリント・イーストウッドの映画たち | トップページ | iPadを手に入れたこと、そして『ポー川のひかり』 »