« マイケル・コリンズの高貴なクラリネット | トップページ | アトリウム弦楽四重奏団の素晴らしいベートーヴェン »

敢えて、菅政権を支持する!

 私はそもそも政治的人間ではない。それに、このブログにはあまり政治的なことは書きたくなかった。それに私が政治的なことを書いても、多くの人が言っているのとそれほど変わりのないことしか言えない。だが、現在の状況を見るにつけ、一こと言いたくなった。

 国会での谷垣総裁の福島第一原発1号機の海水注入中止についての管総理批判は一体何だったというのだろう。大きな誤解に基づき、一方的に的外れな非難をしただけの茶番だったではないか。そもそも、海水注入を中断したかどうかということは、大した問題ではない。今、そのようなことを問題にしても、遅すぎるし、たとえ管総理が注入中断を指示したとしても、それが決定的な危機を引き起こしたわけではなさそうだ。

それなのに、「ガセネタ」を信じて大騒ぎし、菅総理の無能を印象付けようとしたのは、党利党略を最優先し、大震災を政局に結び付けただけの行為でしかない。日本が大きな危機に瀕しているときに、自民党は何を考えているのだろう。

 しかも、実際には海水注入は中断されていないとわかったあとでは、自民党は、自分たちの的外れの非難を反省するどころか、政権内部の連絡不足を非難し始めた。これは一つのすり替えでしかない。

 もちろん、東電の秘密主義、原子力村の閉鎖性、菅政権のリーダーシップ不足は目に余る。自民も民主も、どっちもどっちだ。とりわけ、管政権は、民主党が打ち出した「政治主導」にこだわりすぎて、今度のような高度な専門知識が必要な案件に対してまでも、自分が主導権を取ろうとし、それを他者に見せようとしているようだ。このような場合には、しっかりした専門家を選んで、その人に任せるしかない。それこそがリーダーシップだろう。そうした点は非難されてしかるべきだ。そして、すぐに態度を改めるべきだ。

 だが、こんな有事の際には、情報が混乱し、指揮系統が曖昧になるのは致し方のないことだ。放射能という専門家でも判断に迷う大きな危機が目の前にあるのだ。どんな決定をしても、後手後手に回る面はあるだろう。一度行った決定が覆されることもあるだろう。まったくこのような危機を想定しておらず、官僚にも備えができていなかった。そうしたことには、原発についての危機管理を怠ってきた自民党にも大いに責任がある。現在の政権担当をしていたのが管政権ではなく、自民党政権だったとしても、まったく同じようなごたごたが起り、様々なことが後手に回っただろう。

それゆえ、今行うべきなのは、これまでの反省をして、できるだけ早く新たな態勢を作ることだ。菅理を不信任にして、別の民主党のだれかが総理になっても、また同じように失敗を繰り返し、非難を浴びるだろう。そして、ますます政治空白が広まるだろう。 

 議会制民主主義は必然的に、「わが党が政権をとることこそが国民の願いだ」という大義のもとに党利党略に走る傾向が強いと言えるかもしれない。そして、与党は権力争いに終始する傾向にある。今、私が強く残念に思っているのは、議会制民主主義を国民のために用いるほど、日本の政党は成熟していなかったという事実だ。戦前、このような状況の中で、政党に絶望した軍隊が乗り出して解決しようとし、それを国民が支持した。ところが、現在はそうした勢力も現れる可能性がない。ますます政党政治は混迷を深める。

 かくなるうえは、私は菅権を支持するしかないと思う。悪いところはたくさんあるだろう。過去をほじくれば、失敗はたくさんしているだろう。だが、誰がやっても失敗はある。これから政権が代わっても同じことが起こる。今は、政治を空白にしないで、日本の政治経済の信頼を回復し、被災者救済に全力を注ぎ、復興に向けても整備を行うことだ。不信任案を出してごたごたを引き起こしている暇はないはずなのだ。民主党は不毛な勢力争いをしている場合ではない。

