« 「音楽の宅急便 ジブリからクラシックへ」大成功! | トップページ | ロシアに出発 »

驚異のヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチのファン・クラブを作ろう!!

 私は、ナントのラ・フォル・ジュルネで魂を揺り動かされて以来、驚異のヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ネマーニャともラドゥロヴィッチとも表記される)のファンだ。日本におけるきわめて初期のネマニャ・ファンの一人だと自負している。東京のラ・フォル・ジュルネやリサイタルで弾いた、バッハ、イザイ、サン・サーンス、ヴィヴァルディなどの作品は、今も私の耳に残っている。ヴァイオリンでこれほど強い衝撃を受けたことはなかった。悪魔に魅入られたかのようになった。

 ところが、このところ、ネマニャがめったに来日しない。しかも、来日しても、リサイタルが聴けない。来年2月に、東京シティフィルと共演してプロコフィエフの協奏曲第二番を演奏し、3月にはアンサンブルで来日することが決まっている。そのニュースを知って、私は跳びあがらんばかりに喜んだ。だが、残念ながら、リサイタルは予定されていない。

 そこで考えた。ファンクラブを作って、ファンがネマニャを呼んではどうだろう。「ネマニャ・ファンクラブ、あるいはネマニャを日本に呼ぶ会」を作ってはどうか。そうして、もっと頻繁に来日してもらい、もっともっとリサイタルを開いてもらったらどうか。

 このことを親しいネマニャの熱狂的ファンの音楽関係者数人に呼びかけた。そして、少しずつ話を進めてきた。

 現在、ネマニャはアスペンという音楽事務所に所属している。また、キングレコードから「悪魔のトリル」のCDの発売が予定されている。そんなわけで、今日、この二つの会社の方とあって話をしてきた。

 そこでわかったのは、レコード会社の人も、音楽事務所の人も、ネマニャのすさまじい実力は知っている。だが、日本では知名度が低い。そのため、これまでチケットが売れなかったことがあるらしい。CDも発売されていない。数枚発売されているCDも、それほど売れている様子はない。だから、来日公演に二の足を踏んでいる。リサイタルも行われない。悪循環に陥っている。

 そうだとすれば、ファンクラブを作って、ある程度の人数を集め、熱心に呼びかけたら、来日してくれるのではないか。そして、チケットが売れたら、そして、ネマニャの圧倒的な演奏が多くの人の知るところとなれば、もっと大きな存在として日本でも知られるのではないか。もっと頻繁に来日してくれるのではないか。

 もちろん難しい問題もある。すんなりと行くかどうかわからない。だが、ファンクラブを作り、かなりの数の人間がそこに集まれば、きっとさまざまなことが順調に進むだろう。

 彼のヴァイオリンを聴いたことのある人は、誰もが、そのすさまじいテクニックと、驚くべき音楽性に圧倒されたはずだ。私は、オイストラフやシェリングやクレメルなどの過去の名人たちに劣らない音楽性を彼が備えていると確信する。今は不景気の時代であり、クラシック音楽受難の時期なので、爆発しないが、いつ爆発してもよいだけの実力を持っている。

 ネマニャを私たちの手で日本の巨匠というあるべき姿に押し上げようではないか。ネマニャがかつてのオペラにおけるマリア・カラスのような大スターになれば、若者のクラシック音楽離れもくいとめられるのではないか。それと同じような大スターが次々に出てくるかもしれない。音楽的にも、容姿的にも、これまでの苦難の人生においても(彼はセルビアでの戦争を体験している!)、彼は人をひきつける力を持っている。

 そんなわけで、この場でネマニャのファンクラブを作ることを提案する。今のところ、私と数人の関係者(本人たちの了解を得ていないので、ここでは名前を明かさない)が話をしているだけで、形は何も決まっていない。これから、少しずつ、どんな形にするか決めるつもりでいる。だから、正式の入会表明でなくてもいい。が、入会の意志のある方、このブログに連絡をいただけないだろうか。メールアドレス(ブログ上には表記されない。ブログ主である私だけ見ることができる)を書いていただければ、私のほうからそこに連絡を差し上げる。そして、一緒にファンクラブの形を作っていってはどうか。そして、少しでもネマニャのファンを増やしていったらどうか。

