« ファウスト+メルニコフのベートーヴェン・チクルス2 | トップページ | 新国立劇場「沈黙」みごと!! »

ファウスト+メルニコフのベートーヴェン・チクルス最終日

 2月18日、王子ホールでイザベル・ファウストとアレクサンダー・メルニコフのベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏3日目を聴いた。前半に45番、後半に10番。昨日に続いて大いに感動。

 二人の「楽器による対話」がことのほか素晴らしい。それぞれの曲の緩徐楽章に特にそれを感じる。たとえば、第10番の第4楽章。変奏形式だが、それぞれの変奏で二つの楽器がまさしく対話を織りなす。スリリングでありながらも、実に親しげで温かい。まさに二つの楽器で対話し、補いあっている。やや鋭いファウストのヴァイオリンの音と、音の粒立ちが最高にきれいでありながらニュアンス豊かで柔らかいメルニコフのピアノの音が微妙にマッチする。

 第五番「春」は聴きなれた曲だが、ファウストが弾くと、まるでベートーヴェン後期の弦楽四重奏曲のような孤高の精神を描くようにきこえてきた。もちろん、第10番は、まさにベートーヴェンが最後にたどりついた自由で研ぎ澄まされた境地が二つの楽器から描き出されてきた。すごいとしか言いようがない。

 私は完全にベートーヴェンの精神の中を浮遊した。細かいところまで実に神経が行き届き、音の一つ一つが美しく、研ぎ澄まされ、全体の校正も実にしっかりしていて、文句なし。

 アンコールはシューベルトのソナチネと、何とジョン・ケージの「ノクターン」。ジョン・ケージのこの曲は初めて聴いたが、おもしろかった。何だ、わりとふつうの曲ではないかと思った。

 これで3日間にわたるファウストとメルニコフのベートーヴェン・チクルスが終了。大学の授業は終わったが、原稿などで忙しいので、かなりくたびれたが、ともあれ満足。「クロイツェル」だけちょっと不満に感じたが、ほかは期待通りの素晴らしさだった。

 ところで、今年のゴールデンウィークに有楽町の国際フォーラムで開かれるラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのプログラムが発表された。今年はロシア音楽特集なので、この方面にあまり詳しくない私は、ナントにも行かなかったし、もしかしたら、あまり楽しめないのではないかと心配していた。が、プログラムをみると、実に魅力的。行きたいコンサートが目白押し。

チャイコフスキー、プロコフィエフ、ラフマニノフの交響曲や協奏曲はもちろん、プロコフィエフやショスタコーヴィチの室内楽やロシアの宗教合唱曲を聴きまくりたいと思い始めた。やっぱりナントに行っておけばよかったと強く後悔! 多摩大学の一般入試がちょうどナントのラ・フォル・ジュルネの時期と重なるので、昨年のように公式本(「音楽によって人は輝く」)を書いたわけでもない今年は踏ん切りがつかなかったのだった。それに、来年からは責任ある仕事をすることになっているので、入試の時期には学校の仕事に専念するしかない・・・

 ともあれ、5月が楽しみだ。

|

« ファウスト+メルニコフのベートーヴェン・チクルス2 | トップページ | 新国立劇場「沈黙」みごと!! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

樋口先生 こんにちは
3日間通われたようでうらやましい限りです。しかも日を経るに従って素晴らしかったようですね。私は初日だけでしたがイザベル・ファウストとアレクサンダー・メルニコフの演奏を堪能しました。
自分が歳を取ったたせいか、最近50代60代の円熟した演奏家の演奏に共感し、また若いネマニャのようなエネルギーあふれる音に感動していますが、ファウストのような人生の絶頂にある人々の演奏は、やはり人を動かすパワーが違うと改めて感じました。
私があまりに大きな期待感を持っていたので、もうちょっとという気持ちも残ったのも事実です。3日間通う体力に自信がなかったので、買いませんでしたが、三日目も聞きたかったと残念に思っています。3日間でこのようなチクルスをやってしまう二人はやはりすごいですね。

投稿: KN | 2012年2月25日 (土) 23時19分

KN様
コメントありがとうございます。
3日連続は、私も、忙しい時期だっただけに、かなりハードに感じましたが、行ってよかったとつくづく思いました。おっしゃる通り、ファウストは最も充実した時期に差し掛かっているのかもしれませんね。確信にあふれた演奏に思えました。
これからも、この二人の演奏から目を離せなくなりそうです。

投稿: 樋口裕一 | 2012年2月27日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/54017659

この記事へのトラックバック一覧です: ファウスト+メルニコフのベートーヴェン・チクルス最終日:

« ファウスト+メルニコフのベートーヴェン・チクルス2 | トップページ | 新国立劇場「沈黙」みごと!! »