« 飯田みち代+笠松泰洋デュオコンサート。主催者でありながら、感動! | トップページ | ジンマン+グリモー+N響のブラームスにちょっと欲求不満 »

大雪、そしてロッシーニ「ビアンカとファッリエーロ」に驚嘆!

 本日、関東地方は大雪。神奈川県のある高校で行われる成人の日の行事で講演を行うことになっていたため、昼過ぎに出かけた。午後3時半から私の出番だったので、当初、1時過ぎに家を出る予定だったが、念のため早目に出発。すでに雪が10センチ近く積っていた。ふだんなら20分かからないところを40分近くかけて駅まで歩き、大幅に遅れた電車を乗り継いで、ようやく目的の駅に近づいて電車がスピードを落としたとき、携帯に「行事中止」の知らせが入った。

そのまま引き返した。そしてまた、大幅に遅れた電車を乗り継ぎ、20センチ近く積もった雪の中を歩いて家に帰った。

 疲れた。時間を無駄にしてしまったが、天気のせいなので、いたしかたない。今日は、多くの人が私と同じような目に会ったことだろう。

 仕事をする気にならず、半ばヤケ気味に、ロッシーニのオペラDVDを2本見た。

 

617


 1本目が「ビアンカとファッリエーロ」。これは凄い! 2005年、ペーザロ、ロッシーニ・フェスティヴァルの映像。

 ロッシーニの大傑作だと思う。私はこのDVDを購入する前、このオペラの存在を知らなかった。これほどの作品をこれまで知らなかったことを恥じる。これまで見たロッシーニのオペラ・セーリアの中では、もっとも強い感銘を受けた。とりわけ、この映像の演奏は最高に素晴らしい。全体的に実にドラマティックで、緊迫感にあふれる。最初から最後まで、ぐいぐいと引きこまれて見続けた。

 ビアンカは、父に気に染まない相手との結婚を強制されるが、それを拒否して、愛する男性ファッリエーロとともに逃げようとする。最後にはめでたしめでたしとなる。それにしても、すべての歌が実に技巧的でわくわくする。最後のビアンカのアリアなど、あまりの素晴らしさに全身が震えた。

 ビアンカのマリア・バーヨとファッリエーロ(いわゆるズボン役)のダニエラ・バルチェッローナが圧倒的。父親のフランチェスコ・メーリ、カッペリオのカルロ・レポーレも実にいい。難しい歌をやすやすと歌いこなし、張りのある声でドラマを作り出す。

 このドラマティックな音楽づくりは、レナート・パルンボの指揮とガリシア交響楽団の功績が大きいのだろう。ジャン=ルイ・マルティノーティの演出もわかりやすく、しかも美しい。

 ロッシーニは昔から大好きな作曲家だ。イタリアオペラはずっと毛嫌いしてきたが、その間もロッシーニだけはずっと愛し続けていた。とはいえ、ロッシーニがこれほど凄い作曲家だったとは! そう思わせる映像だった。

 

845


「イタリアのトルコ人」 カルロ・フェリーチェ劇場管弦楽団&合唱団 ジョナサン・ウェブ指揮 2009年

「ビアンカとファッリエーロ」に比べると、かなり感銘度は弱い。少し前に見た「アルジェのイタリア人」のDVDに比べても弱い。セリムを歌うシモーネ・アライモとフィオリッラを歌うミルト・パパタナシウ、ドン・ジェローニオを歌うブルーノ・デ・シモーネの三人はとても芸達者で歌もいい。が、ほかの歌手たちはちょっと不安定。それに、やはり音楽的に、「アルジェのイタリア人」のほうがおもしろい。とはいえ、ロッシーニのオペラブッファを十分に堪能できる。

|

« 飯田みち代+笠松泰洋デュオコンサート。主催者でありながら、感動! | トップページ | ジンマン+グリモー+N響のブラームスにちょっと欲求不満 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

樋口先生、貴重な情報ありがとうございます。
「ビアンカとファッリエーロ」は早速注文しました。この手のオペラのDVDは絶版になることがあるからです。ちなみに他人様のブログを読んで即発注したのは2回目で前回はヴェルディの「二人のフォスカリ」。日本では埋もれたオペラですが、僕はDVDを観て大感動しました。今回も楽しみにしています。
イタリアのトルコ人は「他の歌手は不安定」とありますが、たしかアントニーノ・シラグーザが出演していると思いますが、大ファンなので彼の出来映えが気になるところです。

投稿: BRIO | 2013年1月15日 (火) 00時05分

BRIO 様
コメント、ありがとうございます。
私は、「ビアンカとファッリエーロ」、圧倒的だと思ったのですが、ぜひ、ご意見をお聞かせください。私としては、これに感銘を受ける人が増えて、名作として定着し、実演を見られる機会が来ることを祈っています。
「二人のフォスカリ」は、今発売されているものですか? そんなによいのでしたら、私も次の機会に買ってみようかと思います。
「イタリアのトルコ人」、シラグーザが歌ってたんですね。頭の雰囲気が違うので、気付きませんでした。特に好きな歌手というわけではないのですが、これまで何度か聴いた経験では、とてもよい歌手だと思っています。が、今回は、私はあまり感銘をうけませんでした。最初のアリアは特に声が伸びないように思います。

投稿: 樋口裕一 | 2013年1月15日 (火) 07時31分

樋口先生
コメントこちらこそ有り難うございます。
本日、注文したDVDが届きました。
鑑賞し次第、感想を述べさせていただきます。
二人のフォスカリは、レオ・ヌッチとラ・スコーラ出演のものを見ましたが、それは絶版になっているようです。昨年、ヌッチがパルマで出演したものはDVDが出ています。
それでは今後共よろしくお願いいたします。
BRIO

投稿: BRIO | 2013年1月16日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/56543268

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪、そしてロッシーニ「ビアンカとファッリエーロ」に驚嘆!:

« 飯田みち代+笠松泰洋デュオコンサート。主催者でありながら、感動! | トップページ | ジンマン+グリモー+N響のブラームスにちょっと欲求不満 »