 実は私は明日から、ロシア旅行に出かける。その間も、ブログを見ることはできるはずだ。その間に連絡をいただき、意見をいただければ、それについて考えることにする。場合によっては、お会いして話をすることもできるだろう。

 いろいろ考えていても、何も始まらない。まずは、意志のある人が手を上げ、形を整えていく必要がある。その言いだしっぺには私がなるので、ぜひ、ご参加いただきたい。

|

« 「音楽の宅急便 ジブリからクラシックへ」大成功! | トップページ | ロシアに出発 »

コメント

御連絡,お待ち申し上げます。取り急ぎ...

投稿: | 2010年8月28日 (土) 00時22分

樋口先生、モスクワは如何ですか?始めから分かっていましたら その旅 私も御一緒させて頂きたかったです。残念です。来月、私はロシア大使館に御勤務されている方々とピクニック
なのです。お帰りになりましたら、旅のお話も是非 お聞かせ下さいね。では、御連絡お待ち申しあげます。

投稿: Tzigane | 2010年8月28日 (土) 07時15分

ネマニャのファンクラブに入りたいです。
ご連絡をお待ちしています。

投稿: iiya | 2010年8月28日 (土) 21時07分

ネマニャのファンクラブ、楽しみです。
ご連絡お待ち申しあげます。よろしくお願いいたします。

投稿: | 2010年8月29日 (日) 06時58分

ネマニャくんのFC入会したいです!
日本でネマニャくんのリサイタル聴きたいですー

投稿: shin | 2010年8月29日 (日) 14時30分

ファンクラブが設立された暁には、是非入会したいです。
ご連絡をお待ちしております。

投稿: j | 2010年8月30日 (月) 01時00分

ネマニャさんのファンクラブ是非入会したいです。
熱狂の日で聴いたヴィヴァルディ、迫力があって素晴
らしかった。
(あのかなり音響が今一つのHall Aにもかかわらず)

話は変わって恐縮ですが、ヒラリーハーンのバッハ、
本当に良かったですね。
まだ余韻が残っている気がします。

投稿: mitsu | 2010年8月30日 (月) 12時49分

ネマニャ・ラドゥロヴィチさんのファンクラブ、
入会意思を表明します!

投稿: quackey | 2010年9月 3日 (金) 17時35分

ネマニャのファンクラブのお話、是非ともカタチになりますように!
あれだけの個性と技術は、LFJでも大人気だったはずなのに、そのような状況だったとは・・・
入会して、もっと日本での公演が観たいです!
頑張って下さい、そしてよろしくお願いします。

投稿: emgdn | 2010年9月 7日 (火) 09時17分

先生、私は夏休みでトロントとNYCに行っておりました。

ネマニャ君、来年2月のコンサートが楽しみです。
いままでファンクラブがなかったんですね...演奏だけでなく人として魅力的なネマニャ君。ぜひ応援したいです!

投稿: Tamaki | 2010年9月 9日 (木) 04時32分

皆様

実は、数日前、あまりに調子が悪いので、パソコンを買い換えました。原稿に追われていることもあり、またパソコンの不調もあり、また新しいパソコンの設定に苦労していることもあって、コメントに対する返事が遅れているかもしれません。また、ご返事していないこともありそうです。ご容赦ください。
もう少し時間が取れるようになりましたら、メールを整理して、しっかりした返事を差し上げます。ご容赦ください。

投稿: 樋口裕一 | 2010年9月11日 (土) 00時08分

ネマニャ君の大ファンです! 実は私、地元(愛媛県)でコンサート企画主催をしております。市民グループですが、今年で9年目です。
もし、ファンクラブでコンサートが実現したら、我が町にも・・・なんて勝手に想像するだけでワクワクしちゃいます


ファンクラブには、ぜひ入会したいです!よろしくお願いします!!