 今は、政治的な空白を作らないことを第一に考えるべきだと、私は思う。

|

« マイケル・コリンズの高貴なクラリネット | トップページ | アトリウム弦楽四重奏団の素晴らしいベートーヴェン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私の考えていたことを大筋で考えていらしていて驚きです。

 首相を変えても、自民党が与党になっても現状は変わらないと考えていて、それは日本が幼いからです。

 問題の根底は日本文化の水準であり、現状を良くするには、国民が戦前における議会の混迷ぶりをもっと深く理解するのが第一歩ではないかと考えています。

 また日本人の意識的な家の「内、外」といった感覚と、日本語の特性についてもっと研究すべきではないかと思っています。

 現状では管政権は支持するしかないとかんがえています。

投稿: | 2011年5月30日 (月) 12時30分

あれだけ東電に嘘つかれたら、どこがやってもだいたい同じです。しかもこの非常時に不信任だして何かもしこの間におきたらどうするのでしょう。野党が与党以上に被災者のことを全然気にかけていないことにただただ唖然です。

だいたい日本でこの千年間で最大の大地震と大津波という、近代日本の誰もが経験したことのないこの大震災に対して、野党もマスコミも、口では空前絶後といってるけど、やってることは通常の災害&事件と同じモードでやっていることに気づいているのでしょうか。

管政権もズタボロですけど、まだ拙劣ながら何とかしようとしているだけマシという気がします。政府を支え、すきあらばそれ以上の力を国民にみせて存在感をみせようとするならまだしも、ただ引き摺り下ろそうというだけの野党にはほんとうに失望です。

投稿: かきのたね | 2011年5月30日 (月) 22時21分

わたしも全面的に賛成です。今回の被災の大きさと原発事故の難しさを考えると、どの政権でも五十歩百歩だったと思います。今はこの機に乗じて足を引っ張ろうとする政治家たちに、与党野党を問わず、うんざりします。ことに与党内の動きには、政治資金問題で政治生命の危機に瀕している某政治家の影が見え隠れします。

投稿: Eno | 2011年5月30日 (月) 22時38分

>過去をほじくれば、失敗はたくさんしているだろう。だが、誰がやっても失敗はある。

たしかに経験不足による失敗ならば誰にでも起こりうる事だと思いますが、一連の危機における菅の失態は明らかにリーダーシップの欠如であり能力不足でしょう。
そもそも菅の場合は国民だけでなく世界中の信任を失っていますよ。
ああいう無能な総理を存続させる事は国際的に考えても日本国においても百害あって一利なし、では?
それに確かに今だ「有事の際」ではありますが、戦争のような危機的状況はなく、あくまで震災の復興対策および原発の対応ですよね。
総理を変えるからといってすぐに問題が起きる状況ではないと思います。
復興対策も大枠が決まっていれば現地の判断で継続できるわけですし、「政治的空白」が出あろうが何も問題はないのでは?
原発の対応は東電独自の判断でやってる事ですし、政府の指示が無ければ何もやれないわけではないです。
むしろいまだ避難所に多くの人々が押し込められているひどい現状こそ菅政府の無能のせいだと思います。

そもそも震災復興も原発も一年二年で収束する見通しは難しい。
となると「今総理を変えるべきではない」というなら、2年後の衆議院の任期切れでも同じでしょう。やはり選挙なんてやってる場合じゃないのでは?
では一体「いつ」なら総理を変えていいのでしょうか?
極論をいうなら原発が小康状態になるであろう何十年後までず~と菅政権を続けるべきという事になりませんか?

