« クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンのコンサート | トップページ | 最近聴いたCD、見たDVD、BD ティーレマン「アリアドネ」など »

山本裕康バッハ無伴奏チェロ組曲連続演奏 最終回も素晴らしかった

 6月22日、九段下の寺島文庫ビルのみねるばの森カフェで、多摩大学樋口ゼミ主催により山本裕康バッハ無伴奏チェロ組曲連続演奏の最終回を開いた。第4番と第3番。

 これまでの2回も素晴らしかったが、今回もそれに劣らない。

 内に秘めた情熱がひしひしと伝わってくる演奏。気取りも衒いも背伸びもない、まさに地に足をつけた演奏。しかし、音楽に対する真摯な思いが伝わってくる。抑制されたな情熱がチェロを伝わって、聴く者の心の中に広がっていく。山本さんの人柄が伝わってくる。同時に、バッハの偉大さをつくづく感じる。これこそがこの曲の醍醐味だと思う。まるで、自分の中の心のつぶやきを聞いているかのよう。

 第4番のサラバンドあたりから、じわじわと感動が押し寄せてきた。後半の第3番では涙が出てきた。第3番のブーレとジークはまさしく至高の芸術。祈り、高揚し、高みに達する。

 ゼミ生もしっかりと対応してくれた。このようなリサイタルを運営し、しかもこのような音楽を間近で聞くことは、これから生きていくうえでの最高の体験になるだろう。

 バッハの無伴奏チェロ組曲のリサイタルを私たちのゼミが企画し、実現するのが夢だった。山本さんのおかげで最高の形で夢がかなった。これからも多摩大学の寺島学長の経営するこのカフェでこのような無伴奏のリサイタルを続けたい。

 もっとこのリサイタルについて書きたいが、疲れ切った。大学の仕事や原稿を書く仕事で毎日が忙しい。ブログを書く精神的余裕もない。そろそろ寝て、明日に備えなくては・・・

|

« クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンのコンサート | トップページ | 最近聴いたCD、見たDVD、BD ティーレマン「アリアドネ」など »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 樋口様のご感想の通り、昨夜の無伴奏チェロ組曲最終回は聴く人に大きな感動をもたらしました。前2回の演奏も素晴らしいものでしたが、昨日はそれをさらに越えるチェロの響きに酔いしれました。まさに胸をえぐられるような思いです。とりわけ第3番の地を這うようなチェロの響きは本当に凄かったですね。渾身の演奏後も何もなかったようにごく自然に話しかける山本氏の人柄にも魅かれました。
 アンコールの3曲も含めバッハの偉大さを再確認した一夜でした。
ゼミの学生さんにとっても樋口教授の下でのこの経験は貴重な財産になるでしょう。有難うございました。

投稿: ksato | 2013年6月23日 (日) 09時10分

素敵な演奏会を企画して下さった樋口先生とゼミ生の皆さんに感謝です!
裕康さんのバッハ無伴奏全曲を聴ける機会はなかなか無いので、貴重な3夜となりました。
またこのような企画がありましたら、是非お知らせ下さい。

投稿: 月猫 | 2013年6月23日 (日) 13時46分

KSATO様
コメント、ありがとうございます。
全3回を終え、多くの方に心の底から感動していただけたこと、大変うれしく思っています。もちろん、これはすべて山本さんの音楽の力によるのですが、それに学生とともにかかわれたこと、言いようのないうれしさを覚えます。
これからも、山本さんを中心に、このような活動を続けさせていただきたいと思っています。どうかよろしくお願いいたします。

投稿: | 2013年6月25日 (火) 07時30分

月猫様
コメント、ありがとうございます。そして、コンサートにおいでいただきまして、ありがとうございます。
ブログを拝見いたしました。コンサートの様子を改めて思いだしました。30数人の和気あいあいとした会場で、間近のチェロを聞く楽しみ。これこそ山本さんの音楽、そしてお人柄にぴったりの演奏形式だと思います。
これからも魅力的な企画をしたいと考えています。どうかよろしくお願いいたします。

投稿: | 2013年6月25日 (火) 07時36分

樋口先生、本当にありがとうございました。
デュオやトリオの演奏会の中で、山本さんの無伴奏を聴くことは今までもありましたが、これだけ濃密な空間で山本さんの音だけと向き合えたのは初めてです。本当に感謝です。

今年の春、神奈フィルで山本さんが座長?を務められた「オーケストラワンダーランド」というイベントがありました。その中に「音楽のヒミツ講座」というのがあり、素晴らしかったのです!子供さん向けイベントかと思って、なんとなくひとりでこっそり行ってしまったことを悔やみました。こういうものこそ、色んな人に見て聴いてもらいたい、と心底思いました。
もし次の機会がありましたら、山本さんのあんな感じのレクチャー付きコンサートを是非、なんて期待しています。

投稿: hirata | 2013年6月25日 (火) 13時53分

hirata様
コメントありがとうございます。
実は、みねるばの森だけでなく、ほかの場所でも、山本さんにお願いしてコンサートを開こうという企画がゼミ生から出ています。ぜひ実現させたいと思っています。
実現しましたら、ぜひおいでください。

投稿: | 2013年6月27日 (木) 00時06分

樋口様

山本さんのバッハ無伴奏は、本当に素敵でした。
最前列のかぶりつきで、目の前で聴ける至福に酔いました。4番は改めて難曲だと実感しました。そして3番の見事な完成度と熱気は、このシリーズを締めくくるにふさわしい名演でした。
ありがとうございました。

投稿: 澁谷 | 2013年6月27日 (木) 20時07分

澁谷 様
コメントありがとうございます。
第3番は、正真正銘の名演奏だったと思います。
ぜひまた山本さんのバッハの無伴奏曲の演奏を聴きたいと思いました。可能であれば、また全曲演奏を企画したいものです。

投稿: 樋口裕一 | 2013年6月29日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/57646114

この記事へのトラックバック一覧です: 山本裕康バッハ無伴奏チェロ組曲連続演奏 最終回も素晴らしかった:

« クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンのコンサート | トップページ | 最近聴いたCD、見たDVD、BD ティーレマン「アリアドネ」など »