« 新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」はアガ・ミコライにうっとり | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012、いよいよ始まる »

最近思ったいくつかのこと、特に愚痴

 猛烈に忙しい。このところ、仕事がらみのメールだけで一日に30通ほど入っている。そのほかに趣味としての音楽・書籍、そして友人関係のメールも加わるので、メルマガや迷惑メールをのぞいても、1日40通以上のメールが届くことになる。それについて判断したり、返事を書いたりするだけでもかなりの時間と労力を要する。そして、もちろん、メールでやり取りした仕事をこなさなければならない。しかも、私生活的にあれこれ雑用を抱えている。そうこうするうち、一日、一週間がたってしまう。

 そんな中、今日は少しだけ時間の余裕ができたので、最近起こったこと、思ったことをいくつか書きつける。

・いましがた、メールについて書いたが、そこで思い出した。そういえば、このごろ、迷惑メールがほとんど入らなくなった。私のところには、なぜか以前から「なまめかしい」迷惑メールはほとんど来たことはなく、大半が薬関係と高額商品の売り込みだった。それが、それこそ一日に30も40も来ていたが、どういうわけか、一日に1、2通程度に減った。何か原因があるのだろうか。これは私だけではなく、日本のほとんどの人の傾向なのだろうか。

・オーディオ装置の調子が悪い。かなり前から、右のスピーカーに異変を感じていた。びり付くという表現が一番正確だと思う。少し前まで、CDをかけて30分ほどするとほとんど気にならなくなっていたが、徐々に悪化してきた。私はオーディオにはほとんど無頓着な人間で、それほど本格的なものは使っていない。しかも、ほとんど知識がない。いろいろと原因が考えられるが、どうすればよいのかわからない。修理に出すのも大変だし、そもそもどの部分に問題があるのかを発見するのも難しそう。考えるだに、気が重い。

・4月24日の日刊ゲンダイの「私がハマった凄い本」というコーナーに私が登場した。10日ほど前にインタビューを受けたもの。中学生のころから大好きだったドストエフスキーの「罪と罰」の話をした。ペテルブルクで撮ってもらった写真も掲載された。その後、これを見てくれた数人から連絡があった。ある出版社の方からドストエフスキーについての本の執筆依頼があったが、もちろん私は専門知識もなく、ただ好きで少しずつ読んでいるだけなので、残念ながらお断りした。

・昨日(4月27日)、多摩センター駅近くの居酒屋(歴史上のグループ名の名前の付いた店)で多摩大学樋口ゼミの飲み会。ゼミに新たに加わった2年生を歓迎しての会だった。ゼミ生たちと楽しく語り合うことができて、とても有意義だった。が、居酒屋については大いに不満。ゼミ生たちも口々に怒りを表明していた。多くの居酒屋では、「こんなに安い値段でこんな料理を出して、元が取れるのだろうか」と心配になることがあるほどなのに、昨日の店は、「こんな値段をとって、こんなひどい食事を出して、よくぞ詐欺と言われずに成り立っているものだ」とあきれるほどだった。飲み物も水っぽくてろくに味がしない。まずくて、見かけも貧相な料理がいくつかでただけ。終わった後、空腹感と枯渇感を覚えた。何かの手違いでアルバイト店員がメインの2、3品を出し忘れたのではないかと疑うほどだった。こんな店をあるのだというのに驚いた。が、まあ学生たちと居酒屋の悪口をいうことで盛り上がることができたので、よしとしよう。(この「感動的なほどのまずさ」を人に伝えたくなったので、お店の人には申し訳ないが、このブログに書かせてもらった。)

・ラ・フォル・ジュルネが近づいている。私はロシア音楽はあまり得意ではないので、今年は昨年のようにアンバサダーとしての活動はしていないが、コンサートを聴くことはとても楽しみにしている。昨年は、東京のほか、びわ湖、鳥栖にも出かけたが、今年は大学の仕事も大変なので、東京だけにする。

「私は一体ショスタコーヴィチとプロコフィエフのどちらが好きなのか」という私以外の人にはまったく意味をなさない難問を解決するために、いくつか聴いてみようと思っている。

ショスタコーヴィチの交響曲については、あまりに素人っぽい意見なのだろうと思うが、私は5番以外は実はかなり退屈に感じる。ショスタコーヴィチはマーラーの交響曲の後継者なわけだから、これは私のマーラー嫌いと関係があるだろう。交響曲についてはプロコフィエフのほうがずっと好きだ。