>管総理を不信任にして、別の民主党のだれかが総理になっても、また同じように失敗を繰り返し、非難を浴びるだろう。そして、ますます政治空白が広まるだろう。 

もちろん先生の仰るとおり次の総理も菅と同じ位愚鈍で無能な人間の可能性は常にあります。しかし「誰が総理だって一緒」「政治空白を作るだけ」という「可能性」があるから変えても意味が無い・・・ならあらゆる選挙という行為も全く無意味じゃありませんか?
どうせ政治家なんて似たような連中だというなら、それこそ中国でも見習って官僚にぜんぶ任せてしまえばいい(笑)。

僕は今こそ民主党はもちろん自民初め野党の支持協力も取り付けられる人材をリーダーに選ぶべきだと思います。
数々の失態をし野党どころか身内からも支持の少ない菅直人はその点からしてすでに総理の資格は無いです。

投稿: k | 2011年5月31日 (火) 04時47分

コメントをいただいた皆様

 コメント、ありがとうございます。今回の意見に反響が大きかったことに驚いています。それほど、国民にとって大きな関心事だということでしょう。
 k様のおっしゃることもよくわかります。ただ、私が十分に納得のできないことがありますので、kさんには、それについて教えていただきたいと思います。
 菅総理の「失態」とよく言われますが、私も「かきのたね」さんや「Eno」さんと同じように、それほどの大失態とも思えないのです。小さな失態は数知れずあったにせよ、自民、民主の歴代総理が担当しても、それ以上のことができたとは思えません。あの未曾有の大災害、東電のとてつもない秘密主義、放射能汚染という未知の事態を前にして、きちんと対応することなど不可能に近いと思います。それとも、私の知らない大失態が具体的にあるのでしょうか。それに納得できれば、私も反対の立場に回るかもしれません。
 私は、菅総理が任期まで務め、被災者救済、経済の立て直しに全力を尽くしてほしいと思っています。戦争のような有事ではないにせよ、政治の空白ができてしまうと、支障は大きく、菅総理が続投すること以上に、世界の信頼を失うと思うからです。そして、次の総理がまた同じような失策をしたら(周囲はそれを待ち構えているわけですから、誰が総理になるにしても、きっと大失策と言われるものを犯してしまうでしょう)、ますます笑いものになるのではないでしょうか。現在のような議会制民主主義の状況では、これほど大きな有事を前にした場合、政権担当者は必然的に大失態を犯したとみなされることになると思います。
 ともあれ、菅総理の「大失態」がどれほどのものかが判断の分かれ目のように思います。
「メルトダウン」については、東電の秘密主義、そして、真偽の程の明確でない中で、すぐに発表できなかったというのは、やむを得ないと思います。津波の直後に、明確でないうちにメルトダウンを発表するべきだったかどうか、意見の分かれるところだろうとも思うのです。ただ、もちろん、もう少し前の段階でうまい発表の仕方はあっただろうとは思うのですが。

投稿: 樋口裕一 | 2011年5月31日 (火) 17時50分

>管総理の「失態」とよく言われますが、私も「かきのたね」さんや「Eno」さんと同じように、それほどの大失態とも思えないのです。

菅の失態は数え上げればキリがないですが最大の失態は原発事故後の総理自らの視察ですね。あの緊急時に人気取りのパフォーマンスをやろうとする神経がわかりませんよ。
下手をすれば本人が事故に巻き込まれていた可能性もあるんですから。
総理視察のせいでベントが中断させられたという話もあります。総理が視察などしなければ早期にベントが行われて爆発は起こらなかった可能性もあります。あくまで可能性ですが。
それに政府は原発が緊急事態と知りながら施設近くの住民の避難を事直後に行わなった事も最悪です。
結局は幸い甚大な被害にならずに済みましたが、もし多量の放射能漏れがあった場合住民達は被曝していたわけです。
これは住民を見殺しにするつもりだったのに等しい。

>小さな失態は数知れずあったにせよ、自民、民主の歴代総理が担当しても、それ以上のことができたとは思えません。

そもそも誰が総理でも同じ対応になった「だろう」から許せるとか許せないとかいう問題ではないと思います。
僕個人は民主党よりは自民党支持ですが、たとえ自民党政権であろうが菅と同じ対応をしてたら総理大臣の資格は無いと糾弾したと思います。
政治家に限らずリーダーというのは結果に責任を持つべきではないしょうか?
「未曾有の災害」が起きた時に総理大臣をやっていたのは菅が運が無かっただけだとしても、(大きいか小さいかは別としても)部下の多くの失態の責任はトップである総理が取らされるのは当たり前じゃないでしょうか?
現に東電社長は辞任しましたよね(まあ沈みかけた船から逃走しただけとも思えますが)。
最高責任者の総理大臣や政府は一切責任を取らなくていいのでしょうか?

