« 九州での3日間 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013年初日 素晴らしい演奏の連続 »

パヴェル・シュポルツルの凄まじい無伴奏

 4月26日、武蔵野市民文化会館小ホールで、パヴェル・シュポルツルの無伴奏ヴァイオリン・リサイタルを聴いた。最高の音楽だった。感激した。

 シュポルツルを初めて聴いたのは、2009年のナントのラ・フォル・ジュルネだった。曲目は今日とかなり重なる。バッハのソナタ1番と、パルティータ2番、そして、イザイのソナタ4番だった。その時もあまりの素晴らしさに驚いた。青いヴァイオリンとその音色にしびれた。そして、今日も同じ経験をした。

 完璧な音程。クリアで清潔な音。服装もジーンズ姿。気楽な雰囲気で軽々と弾く。だが、出てくる音は、まさしく正統派。ただし、少しもかしこまるところがない。研ぎ澄まされてはいるが、自由で軽やか。天衣無縫という雰囲気で気軽に弾く。誇張もなく、ひけらかしもない。ただひたすらのびのびしていて、実に気持ちがいい。だが、それだけではない。完璧な技術で弾きこなすうち、そこに自由な天空が広がる。バッハの音楽が、実に楽しく自由に響く。しかも、実に深い。

 こんなシャコンヌは聴いたことがないと思った。これまで生で聴いた中で最高のシャコンヌだったのではないかと思った。わざとらしさが少しもない。スケール大きく弾こうとしているわけでもない。感動させようともしていない。だが、あまりに美しく、あまりに自由であまりに完璧なゆえに、聴いているものは日常とは別の世界に連れ込まれる。何度か感動で全身がしびれる思いがした。

 私は、バッハの曲目を演奏した前半だけで十分だと思った。シャコンヌを聞いて、これ以上はなにも必要ないと思った。が、後半もまた素晴らしかった。

 後半は、イザイのソナタ4番と、パガニーニの24のカプリースから、5・9・13・14番。いずれも、呆れるくらいの完璧なテクニック。ひけらかすのではなく、軽やかで自由。音が実に美しい。最後に、ミルシテインのパガニーニアーナ。これも完璧。

 アンコールにバッハのガヴォット。バッハにしては親しみやすく、きっとやさしめの曲。しかし、これも自由で軽やかな境地。研ぎ澄まされ、高貴さを感じさせる。

 かなりの拍手だったが、私としては、拍手の少なさに不満。もっともっと大喝采になり、大騒動になるかと思った。それほど凄まじかった。これは大事件だと思った。今日の客はこのシュポルツルのものすごさを十分にわかってくれていないのではないかと思った。

 興奮して帰途についた。

|

« 九州での3日間 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013年初日 素晴らしい演奏の連続 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/57253770

この記事へのトラックバック一覧です: パヴェル・シュポルツルの凄まじい無伴奏:

« 九州での3日間 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013年初日 素晴らしい演奏の連続 »