« 京都の花見、そして黒澤映画「白痴」「生きものの記録」 | トップページ | フォルテ サロン コンサート »

葉加瀬太郎クラシックシアター

 4月3日、兵庫芸術文化センターで、葉加瀬太郎クラシックシアターを聴いた。震災以来、初めてのコンサートだった。葉加瀬さんのラジオ番組に出させていただいて、このコンサートのことを知り、ぜひ聴きたくなったのだった。できれば東京で聴きたかったのだが、東京での公演日はほかの予定が重なっていたので、京都での仕事のついでに、一日滞在を延ばして兵庫に出かけた。その甲斐があった。

 前半はブラームス中心の、まさしくクラシックのコンサート。スケルツォF.A.Eソナタより。そしてソナタの1番。

 私は、これまで葉加瀬さんをクラシック畑ではない人だと思っていた。ピアソラ風の曲を作曲している人、ポピュラーなヴァイオリン曲を演奏している人。ところが、ラジオで話をして、実は大変なブラームス好きだと知った。そこで聴いてみたいと思ったのだったが、予想以上に実に繊細なブラームス!! ピアノ伴奏も、繊細で音が美しい。

 ああ見えて、実は本当に心やさしく、本当に繊細で、本当に内省的な人だったんだ! と思った。しみじみと一つ一つの音をかみしめて弾く。外面的な効果をできる限り排除して、丁寧に音を再現しようとしている。もうちょっとドラマティックにやってもいいのではないかと思えるところも、実に丁寧に優しく演奏する。あえてそうしているのだろう。その結果、おずおずとした、心やさしく、ぐっと情熱を秘めたブラームスが浮かび上がった。それはそれで見事。

 後半は、楽しいトークを交えながら、葉加瀬さんご自身の曲や、クライスラーの「前奏曲とアレグロ」、マスネーの「タイスの瞑想曲」。ガーデの「ジェラシー」、ディニクの「ひばり」、モンティの「チャルダシュ」など。ピアノのほか、弦楽五重奏が加わった。観客は、前半はおとなしかったが、後半、大喝采。最後にはほぼ全員が立ち上がってのスタンディング・オーベーション。

 エンターテイナーとして最高だと思った。盛り上げ方が見事。大人気は当然。最後のアンコール曲はNHKの『てっぱん』のテーマ曲だったが、こうして聴くと実に感動的。

 それにクラシックの曲もよかった。とりわけクライスラーがいい。この曲は、先日、ネマニャ・ラドゥロヴィによる演奏を聴いたばかり。リハーサルも加えると、4回くらい聴いた。ネマニャの演奏は実に切れがよく、ダイナミックでちょっと悪魔的だったのだが、葉加瀬さんは正反対。繊細で優しく美しい。

 才能がありすぎるばかりにクラシック以外でも大活躍だが、私のようなクラシック一辺倒に人間にしてみれば、ぜひとも葉加瀬さんにはもっともっとクラシックを演奏してほしい。ここは一つこれまでのサービスは一切やめて、ブラームスの3つのソナタなど、完璧なクラシックの演奏会をやってもいいのではないかと思った。それだと、きっと従来のファンは大不満なのだろうが・・・

●補足

 以上のように書いていたら、下にあるような「ムーミンパパ」さんからのコメントをいただいた。私の書き方がよくなかったようだ。誤解を招く書き方をしてしまった。私は、葉加瀬さんに「これから、すべての演奏会でこれまでのサービスをやめてほしい」と言っているわけではない。「これからは、これまでのポピュラーなものばかりではなく、時にはクラシックのみのコンサートを開いてほしい。そのコンサートでは、これまでのようなサービスを一切しないで、クラシック音楽だけをひいてほしい」と言いたかったのだ。つまり、これまでのようなコンサートのほかに、クラシックだけのコンサートをしてほしいと思っているのだ。誤解のないようにお願いしたい。

|

« 京都の花見、そして黒澤映画「白痴」「生きものの記録」 | トップページ | フォルテ サロン コンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

葉加瀬さんのバイオリンはポップス系のコンサートでしかお聴きしたことがなく、
一度クラシックの楽曲を生演奏で聴いてみたいと思っていたのです。
ブラームスとは少々意外な気もしたのですが、
(クライズラー&カンパニーだから、は偏見!?)
「心やさしい」らしいことはコンサートのMCでわかりました。

