« ミランダ・キースのリサイタル、そして「アンナ・ボレーナ」と「ダナエの愛」のBD | トップページ | イザベル・ファウスト+N響のプロコフィエフの協奏曲、ド・ビリー指揮「ザ・グレート」 »

ネマニャ ファンクラブ「プレプスカ」の活動は続く! そして、重大な覚悟!!

 セルビア生まれの天才ヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチのファンクラブである「プレピスカ」(セルビア語で「交流・対話・交感」を意味する)が発足して約1年がたつ。2月11日、ファンクラブの総会を都内某所で開いた。会員は100名を超しているので、それなりの大所帯になった。私は会長ということになっているが、特になにをするでもない。ネマニャの熱狂的なファンから成る事務局の方々の献身的な活動によって、成り立っている。

 役員の選出で、これまで通り、私が会長を続けることになった。あまり活動実態のない会長だが、それなりのお役には立てるかもしれないので、ありがたく続けさせていただくことにする。

 10月と11月にネマニャは来日して、コンサートを開くので、その前後にこれまでの2回と同様、何らかのファンイベントを開く予定だ。ファンクラブの活動をもっと盛んにし、クラブを発展させていきたい。

 総会の後、食事会。10名ほどで近くの居酒屋で食事しながら談笑。とても楽しかった。

 ところで、私の状況に大きな変化が起こった。

私の勤務する多摩大学で、4月から学内の重要な委員長を務めることになった。これまで、できる限り大学内の役職には就かないように逃げまくってきたが、さすがに、そうも言っていられなくなった。覚悟を決めて、学務にあたるしかない。いつまでもわがままは言っていられない。私に能力があるかどうかあまり自信はないが、できるだけのことをしようと思う。

 よって、これまでのようにコンサート三昧はできなくなる。チケットの手配をしたので、夏のバイロイトとザルツブルクは予定通りいくが、それ以外は昨年までのようにはいかないだろう。新国立劇場のセット券も、考えた末、泣く泣く購入をあきらめた。せっかくチケットを購入していても、行けなくなることが多くなりそう。

 が、昨年、144のコンサートに行って、ちょっと行きすぎたと感じていたので、これをよい機会だと思うことにしよう。コンサート通いがまるで中毒のようになっていた。

 実は、そんなこともあって、ネマニャファンクラブの会長という役目も辞退しようかと思っていたが、なんとなく言いそびれた。今でもそれほどの仕事をしているわけではなく、まあ「お飾り」みたいなものでもあるし、それなりには「お飾り」としての役に立っているようなので、このまま続けさせていただくことにする。

 というわけで、3月までは心おきなく音楽を楽しもうと思う。いや、連休中のラ・フォル・ジュルネまでは、昨年同様に楽しみたいものだ・・・

|

« ミランダ・キースのリサイタル、そして「アンナ・ボレーナ」と「ダナエの愛」のBD | トップページ | イザベル・ファウスト+N響のプロコフィエフの協奏曲、ド・ビリー指揮「ザ・グレート」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/53960012

この記事へのトラックバック一覧です: ネマニャ ファンクラブ「プレプスカ」の活動は続く! そして、重大な覚悟!!:

« ミランダ・キースのリサイタル、そして「アンナ・ボレーナ」と「ダナエの愛」のBD | トップページ | イザベル・ファウスト+N響のプロコフィエフの協奏曲、ド・ビリー指揮「ザ・グレート」 »