« 東京のラ・フォル・ジュルネ最終日 (5月5日) | トップページ | 鳥栖のラフォルジュルネは大成功! 5月7日 »

鳥栖のラ・フォル・ジュルネ初日 5月6日

 福岡行きの飛行機の中で、東京国際フォーラムの鳥海会長と末松社長をお見掛けして声をかけたところ、もちろんお二人も鳥栖に行かれるところで、お誘いに乗ってご一緒した。が、その成り行きで、鳥栖の橋本市長をはじめ九州の政財界のお歴々と挨拶を交わし、オープニングセレモニーにも出ることになった。ひげもそっておらず、カジュアルな服を着ていたので、困った。

 が、コンサートは大満足。いずれもすばらしかった。

 おいしいものをたらふく食べ、ビールを飲んで夜更けにホテルに帰ったので、ごく簡単にコンサートの感想を書く。

・野原みどり(ピアノ)でベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14 「月光」と第23 「熱情」

このブログにも何度か書いたとおり、私は実はピアノはほとんど聴かない。ピアノに感動することはめったにない。が、野原さんの「熱情」には心の奥から感動した。ピアノソロを聞いて涙を流したのは初めてかもしれない。

ノーブルでありながらも、実の情熱的。知性と情熱の両方を兼ね合わせて、すばらしかった。

・クレール・デゼール(ピアノ)ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第6番、第24 「テレーゼ」、第17 「テンペスト」

構成のしっかりした知的な演奏。「テンペスト」は情熱的になった。すばらしいと思うが、もうちょっと歌があると、もっといいのにと思った。

・トリオ・ショーソン ベートーヴェンのピアノ三重奏曲第7番「大公」

 透明で切れがよく、しかも情熱的。モディリアニ弦楽四重奏団やツェムリンスキー弦楽四重奏団と同じような傾向といってもいいだろう。が、もっと歌う傾向が強い。すばらしい演奏だった。まさしく「大公」が現代の息吹を持って復活した感じ。ただ、空席が目立ち、なおかつまだ鳥栖のお客さんは室内楽に慣れていないようで、客の乗りがいまひとつだった。それを反映して、あまり盛り上がらないままになってしまった。最終楽章でもう少し盛り上がっていたら、最高の演奏だったのに。

・ミシェル・ダルベルト(ピアノ)、テディ・パパヴラミ(ヴァイオリン)、タチアナ・ヴァシリエヴァ(チェロ)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ゲオルグ・チチナゼ(指揮)でベートーヴェンの序曲「命名祝日」とヴァイオリン、チェロとピアノのための三重協奏曲
 最高の演奏だった。みんな凄い!! チチナゼ、恐るべし。「命名祝日」という、あまり名曲とはいえない曲をしっかりと、しかもおもしろくまとめ、十分に感動させてくれた。三重協奏曲もしっかりと三人のソリストをまとめていた。

そして、ソリストたちのすごいこと。パパヴラミの独特のヴァイオリンの音色、ヴァシリエヴァの歌うチェロ、そしてダルベルト。ダルベルトは何と、この曲を暗譜で弾きこなした。レパートリーに入っているとは思えないこの曲、しかも、オケだけでなくピアノのほかにソリストが二人いるこの曲を完璧に暗譜し、完璧に演奏する。驚くべきことだと思った。

「この曲はこんな名曲だったか」と思うほどの名演。わくわくし、ドラマティックで美しい。観客も大いに盛り上がった。

鳥栖で聞くうち、私が子どものころのことを思い出した。大分市で育った私は、レコードでクラシック好きになったものの、実演を聴く機会がなかった。小学校6年生のとき、隣の別府市にやってきたNHK交響楽団と堤剛さんのソロを初めて聞いて大感激した。

地方の人間はクラシック音楽を聴く機会はめったにない。ラ・フォル・ジュルネで初めてクラシックのなまの音を聴いて、かつての私のように感動している子どもが何人もいるかもしれない。地方でこそ、このような音楽祭を開く意義があると改めて思った。



|

« 東京のラ・フォル・ジュルネ最終日 (5月5日) | トップページ | 鳥栖のラフォルジュルネは大成功! 5月7日 »

2011年ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/51599712

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖のラ・フォル・ジュルネ初日 5月6日:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/05/07 09:36) [ケノーベル エージェント]
大分市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 7日 (土) 09時36分

« 東京のラ・フォル・ジュルネ最終日 (5月5日) | トップページ | 鳥栖のラフォルジュルネは大成功! 5月7日 »