« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

バイロイト音楽祭「さまよえるオランダ人」NHK放送を見た

 本日未明、NHK-BSで今年のバイロイト音楽祭「さまよえるオランダ人」が放送された。昨年、私がバイロイトで見て大いに感動したのと同じプロダクションによるものだ。

 昨年の感想については、上演を見た直後、バイロイトでブログに書いた(http://yuichi-higuchi.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-976b.html 演奏も素晴らしかったし、グローガーの演出も斬新だった。演出のメッセージを一言でいえば、「デジタル社会に資本主義からの脱出を託して、そこに前近代的な人間性を求めようとしても無駄だ。すべて資本主義にからめとられてしまう」というものだった。それをワーグナーの音楽の中にある前近代への憧れを求める現在のワグネリアンへの一つの批判として描いていた。

 そして、今年の上演の映像を録画して少し見てみた。

 昨年とやや雰囲気が異なる。まず、ゼンタ役が交代になっている。昨年はアドリアーネ・ピエチョンカだったが、今年はリカルダ・メルベト(このブログではこれまでメルベートと呼んできたはずだ)。ピエチョンカはもっと透明な声で清楚な雰囲気だったが、メルベトはもっと声が厚い。こちらのほうが演出意図にあっているといえるだろう。ただ、今回の映像では声が不安定。とても良い歌手なのだが、少し緊張していたのか、あるいは不調だったのか。私は昨年のピエチョンカのほうがずっと良かったと思う。

 もっと目立つ昨年との違いは演出だ。ゼンタが黒い羽根を付けているのにびっくり。昨年も羽根を付けていたが、それはボール紙で作ったというのがありありとわかるもので、むしろ「前工業社会」を象徴するものに見えた。ところが、今回は黒の色が付いており、もっと本格的な羽だ。まさしく黒天使に見える。しかも、昨年はゼンタは真っ赤な服を着ていたが、今年は黒。

 一言でいえば、昨年は「前近代」と「資本主義・工業社会」の対立だったものが、今年は「黒い悪魔的なもの」と「俗世」の対立に変わっている。もちろん、これこそがワーグナーが台本を書き作曲した「さまよえるオランダ人」の本来のテーマだ(これについては拙著「ヴァーグナー ヨーロッパ近代の終焉」春秋社をごらんいただきたい)。少し、ワーグナーが本来持っているテーマに戻しつつあると感じた。

 最後、ダーラントの扇風機工場では、オランダ人とゼンタの像を売り出そうとする。それは昨年の演出と同じだが、ここで注意するべきなのは、今年の演出では、売り出そうとする像の中のゼンタの羽は黒ではないということだ。「悪魔的行為であったオランダ人とゼンタの入水も、資本主義社会にからめとられて、天使的な善の行為にされてしまう」ということになる。

 というわけで、少し変更になった今年の「さまよえるオランダ人」演出のなかに私は「デジタル社会に偽善的な資本主義からの脱出の夢を託して、人間のどす黒い悪魔的部分の解放を求めようとしても無駄だ。すべて資本主義にからめとられて、偽善の材料にされてしまう」というメッセージを読み取った。

 私は本来、読み替え演出は大嫌いだ。ネズミの出てくるノイエルフェルウ演出の「ローエングリン」、ヴェヌスの胎内を工場に見立てて子供の誕生の物語にしてしまったバウムガルテン演出の「タンホイザー」、ワーグナーを出汁に使ってドイツ近代史を舞台上で展開したヘルハイム演出の「パルジファル」のいずれも許しがたいと思っている。が、このグローガーの演出は、ワーグナーが「オランダ人」の中に込めようとしたものを現代化して見せてくれる。これは読み替えではないと私は思う。

 とはいえ、やはり「さまよえるオランダ人」は、ほかの作曲家のオペラに比べればもちろん素晴らしいが、その後のワーグナーの作品と比べると、音楽的に格段の差があるのを感じる。ワーグナーがバイロイト祝祭劇場を造ったとき、「オランダ人」も上演しないでおくつもりだったというのもわからないでもない。昨年のバイロイト音楽祭で、音楽的に充実しているほかの歌劇・楽劇の演出がいずれも突飛なものであり、最も感動したのがこの「オランダ人」だったことを思い出して、改めて残念な気持ちになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この10日間

 

 シベリア旅行から帰ってまだ10日くらいしかたっていないが、もう遠い昔のことのように感じる。その後もあれこれと仕事をし、あちこちに足を運び、原稿がはかどらずに頭を抱えていた。近況を少し記しておく。