投稿: masako | 2010年9月12日 (日) 01時15分

LFJでネマニャくんの四季を聞いてから、彼のファンです。
是非是非ファンクラブを作って、日本公演実現して欲しいです!
よろしくお願いします。

投稿: TOKU | 2010年9月12日 (日) 18時03分

ネマニャのファンクラブ、楽しみです。
是非是非お仲間に加えてくださいませ。よろしくお願いいたします。

投稿: oyamanoneko | 2010年9月14日 (火) 13時22分

昨年のフォルジュルネでネマニャくんの四季を聴いて、主人共々ファンになりました。
来年2月のチケット!ゲットできるか気をもんでいます

投稿: shinjaga | 2010年9月30日 (木) 16時21分

初めまして。
ネマニャさんの演奏をもっと聴けたら素敵ですね!!
ご連絡をお待ちしております。

投稿: MOYA | 2010年10月 5日 (火) 10時11分

私もネマニャくんの大ファンです
ファンクラブが実現しましたら、是非入会させて下さい
宜しくお願いします。

ネマニャくん大好き

投稿: あっきーな | 2010年10月 6日 (水) 23時35分

彼の演奏を見て、感動しました。 技術面とかよくわかりませんが、
心に響いたのを覚えています。
ぜひ、ファンクラブを作りましょう!! お願いします

投稿: AKI | 2010年10月 9日 (土) 01時40分

初めまして。
ネマニャくんのファンクラブ是非入らせて下さい!!
3年前のラフォルジュルネで聴いてから大ファンになりました。
来年のネマニャくんの来日公演の知らせを聞いて興奮しています。

投稿: maki | 2010年10月 9日 (土) 22時31分

樋口先生、ファンクラブ発足にご尽力いただき感謝申し上げます。

LFJではじめて彼の演奏を聴き、マスタークラスも聴講しました。
それからBACHのシャコンヌの楽譜にサインをいただきました。
演奏は心にストレートに響き、衝撃が大きすぎて知恵熱が・・・
お話もさせていただいたのですが、お人柄も気さくで最高です。

是非、ネマニャのファンクラブに入りたいです。
リサイタルで彼の演奏を存分に聴きたいです。
夢がかないますように!!!

投稿: 真田あられ | 2010年11月12日 (金) 11時46分

ネマーニャ ラドロヴィッチ LFJで聴いてから忘れられません。
覚えにくい名前だと思いますが、すぐ覚えました。ヴァイオリニストでこんな人がいたんだ!と感動しました。そして、クラシックの奏者が全員、こんな感性で演奏してくれたらなあ。。。とも思いました。ファンクラブができたら、ぜひ入りたいです。
LFJ以来、彼の来日を心待ちにしていましたが、来年ようやく来るようですね。2月14日と3月2日のS席チケットを今日、購入しました。私にとっては尋常じゃない出費ですが、どうにも止まりません。こんな天才って、めったに現れるもんじゃないような気がしています。

投稿: 直ママ | 2010年11月25日 (木) 22時20分

私も、あの衝撃が忘れられません。そして、来日が少ないのが気になっていました。もっと頻繁に来てくれるなら。。。先生の行動力に感謝。何かお手伝いできましたら。

投稿: もも | 2011年1月 4日 (火) 01時13分

はじめまして。
ヴァンセンヌの森で、たまたま耳にしたネマニャの演奏に、雷に打たれたかのように全身に震えが走ったのが2年前のこと。
日本でももっと演奏して知名度を上げて欲しいと、常々思っておりました。
ファンクラブを作られるのであれば、是非是非参加したく・・・よろしくお願い申し上げます。

投稿: k-co. | 2011年1月10日 (月) 05時36分

はじめまして。
ネマニャのファンクラブ 設立されるのでしたら
入会希望いたします!!

あの素晴らしい演奏を目の前でと思うとワクワク&ドキドキです。

投稿: maimai | 2011年1月16日 (日) 22時47分

はじめまして。
ネマニャ来日1ヶ月を切りました。とても長く待ち遠しかったです。初来日から関東の演奏会はLFJ含めすべて聴きに(観に)行っています。チャイコフスキーで一躍話題の人となりましたが、確かにスゴカッタですが、私はベートーベンのコンチェルトが更に凄かったと思います。
先生にご人脈があればアスペンに是非ベートーベンもしくはオーケストラとの壮大な演奏を要望してください。
彼の人としての優しさも素晴らしいです。私にもっと語学力があれば・・・と、なかなか感動が彼に伝えきれず残念です。
FC設立是非頑張ってください。楽しみにしています。

