« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 初日(5月3日) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 最終日(5月5日) »

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2日目(5月4日)

 5月4日、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2日目。またも雨模様。だが、音楽は昨日以上に充実していた。今日は9つのコンサートを聴いた。簡単に感想を記す。

 

・フェイサル・カルイの指揮、ベアルン地方ポー管弦楽団でショスタコーヴィチの交響曲第5番。

 カルイは昨年のナントで知った指揮者だが、とてもメリハリの利いた明快な指揮をする。ちょっと動きがアクロバティック過ぎて、つい指揮の動きに目が行ってしまうが、音楽もしっかりしている。あちこちで細かくいじっていたが、いずれも私にはかなり説得力があった。感動して聴いた。中学生、高校生の頃よく聴いた曲だが、改めて名曲だと思った。ただし、ショスタコーヴィチがこの曲にどのような思いを込めたのかは、やはりよくわからなかった。

 

・モディリアーニ弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第1番、そして、プラジャーク弦楽四重奏団メンバーが加わってチャイコフスキーの弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」。

 モディリアニ四重奏団はとても刺激的。チャイコフスキーまでが現代音楽のようになる。研ぎ澄まされ、鮮明。音程がしっかりして、直線的に突き刺さってくる。が、そこに独特のロマンティズムがある。私の心にはびんびんと響く。「フィレンツェの思い出」は実に名曲だと思った。チャイコフスキーは情緒にあふれているが、その背後にしっかりとした音楽性があることを改めて実感。

 

・ヴラディスラフ・チェルヌチェンコの指揮によるカペラ・サンクトペテルブルクの合唱でラフマニノフ「晩祷」。

 ア・カペラの曲。昨日の朝に聴いた団体だが、昨日は声がそろっていなかった。が、今日は実にぴったり。同じ団体と思えないほどの完成度。本当に素晴らしい。ロシアの合唱の驚異を改めて思い知る。しかも、ラフマニノフが実にいい。私は、ラフマニノフの交響曲や協奏曲はあまりに俗っぽい気がして好きになれないが、これらの合唱曲は大好きだ。と言いつつ、生で聴くのは今回が初めて。心の底から感動した。1時間ほど、ずっと無伴奏の合唱だが、まったく飽きなかった。

 

・ジャン=ジャック・カントロフの指揮、シンフォニア・ヴァルソヴィアの演奏でチャイコフスキーの組曲第4 「モーツァルティアーナ」、アダム・ラルームのピアノが加わってラフマニノフのピアノ協奏曲第1番。

 チャイコフスキーのこの曲は初めて聴いた。録音でも聴いたことがなかった。とてもおもしろかった。とくに第四曲の変奏曲は傑作。モーツァルトのメロディが魔法のようにチャイコフスキー風になる。ラフマニノフもとてもよかった。ラルームのピアノは鮮烈。輪郭がはっきりして美しい。モディリアニ弦楽四重奏団と同じような傾向。フランスの若い演奏家の傾向なのだろう。カントロフの指揮もよかったが、金管が何度かとちったのが残念。

 

・エドガー・モローのチェロ、ピエール=イヴ・オディクのピアノでアレンスキー「東方のメロディ」「哀しみの歌」、そしてラフマニノフのチェロ・ソナタ。

 1994年生まれのごく若いチェリスト。私は大いに気に入った。若いのにきわめてロマンティック。ふくよかな大きな音で朗々と歌おうとする。ちょっと一本調子なところが残っているが、歌心にあふれていて、とてもよかった。

 

・モディリアニ弦楽四重奏団によるボロディンの弦楽四重奏曲第2番とショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第1番、そしてショスタコーヴィチのポルカ「黄金時代」より

 ボロディンは実に美しかった。第三楽章の美しさは比類がない。透明で研ぎ澄まされた音で流麗に演奏される。余計な思い入れがないだけに直接的に美しさが際立つ。あまりに鮮明。

 

・マリア・ケオハネのソプラノ、リチェルカール・コンソートによる「ボリス・ゴドゥノフ宮廷の音楽」。要するに、ボリス・ゴドゥノフの時代、デンマークから音楽家たちがロシアの宮廷を訪れて演奏をしたらしい。それを再現するコンサートということのようだ。

 ダウランドやバードの名前は知っているが、ほかは知らない作曲家たち。が、ケオハネの歌が素晴らしく、フィリップ・ピエルロ他のメンバーの音楽性が素晴らしい。古楽に酔った。私は数年前のナントでこの団体の演奏を聴いて以来、発売されているCDのほとんどを購入。愛聴している。もっと知られていい団体だ。

 

・オリヴィエ・シャルリエのヴァイオリン、アンリ・ドマルケットのチェロ、エマニュエル・シュトロッセのピアノで、ショスタコーヴィチのチェロ・ソナタ、ラフマニノフのロマンス ニ短調 、「ヴォカリーズ」(ヴァイオリン・ピアノ版)、最後にラフマニノフ「悲しみの三重奏曲第1番。

 ドマルケットのチェロはショスタコーヴィチの怨念を十分に表現しているようには思えなかった。もっと激しく怨念を表現してほしいと思った。が、メリハリをつけ、ドラマティックに演奏。現代の知的なフランス人には、これ以上に激しい怨念を表現するのは難しいのかもしれない。その意味では、十分に感動的だった。シャルリエのヴァイオリンは昨日に続いて素晴らしいと思った。流麗にしてノーブル。香りが漂う。最後の三重奏は絶品。悲しみの心の声が大きく広がっていく。これこそがラフマニノフの世界なのだろう。三人の息もぴったり合って、程よい心の吐露になっていた。

 

・古典四重奏団によるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第6番と第8番。

 私は満足できなかった。まるで初めて音合わせをしているかのような音楽に聞こえた。もう少し踏み込んで独自の音楽を作ってほしい。第8番の第2楽章(だったかな? チェロ協奏曲やトリオの断片が聞こえる部分)はかなり激しくショスタコーヴィチに肉薄しているように思えたが、そのほかの部分もそれと同じほど踏み込んでほしいと思った。この団体はすべての曲を暗譜で演奏することで有名だが、暗譜にこだわるあまり、踏み込めずにいるのではないかと思わざるをえない。

 

 

|

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 初日(5月3日) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 最終日(5月5日) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/54633058

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2日目(5月4日):

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 初日(5月3日) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 最終日(5月5日) »