 ・8月17日 池袋の自由学園明日館でネマニャ・ラドゥロヴィチのファンクラブ・プレピスカの第4回総会が開かれた(私はセルビア出身の驚異のヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチのファンクラブの会長をしている)。出席者はあまり多くなかったが、実質的な話が進んだ。事務局の都合で様々な業務が停滞してしまったことをお詫びしたのち、10月のネマニャの来日に合わせて開催する予定のイベントについて出席者で話し合った。まだ様々な不確定要素があるので、具体的には決定できないが、何とか多くの会員の参加していただき、ネマニャ本人にも喜んでもらえるイベントを開催したい。 

・8月20日 多摩大学経営情報学部チェレンジAO入試1期の面談。優秀な受験生がたくさん来てくれた。

 

・8月21日 午前中に家を出て、福岡空港を経由して、大分県日田市にある実家に帰った。久しぶりに90歳に近い両親と夕食。親戚が実家に2週間ほど泊まっていたとのことで、母はいつになく疲労の様子だった。喜んでくれたが、疲れさせてはいけないと考え、夕食後、さっさと寝た。両親は買い物に苦労している様子。日田市の市役所に「咸宜園を世界遺産に」という張り紙があったが、咸宜園は日田では知らぬ者のない施設だが、全国的には知名度が高いわけではない。このような歴史施設が世界遺産になる可能性はゼロに近いだろう。そんなことにお金を使うよりは、日田市役所は、買い物難民対策を本気に考えてほしいと思った。うちの両親は日田駅から徒歩5分くらいの所に住み、手伝ってくれる人も何人かいる。それでも買い物に困っている。もっと不便な場所に住む身寄りのない高齢者はもっと困っているだろう。全国的に本格的に取り組む必要があると改めて思った。

 

・8月22日 午前中に実家を出て、バスで福岡市へ。ホテルで少しだけ原稿を書いて、その後、市内の和食の店で「まなびや 九州協議会」に参加。「まなびや」というのは、静岡市にある城南静岡高校を始め、いくつかの高校が教育の一環として主催するネットによるショッピングモールだ。高校生が自主的に商品開発をし、売り込みをし、HPの作成をしている。実は数年前、城南静岡高校の生徒が多摩大学経営情報学部に入学したことで、この試みを知り、私たちにも何か力になれることはないか、学べることはないかと考え、私たち多摩大学の教職員は「まなびや」の様々な会合に参加している。今回、福岡に足を延ばしたのはそれが目的だった(ついでに、実家に寄らせてもらった)。すでに「まなびや」を始めている高校の先生、これから始める学校の先生とも意見を交換。大変有意義だった。

 

・8月23日  午前9時の便で東京へ。そのまま帰宅。その後、自宅で仕事。父から電話で日田市に住む従兄の死を知らされた。肝臓の病気が重いとは聞いていたが、そんなにすぐにこんなことになるとは思っていなかった。無口な従兄だったので、あまり話をする機会はなかったが、子どものころにはよく遊んだ。合掌。

 

・8月24日  私が塾長を務める白藍塾の「小学生作文教室・夏休み親子セミナー」がアルカディア市ヶ谷で開かれた。和田社長の白藍塾についての説明の後、私は保護者向けに、小学生の書く力をつけるための方法などについて講演。隣の部屋では、白藍塾の柚木利志講師が指導、菅野みゆき、大畑綾子の二人の講師が補佐して、子どもたちに作文を書いてもらう学習会が開かれた。どちらの部屋もとても活気があった。子どもたちが喜んで作文を書いている様子が伝わってきた。これはとてもうれしいことだ。私の作文指導も、基本は楽しんで書くこと。保護者の方も熱心に質問をしてくださり、充実した集まりだった。参加してくださった方々に満足してもらえたと確信する。

 

 これから先もこのような感じ。来週は2度講演(広島と横浜)、テレビ収録もオープンキャンパスも予定されている。夏休みらしいことは何もできずにいる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウラジオストクから猛暑の日本に帰ってきた

 8月13日、午前中、ハバロフスクのホテルを出て、ウスペンスキー教会を皮切りに、市内観光。栄光広場、スパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂、中央市場などを見た後、アムール川を1時間ほどクルーズ。

 ツアーに参加しているので、楽といえば楽。一番気に入ったのは、スパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂だった。ミサが行われていた。ギリシャ正教の歌がすばらしかった。録音かと思ったが、どうやら実際に歌っていたようだ。何よりもバスの声が素晴らしい。そこにソプラノが重なって得も言われぬ浄化された宗教美を作り出す。数年前、モスクワの教会で同じようなミサを聞いて感動したのを思い出した。もう少し聞いていたかったが、ツアーの悲しさで、集合時間になってしまった。

