« 計画停電、うちはどのグループ? | トップページ | こんな時にこそ音楽を! 4月8日 多摩フィルメンバーによるコンサートのお知らせ! »

ソムリエサロンのこと、震災後の都内のこと

 昨日(3月20日)、北千住ルミネのよみうりカルチャーでラ・フォル・ジュルネの「ソムリエサロン」が開かれた。私は、ラ・フォル・ジュルネのアンバサダーなので、ゲストとして話をしに行った。司会はクラシックぴあを編集している田中泰さん。

「ソムリエサロン」というのは、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンを多くの人に楽しんでもらうために、東京国際フォーラムが主催して、都内各地でその魅力を紹介するレクチャーのようなものだ。これからも何度か開かれるが、私は全部で3回、ゲストとして話をすることになっている。

その初回として、昨日はナントのラ・フォル・ジュルネの報告を中心にし、ナントで演奏されたのと同じメンバーのCDをラックスマンの高級オーディオを用いて聴いていただいた。

 受講してくださった方の人数は少なかった。余震と原発事故で落ち着かない中のことでもあり、話している間も何人もの携帯電話から「緊急地震速報」が発信されるという状況でもあったので、やむを得ないだろう。こんな時に来てくださったことに感謝。

 相変わらず私は話がうまくないのだが、田中さんの司会によって気持ちよく話をすることができた。ナントの雰囲気、ナントで名演奏が、その一部を実際にオーディオで聴いて、わかっていただけたと思う。

 都心に出たのは、昨日が震災後、初めだった。幸い、私は都心で仕事をしていないので、打ち合わせやコンサートくらいでしか都心には出ない。震災後、そうしたものはすべてストップしているので、機会がなかった。

 日曜日だったので、特別ダイヤではあるが、電車もスムーズ。ただ、駅も電車内も街も店も、以前に比べてずっと暗い。電気使用を最小限に抑えているのだろう。

 が、ふと思った。これはヨーロッパの落ち着いた雰囲気だ。フランスやドイツに行くと、「この店、ほんとうに開業中なのかな?」と不安に思うことがある。要するに、日本の感覚では異様に暗いからだ。が、それでも開いている。ヨーロッパでは日本のように無駄に電気を使うことがない。もともとヨーロッパの人々はケチであって、無駄な金を使おうとしないからでもあり、節電の考え方が強いからでもあるだろう。それに、そもそも、明りについて言えば、欧米人の目は東洋人よりも光に敏感で、日本ほどの明かりを必要としない(だから、サングラスが必要になるし、欧米のホテルなど、日本人の感覚からすると異様に暗いわけだ)という事情もあるかもしれない。

 電気使用に関して、ヨーロッパにならったらどうだろう。そうなれば、ずっと節電できるだろう。コンビニも店も駅もあれほど明るい必要はまったくない。

それに、節電をすれば、お店のあちこちで大音量で音楽を流すこともなくなるだろう。昨日は渋谷にはいかなかったが、交差点や駅周辺の商店街のけたたましい音が静まっていたのなら、私はむしろ今回の措置に感謝したくなる。これを機会に、これまでの無駄な明かりや騒音を見直して、落ち着いた街作りを考えたらどうだろう。

 もちろん、私の家でも以前に比べて半分以下の電気使用量だ。が、それでも支障なく暮らせるものだ。今回の地震は、そのようなことも教えてくれた。

 

|

« 計画停電、うちはどのグループ? | トップページ | こんな時にこそ音楽を! 4月8日 多摩フィルメンバーによるコンサートのお知らせ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「読ませるブログ」読ませていただきました。
参考にしていきたいと思います・・・。

投稿: GGG13 | 2011年3月23日 (水) 23時10分

ご無沙汰致しております。ブロムシュテット&チェコフィル以来です。
今回の震災の影響で、チェコフィルの仙台公演も中止になり帰国してしまいました。仙台でフルートのロマンやファゴットのオンジェと終演後会食を約束していたのですがそれも御破算となりました。「また今度、プラハで!」と電話でお話は出来ました。
さて、当地酒田は日本海側に面しており震源からは離れていたため震度5弱で、人的被害はなく停電1日だけ。しかし、今もガソリン/灯油不足は深刻で、燃料節約のため市の施設は軒並み使用停止中で、4月も当面使用できないことになりました。
私が実行委員会発起人をつとめるバロックチェロの鈴木秀美さんのリサイタルも、希望ホール「小ホール」が使えないことになりましたが、「こういう時こそ音楽を!」という秀美さんの言葉に勇気をもらい、会場を変更して予定の日時で開催する事に致しました。
音楽愛好家が読むであろう貴ブログにTBさせて頂けば、少しは告知の効果があるかと思い、勝手ながらTBを致します。
宣伝のためのチラシが、当地でのコンサートも中止、延期の続出で1500枚ほど残ってしまっているのです。よろしくお願い致します。

投稿: balaine | 2011年3月25日 (金) 02時30分

GGG13様
コメントありがとうございます。
ブログ見ました。中学生なんですね!!
ブログの書き方について私の本の中に参考にできるところがあったら、是非、参考にしてください。
ついでに言うと、ドストエフスキーは最高です。私も中学生のころに「罪と罰」を読んで人生がひっくりかえるような感動を覚えました。その後、この本は何度となく読み返しています。他の小説も読んでみることを勧めます。

投稿: 樋口裕一 | 2011年3月25日 (金) 09時02分

balaine様
ご無沙汰しています。
そのようなTBは大歓迎です。私のブログに効果があるかどうか疑問ですが、少しでもお役にたちたいと思います。
鈴木秀美さんは大好きなチェリストです。バッハの無伴奏は実演でも何度か聴きましたし、CDも2種類持っています。ナントのラ・フォル・ジュルネに参加なさったとき、少しお話したこともあります。お話を聞いて、ますますファンになりました。
こんなときにこそ、鈴木さんの無伴奏を聴いて、人生の深い思いをともにするのは、きっと社会的にも意味のあることだと思います。

投稿: 樋口裕一 | 2011年3月25日 (金) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/51176511

この記事へのトラックバック一覧です: ソムリエサロンのこと、震災後の都内のこと:

» 急告!会場変更します! [★balaine★ひげ鯨の日々]
4/2(土)の「鈴木秀美リサイタル」バッハ無伴奏チェロ組曲(1,3,5番)演奏会 [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 02時31分

« 計画停電、うちはどのグループ? | トップページ | こんな時にこそ音楽を! 4月8日 多摩フィルメンバーによるコンサートのお知らせ! »