ショスタコーヴィチの協奏曲や室内楽については、怨念のようなものが耳につき、聴いた後、不快な気持が残る。が、やはり心を動かされ、深く感動する。うんざりしながらも感動せずにはいられない。一方、プロコフィエフの協奏曲や室内楽は、わくわくして大好きなのだが、ショスタコーヴィチのような重苦しいメッセージがないだけに物足りなさも感じないではない。

ラ・フォル・ジュルネでこの二人の作曲家の曲をいくつか聴いた後では、私の気持ちに変化は現れるだろうか。

思いつくままに書いたら、なんだか愚痴が多くなった。ストレスの多い忙しい状況が気持ちに反映しているのかもしれない。が、忙しい分、生活が充実しているともいえるだろう。そう思って、少し仕事に精を出そう・・・

|

« 新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」はアガ・ミコライにうっとり | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012、いよいよ始まる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤフーのメールを使っているので、
ヤフーから迷惑メールが定期的に届く。
配信停止の設定をしても、新たな迷惑メールが届く。
どれも、何らかの金儲けをしようとしているものばかり。
恐らく、今までにヤフーから10件以上の迷惑メールが来た。
よくぞ、次々と金儲けの種を考えるものだと辟易する。

gooにメールがあるか知らないが、どうなのだろう。
しかし、gooブログは明らかに低脳の一般人及び詐欺師の業者の集団であるから敬遠している。

投稿: どじょう | 2012年4月28日 (土) 12時10分

 オーディオで音がびり付く件、原因はCDプレーヤー、アンプ、スピーカーのいずれかが原因だと思いますが、もしも片側の音のみがびり付くのであれば、次のようにして原因個所を特定できます。
 CDプレーヤーとアンプの間のコードを左右入れ替えてびり付きが左右で入替ればCDプレーヤー、入替なければアンプもしくはスピーカーが原因です。同様にアンプとスピーカーの間の接続コードを左右入替えることで、アンプかスピーカーかの特定ができます。
 以前、私も同様のトラブルがありアンプメーカーの人に来てもらったりして一騒動でしたが、スピーカーの後ろについている端子をドライバーで回して錆つきを取ったところあっけなく治りました。

投稿: | 2012年4月29日 (日) 12時10分

オーディオについてアドバイスを下さった方

とても有益なアドバイス、ありがとうございます。ぜひ、実行してみたいと思います。
・・・ところが、どういうわけか、ここ数日、びりつきを感じなくなりました。どういうことだろうと不思議に思っています。オーケストラのほうがびりつきを強く感じるのですが、このところ室内楽を中心に聞いていたために、あまり気にならないのかもしれません。あるいはほかの要因があるのか・・・・
いずれにしましても、今度不具合を感じましたら、おっしゃる通りにしてみようと思っています。ありがとうございました。

投稿: 樋口裕一 | 2012年5月 1日 (火) 23時35分

お久しぶりです。ご活動なによりです。

忙しい際に迷惑メールが多々入ると腹立たしいものですね。
SPAM設定をきつくすると、迷惑トレイへ自動で移行しますが、あまりきつくすると、海外からの重要なメールも迷惑トレイへ移行してしまったことがあります。加減が難しいですね。

会社で海外とのやりとりを多く行ったときには、外国からの迷惑メールが多く(時には週末に100以上も)入ったのですが、外国とやりとりをしない経理関係者などには全く入っていませんでした。何かの履歴を読み込んで、自動で送られるのでしょうか。

ところで、スピーカのびりつきの件ですが、室内楽などの場合より、シンフォニーなどで発生するのは、4管編成のオケなどでは音のレンジが広く、複雑で厚いから、時に機器が無理をすると聞いたことがあります。

投稿: 白ネコ | 2012年5月 3日 (木) 00時22分

白ネコ様
コメント、ありがとうございます。
ラ・フォル・ジュルネに紛れてしまい。ご返事が遅れました。
私のところに届く迷惑メールもほとんどが海外からのものです。日本からのものは皆無に近いほどです。
それも不思議なことの一つです。
スピーカーの件、情報をありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。実は、ラ・フォル・ジュルネから戻って、まだ一度もスピーカーを鳴らしていませんので、状況を把握しないままです。まだ、頭の中でショスタコやらプロコフィエフやらが鳴っていますからね。明日あたりから、ちょっと交響曲を聴いてみようと思っています。

投稿: 樋口裕一 | 2012年5月 8日 (火) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/54577308

この記事へのトラックバック一覧です: 最近思ったいくつかのこと、特に愚痴:

« 新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」はアガ・ミコライにうっとり | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012、いよいよ始まる »