« エリシュカの「新世界」に興奮! | トップページ | 新日フィル、フレッシュコンサートに満足 »

メネセスとプレスラーの見事なデュオ

 12月12日、仕事に追いまくられながらも、武蔵野市民文化会館に出かけ、アントニオ・メネセスとメナヘム・プレスラーのデュオコンサートを聴いてきた。素晴らしかった!

 カラヤン指揮、ベルリン・フィルの「ドン・キホーテ」のチェロ独奏による録音で、メネセスの名前を知ったのは、30年以上も前のことだろうか。私はシュトラウスのファンなので、すぐにレコードを買って感心して聴いたのだった。鮮烈なデビューだったが、その後、しばらく名前を聞かなかった。最近また動静が伝えられるようになったようだ。メナヘム・プレスラーはボザール・トリオで大活躍だったピアニスト。もうすぐ87歳だという。

曲目は、前半に、バッハのヴィオラ・ダ・ガンバによるソナタBVW1028をチェロに編曲したものと、ベートーヴェンのピアノソナタ第31番。後半に、バッハの無伴奏チェロ組曲第3番と、ベートーヴェンのチェロソナタ第3番。

いくらなんでも86歳ではまともな演奏は無理ではないかと心配だったが、プレスラーのピアノは実に立派。くっきりした音で構成感のしっかりした音楽を作っていく。激情的ではないが、鳴らすべく時には鳴らし、がっちりした中に抑制された激しさがある。見た目も80歳を過ぎているとは思えない。メネセスとの共演に際しても、音楽を作っているのは、プレスラーのようだ。ただし、私はピアノ曲はあまり聞かないので、31番のソナタについては何も言えない。

メネセスはやや個性が弱い。自然で技巧も確かなのだが、何をしたいのかよくわからなかった。バッハの無伴奏曲は、もう少し自己主張してほしいと思った。かなり「普通」の演奏だった。

が、ベートーヴェンは素晴らしかった。二人の息がぴったり合って、一人では個性が埋もれがちだったメネセスのチェロが、プレスラーの伴奏を得て実に雄弁で豊かになった。第一楽章、なんというピアノの美しさ! チェロもピアノのサポートを得て実に生き生きとして、深い感情を表現している。抑制された激情というのがぴったり。ベートーヴェンの世界を堪能した。

アンコールはブラームスの1番の第2楽章と、ドビュッシーの第1楽章。いずれも見事。ただ、ブラームスの最中、後ろのほうで、鈴のチャラチャラいう音が何度も聞こえ、大きな携帯電話の呼び出し音がした。このホールは、コンサートに慣れない人がたくさん来るので、このようなことがしばしば起こる。何とか注意するようにいえないのだろうか。

ともかく仕事が忙しい。来年の初めに、共著も含めて、私の本が9冊出る(そのうち6冊は小学生向け参考書の改訂版)。今、それらの本の最終段階にさしかかっており、校正ゲラが次々と送られてくる。校正を済ませたかと思うと、次のゲラが届く。そのほかに、年内に2冊、本を書く約束しているのだが、原稿を書く時間が取れない。まさしくパニック状態!!

|

« エリシュカの「新世界」に興奮! | トップページ | 新日フィル、フレッシュコンサートに満足 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

偶々同じ体験を共有させていただき、御老体の闊達な音楽にいたく感銘を受けた者です。(素晴らしいブラームスの終了間際に鳴り響いた携帯着信は大変残念でしたし、「犯人」の初老婦人の恬として恥じない態度に呆れましたが。)

ところで、年明け早々の1月8日(土)に私ども、勤務先の大学で課外授業の一環として弦楽四重奏(クァルテット・エクセルシオ)の無料演奏会を催します。
http://www.hc.keio.ac.jp/ja/event/201101/9esamb0000008oiw.html
新日フィル・読響定期などの曲目解説でお馴染みの渡辺和氏もブログでご紹介下さいました。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2010-12-09
ご多忙とは存じますが、先生にもご来聴ご高評賜れればと思い、ご案内申し上げる次第です。

失礼いたしました。

投稿: | 2010年12月14日 (火) 00時13分

コメントありがとうございます。
本当に素晴らしい演奏、そして、残念な携帯呼び出し音でしたね! あんな音を出してしまったからには、みんなの前で土下座するか、恬として恥じないふりをするか、どちらかしかないような気がします。
ところで、クァルテット・エクセルシオの演奏、とても関心があります。ヤナーチェクの「クロイツェル・ソナタ」を演奏するんですね。トルストイとの関連について何らかのレクチャーがあるのでしょうか。私は、トルストイとヤナーチェクのこの曲の関係を考えたいとずっと前から思っていました。
しかも、学生が主体的に活動なさっているとのこと。私も多摩大学でクラシックを広めるためのゼミを行っていますので、参考になりそうです。
実は、ちょうどその日、私の大学でかなり大事な会議があるのですが、私にとっては、慶応日吉でのコンサートのほうが重要かもしれません。予約する方向で考えさせていただきます。
情報ありがとうございました。

投稿: 樋口裕一 | 2010年12月14日 (火) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/50286097

この記事へのトラックバック一覧です: メネセスとプレスラーの見事なデュオ:

« エリシュカの「新世界」に興奮! | トップページ | 新日フィル、フレッシュコンサートに満足 »