« フォルテ サロン コンサート | トップページ | わがゼミ主催のコンサート、大成功! »

コンサートのお知らせ、そして近況など

 以前にも書いたが、再び、明日のコンサートについて書かせていただく。

明日、4月8日19時より、多摩大学樋口ゼミ主催のコンサートをパルテノン多摩小ホールで行う。このコンサートは、来年以降開催を予定している多摩音楽祭の前夜祭として位置付けているもの。クラシック音楽を通して、多摩地域の文化を向上させ、お年寄りと若者、子供のコミュニケーションを活発化させ、子供から大人までが楽しむことをめざす。

そして、今回は、大震災への追悼の意味を込め、日本を元気づける演奏にしたいと考えている。

 演奏は、地域の誇るプロフェッショナルのオーケストラ、多摩フィルハーモニーのメンバー。また、ゲストとして二期会の有望なソプラノ歌手である森美代子さんが出演。

 実は、コンサートを企画し運営することを目的とした多摩大樋口ゼミの学生がこのコンサートに向けてチケット販売に本腰を入れようとした矢先に、震災が起こり、大学の決定でゼミ活動ができなくなった。余震や原発問題で心落ち着かない中であり、かなり空席が目立つことになりそうだが、絶対に楽しめると思う。こんな時にこそ、明るい音楽を聴いて、元気を出し、その元気を被災地に向けて発信したい。ぜひとも、明日の夜、お近くの方はパルテノン多摩においでいただきたい。当日券あり。

詳細は以下を。

 http://homepage3.nifty.com/tama-fil/

201148日(金)19時開演

会場 パルテノン多摩 小ホール (小田急多摩センター、京王多摩センター、多摩都市モノレール・多摩センター駅下車)

入場料 一般2000円、学生・児童 1000円 (当日券あります)

演奏 音楽監督・指揮:今村 能 ソプラノ独唱:森 美代子 室内楽:フィルハルモニア多摩(Vn. 高原久実、関口梨紗 Vla. 武井麻里子、飯田 香 Vc. 永瀬 惟、村上咲依子 Cb.廣永 瞬)

協賛:小田急電鉄株式会社

入場券:パルテノン多摩チケットセンター Tel.042-376-8181
インターネットでの入場券申込: e+イープラス = 受取:お近くのセブンイレブン
入場券・申込+受取=お近くのファミリーマート=FAMIマート


曲目

バッハ  アリア

J.シュトラウス 「春の声」「ウィーンの森の物語」

モーツァルト 「夜の女王のアリア」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

ロッシーニ 「弦楽のためのソナタ第1番」、

チャイコフスキー 「アンダンテ・カンタービレ」

R.シュトラウス 「カプリチョ」の導入の六重奏曲

など

 そのほか、少し、私の近況など。

●『週刊朝日』の今週号の80ページに、私の書いた文章が出ている。40年ほど前、特急寝台富士号の中で古典落語の本を読んだ話を書いた。立ち読みでもしていただけると、うれしい。

●CDショップのサイトをのぞいていたら、ヤコフ・クライツベルクが3月15日に死去していたことを知った! 一度、チェコフィルを指揮した『新世界』を聴いてとても感動したので、注目している指揮者だった。51歳というから、まだ指揮の世界では若手だ。ビシュコフの弟だということも、死亡記事で初めて知った。あれほどの才能の持ち主なのに、このごろ名前を聞かないと思ったら、病気療養中だったらしい。クラシック音楽界の大きな損失の一つだと思う。

410日、東京・春・音楽祭の被災者支援チャリティ・コンサートの案内が来た。ズビン・メータ指揮の第九。以前、メータの第九を聞いたが、第四楽章はまさしく圧巻だった。が、この日は、新国立で『ばらの騎士』を見る予定。残念。

●また、420日のエンジン01文化戦略会議主催の東北巻頭大震災支援チャリティバザーの案内も来た。これもそうそうたるメンバーが集まっての魅力的なコンサートが催されるようだ。ところが、これも大事な仕事と重なる。

425日、私が応援している新居由佳梨さんのリサイタルが東京文化会館小ホールで開かれる。素晴らしいピアニストなので、ぜひ聴きたいが、これまた大事な仕事が重なってしまって、抜けられない!! ぜひ、多くの方に聞いていただきたい。詳細は以下を。

http://ameblo.jp/piano-yukari

|

« フォルテ サロン コンサート | トップページ | わがゼミ主催のコンサート、大成功! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサートのお知らせ、そして近況など:

« フォルテ サロン コンサート | トップページ | わがゼミ主催のコンサート、大成功! »