Img_4889


 いったんホテルに戻って一休みし、もう一度アムール川をホテルの窓から見た。

ホテルを出て、夕食を終え、いよいよシベリア鉄道オケアン号に乗車して、ウラジオストクに向かう。21時10分発。同じツアーに単身で参加している男性と2人で4人部屋を使った。私よりも少し年下に見える知的な紳士で年期の入った鉄道マニアだという。

 ハバロフスクは22時ころまで明るい。1時間ほど、窓辺から外の風景を味わった。ずっと森が続き、ところどころに道路の見え、車が通る。住宅の明かりがポツリポツリと見えてくる。

 夜になって、外は真っ暗になった。同室の男性と話した。実に楽しい時間を過ごすことができた。違う分野の人と話をすると視野が広まって楽しい。

 が、外は真っ暗ですることもないので、2段ベッドで寝た。なかなか快適。ぐっすり眠った。

Img_4899


14日朝、6時に目を覚まし、明るくなった外を見た。相変わらず、同じような風景が続く。森がしばらく続き、少し人家が見えるようになって駅が近づき、再び、森になる。

Img_4906


 こうして、ウラジオストクに到着する30分ほど前からだんだんと人家が増え、マンションが見え、人家が立て込んできた。そうして、ついに到着。

Img_4925


 ハバロフスク駅では撮影禁止だったので、ウラジオストクで列車の写真を撮った。

 そのままバスでウラジオストクを見物。ウラジオストクは軍港の町。昨年、APECが開催されたのを機会に施設も整い、人口も増えているという。

 午後、成田へ帰途に着いた。ウラジオストクも異常な暑さだということだったが、25度前後だっただろう。成田に着いたら、35度近く。身体にこたえる・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハバロフスクに来ている

 大学の入試委員の仕事のためになかなか休みが取れない。お盆中だけでもしばしの間、仕事から解放されたいと思って、2泊3日シベリアの旅というツアーに申し込んだ。初日、ハバロフスク、翌日、シベリア鉄道に乗ってウラジオストクに移動。そのまま帰国という日程。

 私はかなり鉄道が好きだ。マニアというほどではないが、これまでヨーロッパのあちこちを列車で回ったし、北インド、東南アジア(バンコク~ビエンチャン、バンコク~シンガポール)も列車を使って旅行した。シベリア鉄道に乗ってみたいと数十年も前から思っていた。これを機会に乗ってみようと思いたった。この時期にこの期間の旅行であれば、大学の仕事に支障はないだろうと思った。ところが、初めからトラブル続出。

 リムジンバスで成田に向かおうと思っていたが、朝のテレビを見ると、今日もあちこちで渋滞が予想されているらしい。これはまずいと思って、あわててJRの駅に行き、新宿からの成田エクスプレスを予約した。やっと新宿に着いたら、大崎駅で信号故障があったとかで列車が動かない。1時間くらい待ってやっと発車。まあとりあえず、よかった。

 飛行機は順調だったが、早速ハバロフスクに着いてメールを確認したら、大学からメールで、どうも今の時期、日本を離れるのはまずかったようだと気付いた。とはいえ、かくなるうえは楽しむしかない。

 到着したのが夕方なので、まだハバロフスクは何も見ていない。空港とホテルの間を移動しただけ。

 実は予備知識なしにやってきた。飛行機からずっと緑の大地が見えていたが、ハバロフスクに近づくと広大な沼地が見え始めてびっくり。アムール川が近くにあることは知っていたが、これほど水の多い町とは知らなかった。

 国際都市というにはかなり寂れた感じの町だ。数年前に訪れたとき、モスクワやサンクト・ペテルスブルクはすでに東側という雰囲気はそれほど強く残っていなかった。社会主義時代らしい建物はあったが、それ以上に新しい建物が目立った。ところが、ここハバロフスクはごつい、いかにも機能性の悪そうなビルが目立つ。80年代、まだ壁のある時代に東ヨーロッパを回ったころを思い出す。が、逆にいえば、旅行者としては、旅の情緒がある。

 ホテルの窓からアムール川が見える。夕暮れのアムール川は実に美しい。地方都市なので、余計なビルがなく、ロシアらしく広大。手前には緑に林が広がっている。キャンプ場になっているのか、人の声が聞こえる。その向こうにアムール川がゆったりと流れている。

 温度はシベリアと聞いて予想するのとは違って、かなり高い。昼間は30度近くあるという。夕方は26、7度といったところか。夜には15度くらいになるらしい。

 明日は念願のシベリア鉄道。楽しむことにしよう。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

多摩大学オープンキャンパス 岡田博美ピアノリサイタルのお知らせ

Photo


 以前にこのブログに書いたが、
929日(日)、多摩大学多摩キャンパスにて、岡田博美のピアノリサイタルを開く。曲目などが明確になったので、ここにあらためて書かせていただく。

