« ネトレプコ後遺症からやっと回復した | トップページ | 六本木男声合唱団で練習。さて、入団するか! »

中山悌一一周忌特別演奏会、ドイツリートを堪能

 102日、津田ホールで行われた中山悌一一周忌特別演奏会を聴いた。シューベルト、シューマン、リヒャルト・シュトラウス、ヴォルフ、ブラームスらのドイツリートを、東京二期会の新旧のスターたちが歌った。

 中山悌一は、二期会の創設者の一人で、日本声楽界を飛躍させた大人物だ。しかも、私と同じ大分県の大分上野丘高校(ただし、当時は旧制大分中学)出身。つまりは、私にとっては母校の大先輩ということになる。私は高校のころ、中山悌一作曲の校歌を歌ったものだ。

 大分県は保守的で文化の果てのような地域なのだが、なぜかクラシック音楽だけはかなり盛んで、滝廉太郎をはじめとして、藤原歌劇団の藤原義江、二期会のスターだった立川澄人(のちに立川清登と改名)も大分県とかかわりが強い。現在、別府でアルゲリッチ音楽祭が開かれているのも、そうした流れの一つだろう。大分という僻地に住みながら、私がクラシック音楽が大好きになったのも、そして、ずっとドイツリートを好み、オペラに夢中になったのも、きっと中山先生の存在と無関係ではなかっただろう。

残念ながら、私は中山先生とは個人的にかかわることはなかったが、母校の大先輩として、クラシック音楽の恩人として、ずっと尊敬してきた。

 今日のコンサートに登場したのは、大槻孝志、林美智子、中村健、曽我榮子、平野忠彦、池田直樹、永井和子、釜洞祐子、井原直子、多田羅迪夫。私のように40年以上前から日本の声楽界になじんできた人間にとっては、これは、野球でいえば、王や長島や金田や張本がイチローや青木などとともに出場する新旧オールスターに等しい。

 70歳を超えた往年の大スター中村健が出てきただけで、その姿に感動してしまう。長嶋茂雄がユニフォーム姿で出てきたようなものだ。中村さんは音が出ず、音程も怪しかったが、少し年下の平野さんは堂々たる声量。曽我さんに至っては、今現役復帰しても、そのまま通用する歌だった。アリアドネやエリザベートを歌う声がよみがえる気がした。

 中山悌一の若いころの録音も流れた。実に立派な声と発音だと思った。あの時代に、このレベルで歌っていたとは驚いてしまう。

 とはいえ、やはり現役の林さんのシュトラウス(「ダリア」と「万霊節」)が、ゆっくりと丁寧に歌い上げて素晴らしかった。私は何と言っても、リートは圧倒的にシュトラウスが好きだ。中学生のころから、シュワルツコップの歌うシュトラウスのリートのレコードを繰り返し聞いたものだ。今日また改めて、シュトラウスのリートの素晴らしさを痛感。

 池田さんの歌うヴォルフもよかった。ヴォルフもまたシュワルツコップを聴いてなじんだのだった。

 なにはともあれ、ドイツリートは素晴らしい。もっとこんな機会がほしい。リートであれば、年齢を重ねて少々声が出なくなっても、詩の心を伝えることによっていくらでも聴き手を感動させられる。最近、日本でもオペラがずいぶんと盛んになったが、歌曲はあまり演奏会が開かれない。残念なことだ。

 が、原稿が忙しい。実を言うと、演奏会に行っている場合ではない。が、中山先生の一周忌記念コンサートとあれば、聞かないわけにはいかない。明日から最後の努力をしなければ・・・

|

« ネトレプコ後遺症からやっと回復した | トップページ | 六本木男声合唱団で練習。さて、入団するか! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、私は国公立大学の推薦入試が受けることになっており、そこで小論文の試験が課されます、書店に小論文の参考書が探しに行き、そこで樋口さんの著書を多く手にとりましたが・・
どれを選べば一番良いのか迷いました・・・・
教えてください!!!!happy02

投稿: | 2010年10月 3日 (日) 16時35分

コメント、ありがとう。
でも、残念ですが、この質問には著者として答えることはできません。知り合いに尋ねられて、そっと答えることはあるかもしれませんが、このような公開の場面では、著者はそのようなことは言ってはならないと思っています。
自分の書いたものに順番を付けることはできませんし、出来が悪いと思っているものを買ってくれた人に申し訳が立ちません。出版社の人にも失礼です。
自分の志望や今の力、それから参考書の刊行時期などを見て、自分で判断してください。そう答えるしかありません。ご理解ください。

投稿: 樋口裕一 | 2010年10月 5日 (火) 16時55分

この樋口先生のコメント、とても品があって素敵だと思います。

投稿: Tzigane | 2010年10月10日 (日) 10時30分

( ̄▽ ̄)ありがとうございます!

小論文の他にディペートの試験があるのですが、何かアドバイスを貰えたらうれしいです!!!!!

投稿: | 2010年10月10日 (日) 13時06分

Tzigane様
おほめいただき、ありがとうございます。
でも、きっとほとんどの著者がそのように答えると思います。そうとしか答えようがないのですから。

投稿: 樋口裕一 | 2010年10月11日 (月) 08時27分

拙著を買おうとされた方(何らかのお名前を書いてもらえると助かります)

ディベートですか。
拙著の多くに「3WHAT3W1H」について説明しています。それを検証すると、イエス・ノー両方の根拠が見えてくると思います。もしよかったら、立ち読みでもしてください。でも、できれば購入してほしいですけどね。

投稿: 樋口裕一 | 2010年10月11日 (月) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/49631667

この記事へのトラックバック一覧です: 中山悌一一周忌特別演奏会、ドイツリートを堪能:

« ネトレプコ後遺症からやっと回復した | トップページ | 六本木男声合唱団で練習。さて、入団するか! »