クラシック曲を演奏されてもそういう印象なのですね。
私もぜひ「ガチガチなクラシック」の葉加瀬さんをぜひ聴いてみたいですが、
やはり「らしくない」と思う昔からのファンが多いんじゃないでしょうか。

ところでネマニャのバーバーはいかがだったでしょう。
http://sites.radiofrance.fr/francemusique/em/concert-soir/emission.php?e_id=80000056&d_id=425000612

バーバーにはこういう作品もあったのですね。驚きました。
ネマニャによく似合う曲だと思いましたが・・・。
先生のご感想を拝読するのを楽しみにしております。

投稿: nina | 2011年4月 4日 (月) 12時09分

私の様に、クラシックからポップス、邦楽まで聴き、尺八などもヘタクソながらたしなんでいる者からみたら、今の葉加瀬太郎さんの行き方が良いと思っています。

葉加瀬太郎さんのような演奏家がいる事で、クラシックの垣根が低くなるわけですから。

投稿: ムーミンパパ | 2011年4月 4日 (月) 22時01分

nina様
葉加瀬さんは、これから毎年ブラームスのソナタを一曲ずつ引いていくそうです。今年は1番、来年は2番というように。是非、お聞きになってみてください。かなり意外な葉加瀬さんを聴けると思います。
ネマニャのバーバー、どうだったんでしょうね。バーバーのCDを探してみようと思います。私ももちろん、この曲のことは知りませんでした。

投稿: 樋口裕一 | 2011年4月 5日 (火) 23時22分

ムーミンパパ様
書き方が悪かったようです。訂正します。私が言いたかったのは、葉加瀬さんは今までのようなコンサートをするべきではないということではないのです。「クラシックだけのコンサートを開き、そのコンサートでは、一切のこれまでのようなサービスなしでやってほしい」というつもりで書いたのです。もちろん、これまでのようなコンサートをしてくれるのは大歓迎です。そのほかに、クラシックだけのコンサートをしてほしいということです。
そうですね。紛らわしい書き方をしてしまいました。本文も書き換えておきます!!
気づかせてくださって、ありがとうございました。

投稿: 樋口裕一 | 2011年4月 5日 (火) 23時27分

樋口様
おっしゃる事、よくわかりました。

ブラームス大好きの私、葉加瀬太郎さんの演奏するソナタ全三曲など、聴いてみたいと思います。

投稿: ムーミンパパ | 2011年4月 6日 (水) 21時10分

本当によかったですよねー。しみじみ…。
もっともっとクラシックコンサートをやってほしいですよね。

投稿: | 2011年4月16日 (土) 11時00分

櫻様
コメント、ありがとうございます。
私は、葉加瀬さんの外見から勝手に判断して、あのようにしみじみとした地味な演奏をする人だとは思っていなかったのでした。一度、あのブラームスの演奏を聴くと、葉加瀬さんの作曲した曲も、別の面が見えてくるように思いました。

投稿: 樋口裕一 | 2011年4月18日 (月) 07時57分

葉加瀬太郎は才能がありすぎたのではなく、クラシック崩れです。
情熱大陸、エトピリカなどはすきですが。
一流ヴァイオリニストと比べてしまえば、テクニックなどは足元にも及びません。

投稿: 通りすがりの者 | 2011年8月30日 (火) 22時28分

通りすがりの者 様
私も、葉加瀬さんのテクニックが世界の一流ヴァイオリニストに匹敵すると思っているわけではありません。そのことは私の文章を読めばわかっていただけると思います。しかし、ブラームスに関しては、とてもしみじみとした、いかにもおずおずとしたブラームスらしい、よい演奏だったと思います。私はそれをとても意外に思い、同時に、とても好ましく思ったのでした。これからも、あのようなクラシックのコンサートをしてほしいと私は思うのです。

投稿: 樋口裕一 | 2011年8月31日 (水) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/51295858

この記事へのトラックバック一覧です: 葉加瀬太郎クラシックシアター:

« 京都の花見、そして黒澤映画「白痴」「生きものの記録」 | トップページ | フォルテ サロン コンサート »