« 東京春祭「ニュルンベルクのマイスタージンガー」大いに感動 | トップページ | ゴムツィアコフの無伴奏チェロ、そして山本裕康リサイタルのこと »

METライブビューイング「パルシファル」 期待以上の物凄さ!

 銀座の東劇でMETライブビューイング「パルシファル」を見てきた(私はふだん「パルファル」と呼ぶのだが、提供者側の表記に合わせる)。さすが、ニューヨーク・メトロポリタン。最高の才能を集めている。

 呼び物は何と言ってもパルシファルをうたうヨナス・カウフマン。これはもう歴代のパルシファル歌手を間違いなく凌駕すると思う。第二幕のクンドリとのキスの後の歌は言葉をなくすほどの迫真力。感動で身体が震えた。これぞ理想のパルシファル! アンフォルタスのペーター・マッテイも素晴らしい歌唱。グルネマンツのルネ・パーペ、クンドリのカタリーナ・ダライマン、クリングゾルのエフゲニ・ニキティン(これまで、ニキーチンと表記してきたかもしれない)も、本当に素晴らしい。それぞれの歌手が最高の歌唱を繰り広げる。

 第一幕は実はちょっと退屈だった。動きのない演出。バイロイトの演出のようにあれこれと意味不明なことをするわけではないので音楽に集中できるとはいえ、これで二時間は少しつらかった。歌手たちは抑え気味だったのかもしれない。が、第二幕からは、ぐいぐいと引き込まれていった。第三幕など、随所で感動に身を震わせた。ただ、4時間半かかるオペラなのに、完全な休憩は合計で25分くらいしかない。前日に上野の文化会館で「マイスタージンガー」を見たばかりということもあって、終わった時にはへとへと。

 指揮はダニエレ・ガッティ。いつの間にか、最高の「パルシファル」指揮者になっていた! もちろん、ドラマティックに押しまくるわけではない。精妙に、そして神秘的に。要所要所をジワリジワリと盛り上げる。ワーグナー特有の不思議な色気もあり、実にすばらしい。第一幕の間は私はあまり音楽に乗れなかったが、第二幕以降は音の表現に心を奪われた。

 演出はフランソワ・ジラール。近未来に時代設定をしている。モンサルヴァットの人々は黒いズボンに白いワイシャツという姿。第二幕は登場人物全員が、舞台上に張られた血の海で演技をする。登場人物たちの服は血で汚れる。血は業としての生命の象徴だろう。人間であるからには、性欲を持ち、生きる意欲を持ち、業にまみれながら生きるしかない。クンドリもクリングゾルもパルシファルも同じように業にまみれる。そのなかで、愚かで純粋なパルシファルだけが、業を理解しながらもそこから身を離すことができる。

 第三幕では、モンサルヴァットは廃墟のようになっている。まるで一幅の絵画のような情景。美術には詳しくないが、ゴヤの絵にこのような情景があったような気がする。ともかく、実に美しい。光に満たされて終わりを迎えるが、まだまだ暗雲が垂れこめている。希望を持ちながらも苦難があることを象徴しているのかもしれない。バイロイトの演出のように舞台上に「意味」が充満するわけではない。だが、舞台が実に美しく、しかもしっかりとメッセージを伝えている。これこそが、あるべき現代演出の一つの姿だと思った。

 手元には、注文していたヤノフスキ指揮のワーグナーのCDがどっさり届いている。が、すでにワーグナーで満腹気味。ヤノフスキのワーグナーを聴くのは、少し休憩してからにしよう。

 

|

« 東京春祭「ニュルンベルクのマイスタージンガー」大いに感動 | トップページ | ゴムツィアコフの無伴奏チェロ、そして山本裕康リサイタルのこと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつも樋口さんのブログを楽しみに読ませていただいております。メットライブビューイング、パルシファルのカウフマンを聴きに行きたいとおもいつつも、長時間にちょっと尻込みでした。樋口さんの解説で心の準備をして臨めばいけそうな予感です。今年は、ワーグナーヴェルディですが、風の丘はベッリーニカプモンです。でも、かなり面白いはず、ワーグナーの気分転換にいかがでしょうか(#^.^#)宣伝を失礼しました。岩田氏のベッリーニを樋口さんでしたらどのようにご覧になるか、伺ってみたかったもので。また宜しくお願い致します(^^)/

投稿: 風の丘mimi | 2013年4月 9日 (火) 11時28分

風の丘mimi様
コメント、ありがとうございます。
風の丘の活動につきましては、いつも興味深く拝見しています。一度、伺おうとして別件が入ってしまいましたが、近いうちにぜひとも見せていただきたいと思っています。ベッリーニのカプモンも、時間さえ取れれば行きたいのですが、すでに予定で埋まっています。残念です。
「パルシファル」は御覧になることをお勧めします。私にとっては最上の時間でした。

投稿: | 2013年4月10日 (水) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/57136495

この記事へのトラックバック一覧です: METライブビューイング「パルシファル」 期待以上の物凄さ!:

« 東京春祭「ニュルンベルクのマイスタージンガー」大いに感動 | トップページ | ゴムツィアコフの無伴奏チェロ、そして山本裕康リサイタルのこと »