« デュヴィヴィエ監督の2本の映画と日本ワーグナー協会賞のこと | トップページ |  沼尻「ワルキューレ」に大感動! »

京都5日目

 9月9日(月)から京都産業大学で集中講義のために8日(日)の夜に京都に移動してきた。日記風にまとめておく。

 

8日 京都に到着してすぐ、新阪急ホテルの京料理の店、美濃吉で夕食。いつものように「鴨川」を注文。今日の白味噌仕立てと奥丹波鶏の朴葉焼きが絶品。

9日 なじみのホテルに泊まっている。値段は驚くほど安く、しかもフランスの2つ星か3つ星のホテルの雰囲気なので、とても気に入っている。昔、フランス貧乏旅行をしているころ、ふだんはホテルと言えないようなホテルを泊まり歩いていたので、このような雰囲気のホテルに泊まると、本当にうれしかった。授業の後、ホテルのレストランで、京産大の世話になっている教授と会食。意見交換。ただし、私は彼の研究成果を感心して聴くばかり。

10日 バイロイト音楽祭をともにした古くからの友人(ほとんど全員が70歳を越している)たちとシェモアというフランス料理の店で会食。音楽談義。私の日程に合わせて集まってくれた。本当に音楽を愛する人たち。この方たちと話していると、私の音楽に対する興味がかなり文学・哲学に偏っているのを感じる。音楽そのものを愛するというよりも、ついあれこれ理屈を言いたくなる自分を改めて発見。

11日 一応パソコンを持ち歩いて、時間を見つけては原稿を書いているが、ホテルに戻ると疲れきって仕事がはかどらない。あちこちからの仕事のメールが届いており、その中には頭の痛い問題も含まれるので、原稿に専念できない。そんなこんなで、気分転換に映画を見ようと決心。が、見たいと思っていた映画はすべて早い時間帯に終わっている。1本だけ夜の回があるのを見つけて出かけたが、途中でめげた。かなりの疲れを感じた。軽く食事を済ませてホテルに戻って、ゆっくり休憩することにした。マッサージを頼んだが、久しぶりに相性の良くないマッサージ師さんだった。私は毎週のようにマッサージを受け、このごろ、マッサージ師さんのレベルがかなり上がったと感じているが、この日はまったく効き目を感じず。力を入れて揉んでくれているようだが、「そこそこ!」と思う箇所からことごとく外れている。途中で我慢できなくなって、揉んでくほしいところを指示したが、それでも改善されず。無駄金を使ってしまった。

12日 疲れがピーク。大学からの帰りに、早めの夕食を済ませて、ホテルに戻ってゆっくりしている。原稿を書きたくなる気持ちになるのを待っているが、なかなか気分が高まらない。5年くらい前まで、頭の中で文章が動き出して、書かずにはいられない気持ちになったものだが、このごろは気分を奮い立たせ、気分が乗るのを待ちに待って、やっとちょっとだけエンジンがかかってくる。はてさて、今日はエンジンがかかるのだろうか・・・

 

追記

 11日の夜、マッサージの相性が悪かったので、腹立ちまぎれにテレビをつけたらドラマWOMANの最終回が始まったところだった。ふだん、私は連続ドラマを見るほうではないのだが、実は私は隠れた満島ひかりファン(映画「悪人」でその演技力に驚いた)なので、これは何となく気になって自宅でもちょこちょことみていた。あまりの不幸続き、あまりにドラマティックな展開にウンザリしながらも、演出の冴え、台詞のすばらしさ、そして、満島ひかり、田中裕子、小林薫、そして子役の二人の演技力にひかれて見続けていた。涙を流しながら最後まで見た。

|

« デュヴィヴィエ監督の2本の映画と日本ワーグナー協会賞のこと | トップページ |  沼尻「ワルキューレ」に大感動! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/58180142

この記事へのトラックバック一覧です: 京都5日目:

« デュヴィヴィエ監督の2本の映画と日本ワーグナー協会賞のこと | トップページ |  沼尻「ワルキューレ」に大感動! »