>戦争のような有事ではないにせよ、政治の空白ができてしまうと、支障は大きく、管総理が続投すること以上に、世界の信頼を失うと思うからです。

もうとっくに世界中の信頼を失っていますよ。そして菅のような人間が続投してるようでは決して信頼回復など出来ないでしょう。

>そして、次の総理がまた同じような失策をしたら(周囲はそれを待ち構えているわけですから、誰が総理になるにしても、きっと大失策と言われるものを犯してしまうでしょう)、ますます笑いものになるのではないでしょうか。

とりあえず現状は原発も冷却が行われていますし震災の復興も順次行われています。又同じような震災や原発事故でもない限りは、同じような失策などは起こしたくても起こしようがないと思います。

そもそも菅の場合は震災原発事故対応だけでなく、それ以前から不手際の連続ですからもはや論外でしょう。
元々震災が起こらなければ、外国人献金問題で厳しく追求されていたであろう人ですから潔く自ら辞めるべきだと思います。にもかかわらずこの期に及んで権力にしがみつくなど恥知らずもいいところです。
ともかくあんな人間がトップでは野党もとても協力など出来ませんよ。
現に今回の不信任案には共産党も同調してるわけで、自民だけの攻撃ではないですからね。

投稿: k | 2011年6月 1日 (水) 19時49分

k様
コメント、ありがとうございました。
もちろん、私も積極的に菅総理を支持しているわけではありませんので、「失態」について擁護するつもりはありません。ただ、こうしたことも、菅総理の個人的な無能のせいという以上に、「政治主導」「議会制民主主義」「ポピュリズム」といった現状の必然的結果であり、頭をすげかえても同じようなことが起こると思うのです。
が、これ以上、反論は致しません。国民を二分している問題ですので、平行線をたどるだろうことはわかりきっているからです。それに、私も、いずれの形にせよ、一刻も早く被災者が救済され、日本社会が復興することを祈るばかりなのです。
ともあれ、菅総理不信任の考えをよく理解できました。ありがとうございました。

投稿: 樋口裕一 | 2011年6月 2日 (木) 07時17分

私も全く同じことを考えていました。このような意見を勇気をもって書いている方が少ないことにびっくりしていますし、直接話をした方々のほとんどが同じような意見を持っているにも関わらずその意見が全くマスコミや識者の意見として反映されていないことが、不思議を通り越して何か大きな力を感じて、少し背筋が寒い思いを感じていました。。この国の一番頼らなければならないポジションの人間を政治家やマスコミが検証もしないままに、ただただフラストレーションの捌け口のように引きずりおろそうとしている図に全く納得がいきません。管直人が素晴らしい国会運営をしているとはおもいませんが、今のやり方はあまりにも稚拙です。
私も管政権を積極的に支持していますし、今彼を引き釣りおろそうとしている大多数の政治家よりは彼が首相でよかったとおもっています。
仕事をしている人を、もっと積極的に応援しましょう。足りないところは周りの人間で補いましょう。その方がシンプルです。

