« 「バカに見える日本語」のこと、フラング+リフィッツのプロコフィエフのこと | トップページ | 樋口ゼミ主催唐木田菖蒲館コンサート大成功 »

森美代子ソプラノリサイタル

 5月20日、東京文化会館小ホールで森美代子ソプラノリサイタルを聴いた。ピアノは湯浅加奈子さん。

 森さんは、多摩大の樋口ゼミ主催のコンサートに何度か出演していただいたことのある実力派の歌手。パルテノン多摩では、夜の女王のアリアやヨハン・シュトラウスの「春の声」などコロラトゥーラのアリアを歌ってもらって、その場にいた観客をその迫力と美しさで驚かせてくれた。

 観客超満員で、わくわく感にあふれていた。

今回も、デラックアの「ヴィネラル」やドリーブの「カディスの娘たち」、アリャビエフの「夜鳴き鶯」など、コロラトゥーラの得意曲を聴かせてもらった。コロラトゥーラの歌が会場中にビンビンと響き渡った。

第二部は、中村健さんが登場。東京音大での森さんの恩師だという。中村さんは、私がクラシック音楽に目覚めた時代、テレビなどでよく拝見していた往年の大スターだ。中村さんの声を聴くのは、一昨年だったか、中山悌一一周忌特別演奏会以来。なつかしかった。

 また、CHILDHOOD(ハンドフルートの森光弘とピアノの臼田圭介さんの作っているグループ)も出演。森光弘さんは美代子さんの弟さんだとのこと。ハンドフルートというのは指をからませて鳴らすいわば手笛のこと。素朴な味わいの音でなかなか良かった。ピアノの臼田さんもしっかりと音楽を作って、実に見事。モンティの「チャルダッシュ」は超絶技巧を駆使しており、実に爽快。

 最後は再び森さんの独唱で「キャンディード」から「着飾って、きらびやかに」。とてもチャーミングでのびやかで、しかも強い歌。見事。かわいらしい外見には似合わない強くて迫力ある歌が森さんの魅力だ。実に楽しかった。多摩大学経営情報学部の久恒学部長ご夫妻も誘ったが、とても喜んでくれた。

|

« 「バカに見える日本語」のこと、フラング+リフィッツのプロコフィエフのこと | トップページ | 樋口ゼミ主催唐木田菖蒲館コンサート大成功 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

樋口先生

こんにちは
何度かラフォルジュルネの記事でカキコミさせて頂いた、とぴかです。
ネマニャのイベントでもご挨拶させて頂きました。

個別のメールアドレスを知らないので、こちらに書かせて頂きますね。


すごいフルート吹き、オペラ歌手がおりますの!
ネマニャが好きな方は、わかると思います!
魂を震わす演奏をされます♪

回し者ではないのですが、音楽を愛する樋口先生に是非と思い、連絡させて頂きます♪
西新宿でリサイタルがあるので、お知らせします。

◆ 日時  5月24日 PM7:30 〜 PM9:00
◆ 演奏者  梅澤敦子(フルート)  石橋衣里(ピアノ)
◆ 料金  5,000円
http://www.mebius-inc.jp/school/menu/flute/201205.html

◆ 日時  5月25日 PM7:30 〜 PM9:00
◆ 演奏者  大貫裕子(ソプラノ)、伊藤奈央子(ピアノ)
◆ 料金  5,000円
http://www.mebius-inc.jp

*今回 紹介で初回の方は「無料」でいいそうなのでピン! ときたら 無料ですし、ぜひご連絡下さい♪
(フルートかオペラ のいずれかが 無料になります)

投稿: とぴか | 2012年5月22日 (火) 13時57分

上記書き込みですが、不躾すぎましたね ^_^;
気持ちが先走りすぎてどうもすみません。
削除しようと思ったのですが、こちらでできないようですので
不適切でしたら、削除くださいませ。。。
失礼いたしました。

投稿: とぴか | 2012年5月23日 (水) 05時24分

とぴか様
コンサートの案内、ありがとうございます。
そうおっしゃるのでしたら、ぜひ聴いてみたいと思ったのですが、木曜日と金曜日は18時ころまで大学のゼミがあり、しかも、26日にゼミのコンサートを予定しているため、準備で忙しい状況です。
残念ですが、またの機会をお知らせていただけますでしょうか。

投稿: 樋口裕一 | 2012年5月23日 (水) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/54760034

この記事へのトラックバック一覧です: 森美代子ソプラノリサイタル:

« 「バカに見える日本語」のこと、フラング+リフィッツのプロコフィエフのこと | トップページ | 樋口ゼミ主催唐木田菖蒲館コンサート大成功 »