« 最近思ったいくつかのこと、特に愚痴 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 初日(5月3日) »

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012、いよいよ始まる

 5月2日、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが始まった。19時から東京国際フォーラムAホールで前夜祭。小林和夫氏の司会、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏の話が入ってのコンサートだった。

 まず、東京都交響楽団、小泉和裕の指揮でチャイコフスキーの「白鳥の湖」と「くるみ割り人形」から抜粋。これらの曲は小学生のころによく聞いていたので、とても懐かしい気持ちになる。

 次にビジャーク姉妹のピアノ連弾によるストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」と「春の祭典」からの抜粋。ストラヴィンスキー自身によるピアノ連弾版だという。このホールでは、ピアノ連弾はちょっとつらいと思った。あまりにホールが大きく、演奏者まで遠すぎて、親密さが生まれない。しかも、やはりこの曲はオーケストラ版のほうがおもしろいと思った。ただし、ピアノの演奏テクニックそのものは実に見事。

 そのあと、パリ室内管弦楽団、ジョゼフ・スヴェンセンの指揮でチャイコフスキーの弦楽セレナーデの第三楽章。弦の響きが柔らかく、指揮のコントロールも効いている。マルタン氏も語っていたが、とてもよいオーケストラだ。

 その後、小曽根真さんのピアノが加わって、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番の最終楽章。目の覚めるような演奏。小曽根さんらしく、かなりジャズっぽくて、軽快。ただ、最終楽章だけでは、何とも言えない。ここだけ聞くとあまりショスタコーヴィチらしくない。小曾根さんの演奏で全曲を聴いてみたいと思った。

 ところで、腰の痛みが続いている。ずっと激しく痛むわけではないが、腰が重く、時々痛みが走る。3日間のラ・フォル・ジュルネの間、なんとか激しい痛みにならなければいいが・・・。今日は明日に備えて早く寝る。

|

« 最近思ったいくつかのこと、特に愚痴 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 初日(5月3日) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/54616446

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012、いよいよ始まる:

« 最近思ったいくつかのこと、特に愚痴 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012 初日(5月3日) »