投稿: J.Kurosaki | 2011年6月 8日 (水) 13時12分

J.Kurosakiさんはちゃんとニュース見てますか?
内閣不信任騒動以後の政治状況を本当に理解してますか?
もはや菅を支えるべきか支えるべきじゃないかか、という段階は終わってるのですよ。
菅内閣はすでに死に体なんです。
もはや菅以後をどうするか?という段階なのです。
菅は総理の地位にしがみつく為には嘘も詐欺も平気でする卑劣なペテン師だという事を満天下にさらしてしまった男なのです。
ことここに至って菅を支えようと思う人間は野党はもちろん民主党にもいないでしょう。
そもそも空手形とはいえ辞意表明した段階で総理としては終わってしまいました。
辞めると一度表明したら総理は終わりなんです。
ともかく今回の騒動で分かったのは、菅に微塵も幻想を抱いていなかった僕ですら想像しなかったほど彼は酷い人間なので、樋口先生も今となっては幻滅されている事でしょう。

投稿: k | 2011年6月 9日 (木) 22時13分

k様
コメントありがとうございます。私も不信任案決議案が否決された後の、管総理の態度については非常によくないと思っています。かくなるうえは、管総理はできるだけ早く辞任するしかないだろうと思います。取り返しのつかないことになってしまいました。
が、繰り返しますが、このような原因を作ってしまったのは、民主・自民の管降ろしの動きだと思っています。また、今、後継者として何人かの名前が挙がっていますが、誰が総理になっても、たとえ大連立が行われようと、混乱が深まるばかりなのではないか、そんなことなら、管総理で我慢していたほうがよかったと、後に思うようになりはしないかと危惧します。もちろん、誰かしっかりしたリーダーが出てきて混乱を収めてくれればよいのですが、期待できそうもありません。私もまた多くの人と同じように、管総理の態度を含め、現在の政治状況に絶望しています。

投稿: 樋口裕一 | 2011年6月11日 (土) 09時43分

コメントの多くもそうなのですが、本文ではできましたら「管」ではなく正しく「菅」に修正していただけますでしょうか…。皮肉で「管」と書く方もいれば、本当に誤って覚えていらっしゃる方もあり、気になって気になって…。(このコメントは消していただいても結構です)

投稿: Utayakko | 2011年6月11日 (土) 15時04分

Utayakko 様
コメントありがとうございます。
ご指摘に従いまして、私の文章については修正しました。
パソコンで「かんそうり」と打って、特に気に留めることなく、最初に出てきた変換のままにしておりました。恥ずかしい限りです。

投稿: 樋口裕一 | 2011年6月12日 (日) 00時14分

私も、菅政権を続けて欲しいと思います。
 市民運動から始まった人ですから、政界にも、財界にも、学者界にも太い人脈は少ないと思います。でも夢を持って日本を見つめていた事は、信じています。お金もないので周りは意気に感じた人が、集まっていると思います。既得権益のある人は、本当に怖いから、彼だけはやめて欲しいと思っていると思います。
 どこがどんなふうにだめかと理由が言えない人たちや、西岡議長のように感情的に全てだめなどという言葉が、まかり通るなら、なんと幼稚な議論の出来ない人たちなのかと思うのです。
冷静に考えて、誰だったらもっとちゃんとやれるというのでしょうか?彼がだめなのではなく、飴がないと動かない人たちが官邸を取り囲んでいるという事ではないでしょうか。
 

投稿: ひだまり | 2011年6月23日 (木) 20時05分

ひだまり様
コメントありがとうございます。
私は、例の不信任案とその後の騒ぎがあったからには、菅総理も辞任するしかないのではないかと思っています。もちろん、菅総理が求心力を取り戻すことができれば、それが最も良いのですが、それは難しそうです。かといって、すぐに菅総理が辞任しても、混乱が収まるはずもありません。結局、あの不信任騒ぎが、このような停滞をもたらしてしまいました。では、どうするべきなんでしょう。もちろん、私には見当もつきません。

投稿: 樋口裕一 | 2011年6月26日 (日) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/51804974

この記事へのトラックバック一覧です: 敢えて、菅政権を支持する!:

« マイケル・コリンズの高貴なクラリネット | トップページ | アトリウム弦楽四重奏団の素晴らしいベートーヴェン »