投稿: MIKI | 2011年1月20日 (木) 21時01分

今日、ネマニャ君の演奏をやっと生で聞けて、感激でした。本当に嬉しいです。海外から取り寄せてまでCD買ったんですもの。ぜひファンクラブに入りたいです!! リサイタルで彼の音に浸りたいです。ヴァイオリンを習っていますが、ネマニャ君の演奏の様な表現力を身につけたくて、練習する時間が長くなりました。

投稿: るみPOM♪ | 2011年2月12日 (土) 02時10分

はじめまして。
実はネマニャなんとかという人のことは全然知りませんでした。
悪魔のトリルがグループ名というのも知らず悪魔のトリルという曲を聴きに行ったのです。兵庫県立芸術文化センターに。
近いし、安いし。 と、まあ気軽に出かけたわけです。
ファンの皆様ごめんなさい。
すばらしかった!!!
次回はもっと早く前の席を予約します。

投稿: M | 2011年3月 6日 (日) 22時33分

M様
ネマニャの演奏を聴くと、多くの人が心を奪われ、その透明でありながらも情熱的な世界の虜になるのです。どうか、次の機会にお聴きください。そして、ダンファンになりましたら、ぜひ、ファンクラブ入会をお考えになってください。

投稿: 樋口裕一 | 2011年3月 8日 (火) 08時01分

たまたまフェスブックでネマニャを知り、一瞬にして心奪われました。それから 毎日ネマニャを聴かずにいられません。私はクラシックに詳しいわけではありません。しかし、クラシック音楽に壁を感じているならば、ネマニャを知った途端にその壁はとりはらわれるであろうと、強く思いました。では、日本でのコンサートはないか?CDはないか?と探すうちプレピスカの存在を知り本日 入会手続きをしました。10月4日が楽しみです。

投稿: 辻 美千代 | 2018年3月16日 (金) 13時04分

辻 美千代 様
コメント、ありがとうございます。そして、プレピスカへの入会につい来ましても、ありがとうございます。現在、私は一般のプレピスカの会員としてサポートする立場ですが、いっそう盛り上げていきたいと思っています。今年の来日に合わせてイベントが行われる予定ですので、私も大変楽しみにしています。きっと、また興奮を味わえることでしょう。
なお、中国の桂林に行っておりましたため、いただいたコメントへの返事が遅れましたこと、お詫びいたします。

投稿: 樋口裕一 | 2018年3月19日 (月) 09時17分

樋口先生、初めまして。
私はつい先月、youtubeでネマニャの演奏を聴き、それ以来、すっかりネマニャの虜になってしまいました!そして、ネマニャについていろいろと調べているうちに、ネマニャが10月に来日すること、私の住んでいる札幌でもコンサートがあることを知り、すぐにコンサート会場のキタラへチケットを買いに行きました!キタラ会員のみの先行予約期間だったにもかかわらず、すでにS席は埋まっており、A席の2階席になってしまいましたが、ネマニャの生演奏を聴くことができるのが今からとても楽しみです!

また奇遇にも、私、ネマニャを知る少し前に樋口先生の小論文の本(『小論文これだけ!超基礎編』)を購入しておりました。
このブログはネマニャを知ってから見させていただいたのですが、小論文の本を書かれた先生がこのブログを書いていらしたことに初めは気づかず、暫く経ってから気づいた時には我ながら大変驚きました。このような偶然もあるのですね!

投稿: TIKA | 2018年8月25日 (土) 17時01分

TIKA 様
コメント、ありがとうございます。
ネマニャの実演は格別です。ネマニャこそライブで魅力が存分に発揮できるヴァイオリニストだと思います。ぜひ、聴いてください。ファンクラブに入ることもできます。
そうなんです。私は小論文指導者である以上に、クラシック音楽愛好者なんです。自分の中では、小論文とクラシック音楽は繋がっています。

投稿: 樋口裕一 | 2018年8月26日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚異のヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチのファン・クラブを作ろう!!:

« 「音楽の宅急便 ジブリからクラシックへ」大成功! | トップページ | ロシアに出発 »