« 新国立劇場「タンホイザー」、少々不満 | トップページ | 三枝成彰作曲 オペラ「KAMIKAZE-神風-」のカタルシス »

ネゼ=セガン指揮、ロッテルダム・フィルの不思議なブラームス

 131日、サントリーホールで、ヤニック・ネゼ=セガン指揮、ロッテルダム・フィルの講演を聞いた。前半はシューマンの「ゲノフェーファ」序曲と、庄司紗矢香が加わってのプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番。後半はブラームスの交響曲第4番。

今日もまた猛烈に忙しいので、ごく簡単に感想を書く。

ネゼ=セガンは、昨年、ザルツブルク音楽祭で「ドン・ジョヴァンニ」を聞いて圧倒された。その後、あれこれCDを聞いてみた。フランクやサンサーンスなど、実にすばらしかった。私が若手の中で最も聞くのを楽しみにしていた指揮者だ。そんなわけで、大変楽しみにして出かけたのだった。

「ゲノフェーファ」については、私は曲自体がかなり苦手。シューマンのこの種の曲は、どうもわからない。構成が曖昧で、聞いていて気持ちが悪くなる。プロコフィエフについては、ちょっと真面目すぎると思った。もっとモダニスム風にハチャメチャにやるか、ユーモラスにやってほしいと、私は思っている。庄司さんに対しても、それほど圧倒的な力を感じなかった。ちょっと違和感を持ちつつ、後半のブラームスに期待した。

 ところが、ブラームスはもっと異質だった。

 ドイツ音楽とは思えない。ブラームスらしからぬアクセントが付き、不思議なうねりがある。伸縮自在のブラームスといった感じ。まるでフランクの曲を聴いている感じになる。しばしばネゼ=セガンはオケを煽る。盛り上がり、白熱し、音がぴしゃりと決まる。とてもよいオケだと思う。ふくよかな良い音を出している。

しかし、まったくブラームス的ではない。そういえば、昔、ミュンシュの指揮するブラームスのレコードでこのような雰囲気を感じたことがあった。不思議な感覚から抜けきらないまま、曲が終わった。アンコールはブラームスのセレナードから。これも。ブラームスとは思えない。

 今回は、私はちょっとがっかり。次には、この人の指揮する別の曲を聴きたい。

|

« 新国立劇場「タンホイザー」、少々不満 | トップページ | 三枝成彰作曲 オペラ「KAMIKAZE-神風-」のカタルシス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/56669628

この記事へのトラックバック一覧です: ネゼ=セガン指揮、ロッテルダム・フィルの不思議なブラームス:

« 新国立劇場「タンホイザー」、少々不満 | トップページ | 三枝成彰作曲 オペラ「KAMIKAZE-神風-」のカタルシス »