多摩大学樋口ゼミでは、クラシック音楽を多摩地区に、そして全国に広める活動をしている。その一環として、オープンキャンパスにてピアニストの岡田博美さんにおいでいただき、特別リサイタルを開くことになった。

岡田さんは、言うまでもなく世界で活躍する大ピアニストだ。驚くべきテクニックと繊細で透明な音で魔法の世界を作り出す。ロンドン在住のため、日本ではあまり演奏していないが、今回は、縁あって特別に多摩大学で演奏してくれることになった。しかも、オープンキャンパスの一環なので、入場料無料。もちろん、一般の方の入場大歓迎。多くの方においでいただきたい。

あの岡田さんに演奏していただけることに、私も大いに感動している。ショパンやシューマンの親しみやすい有名曲のほか、リスト編曲の超絶技巧の曲も演奏される。きっと多くの方に感動をもたらすだろう。

 

場所 多摩大学多摩キャンパス 101教室

(京王線聖蹟桜ヶ丘、京王線永山・小田急線永山よりバス15分)

時間 16~17時 (15時過ぎから、プレトークなど)

曲目 

 ショパン プレリュードop45 

      ワルツ 作品34―3 ねこのワルツ 

      ワルツ 作品64 -1 小犬のワルツ

      バラード 第3 作品47

シューマン 森の情景(全9曲) 

 ヴェルディ (リスト編曲)  リゴレット・パラフレーズ

ワーグナー (リスト編曲) タンホイザー序曲 

入場料 無料

問合せ先 植松 盛樹 travel425@gmail.com

     または、本ブログへのコメントでも

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二期会「ホフマン物語」に大満足

8月3日、新国立劇場で二期会による「ホフマン物語」を見た。とてもよかった。

オッフェンバックは大好きな作曲家の一人だ。「地獄のオルフェウス」「美しきエレーヌ」「パリの生活」「ラ・ペリコール」などのオペレッタは実に爽快。「ホフマン物語」についても、クリュイタンスが指揮し、シュヴァルツコップがジュリエッタを歌ったLPの時代から楽しんできた。ただ、オッフェンバックがこのオペラをどの程度まじめに書いているのかいつも疑問に思ってきた。生真面目に作曲しているとは思えない個所がいくつもあるが、かといっておふざけとも思えない。どの程度、まじめなのか、つかみどころがない。このオペラを見るとき、いつもその点に迷ってしまう。逆にいえば、それがこのオペラの魅力だともいえるかもしれない。

歌手については、ホフマンの福井敬、ニクラウスの加納悦子、ジュリエッタの佐々木典子がとりわけ素晴らしかった。福井については、最後の最後で少し声が裏返ったが、出ずっぱりのこの役でそのくらいの事故はやむを得ないだろう。舞台全体を圧する声。日本人離れしている。

そのほか、オランピアの安井陽子、アントニアの木下美穂子もとてもよかった。二人とも歌いだしでちょっと音程の不安定さを感じたが、だんだんと安定してきて、最後はとても感動的だった。スパランツァーニの吉田伸昭、クレスペルの斉木健詞、フランツの大川信之などのわき役もしっかりしていた。日本のオペラ界のレベルの高さを改めて痛感。合唱も見事。

ただ、日本人の歌うフランスもののオペラを見ていつも思うのだが、どうも全体的にフランス語の発音があまりフランス語っぽくない。だから、フランスの雰囲気が出ない。今回もそれを感じた。日本人にとってフランス語というのはとても難しいのだと思う。とはいえ、今の日本人でできる最高レベルの歌唱であることは間違いない。

指揮はミシェル・プラッソン、オケは東京フィル。プラッソンは好きな指揮者の一人でかなりの数のCDを持っている。とりわけ、フランス・オペラに関しては、第一人者だと思っている。が、今回は第1幕でちょっと弛緩している部分を感じた。フランスっぽくない歌とフランス的に鳴ろうとするオケとの間の齟齬とでもいおうか。

演出は粟國淳。本格的な舞台装置で、色づかいも美しく、 実にすばらしい。見ただけで、ホフマンとリンドルフ(コッペリウス、ミラクル博士など)の対立がわかり、不思議な雰囲気が伝わる。オランピアのエピソードも程よく滑稽で程よく奇怪。オペラ演出はこうであってほしい。

世界最高の舞台とはいえないかもしれないが、十分に世界に通用する舞台だと思う。これからももっとオッフェンバックのオペラやオペレッタを上演してほしいと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »