« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

ネマニャ・ラドゥロヴィチの無伴奏ヴァイオリン・リサイタル、最高の音楽!

10月26日、三鷹市芸術文化センターで、ネマニャ・ラドゥロヴィチの無伴奏ヴァイオリン・リサイタルを聴いた。凄まじい演奏。最高の音楽。

曲目は、前半に.バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番とイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番、後半に.バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番とイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番「バラード」。アンコールは、ミレティチの「ダンス」(だと思う)とマケドニアの歌。

昨年聞いたのと同じ演目。近年、ネマニャは来日のたびにこのプログラムでリサイタルを開いている。そして、成長した姿を聞かせてくれる。

今回はスケールが大きく、深く、そして落ち着いている。かつてのようながむしゃらな姿はない。最高に美しい音。しかも、音が生きている。そして完璧な音程で完璧なリズムで、しかも聴く者の心にぐさりと刺さるように演奏する。

バッハのソナタの第一楽章は異様にゆっくりと始まった。ファンイベントでは、この曲がアンコールに取り上げられたが、もっとずっと速かったように思う。今日はじっくりと、陰影をつけて深く描き出す。それぞれの楽章をくっきりと描き分ける。クリアだが、精神的な深みを感じる。28歳の若者の音楽とは思えない。無伴奏なので一人で世界を作り出すが、一分の隙もなく構成されている。だれるところは全くない。下手な小細工も、遊びもない。第4楽章の律動も素晴らしい。

パルティータがとりわけ圧巻。シャコンヌは言葉をなくす。凄まじい集中力。描き出される世界は大きく深い。私の魂はネマニャのヴァイオリンの音とともにゆれうごき、宇宙を飛翔する。研ぎ澄まされた感性。だが、怜悧ではなく暖かく寛容力がある。

イザイの曲も力感、深み、ともに素晴らしい。

まさしく本格派。異端のヴァイオリニストなどではない。まったく小細工はしていないのに、なぜか私の心に押し寄せ、ぐしゃぐしゃにしていく。

アンコールのマケドニアの歌の場面では、ステージ上は明りを消され、真っ暗になった。そこからネマニャ自身の歌う声が聞こえ、ヴァイオリンが始まった。きわめて民族的な歌。これがネマニャにとってどのような意味を持つのかよくわからないが、土俗的な雰囲気が強い。そして、その純粋さ、暖かさに心打たれる。

今日は久しぶりに、社会人になって2年目の娘をコンサートに伴った。クラシック音楽をほとんど聴かない娘だが、ネマニャには圧倒されたとのことで、帰りに何度か感動したと言ってくれた。クラシックになじみのない人までも感動させる力をネマニャの音楽は持っている。きっと、ネマニャの音楽こそが音楽そのものの本来の姿だからだろう。

これで、ネマニャの東京での今年の公演は終わった。先週末、やっと原稿が一息つけて、少し楽になると思ったが、とんでもない。ネマニャのコンサートやイベントが今週4回あったので、これまでにないくらいに忙しかった。来週もまたかなりハードになりそう。が、ともあれ今年もネマニャを聴けて、大変幸せだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネマニャ 悪魔のトリル かつしかシンフォニーヒルズ、モーツァルトホール

 10月23日、かつしかシンフォニーヒルズ、モーツァルトホールでネマニャ・ラドゥロヴィチと悪魔のトリルによる演奏を聴いた。21日のオペラシティと同じ曲目。

 オペラシティでの演奏ほどの迫力はなかった。それよりも、むしろ今日は、和気あいあいとした親密さが表に出た雰囲気。5人の男性と一人の女性のとても仲の良い仲間による心温まる演奏。心が通じ合い、芸術を認め合い、ともに音楽を楽しむ。そして、ネマニャのヴァイオリンの音程のしっかりした透明な音。弱音が素晴らしい。最高に美しい音で切れよく最高のテクニックで弾きまくる。しかし、そこに心の交流がある。昨日のファンクラブイベントでも見られる心やさしいネマニャの姿が際立った。とても楽しい。うきうきする音楽。

 休憩時間、ロビーのソファに座っていると、どなり声が聞こえた。客の一人が、隣の客がネマニャが話をしているときに紙の音を立てたといってかなり長時間にわたって大声で怒っていた。

 ネマニャのしゃべりの間どころか、演奏中も私の周囲で紙の音はしばしば聞こえていた。だから、もちろん私も怒っている人の気持ちもわからないでもない。確かに、紙の音は気になる。

でも、私はおおらかでいたい。なにしろ、ネマニャの音楽なのだ。ネマニャの音楽は、「おおらかになってみんなで一緒に楽しもうよ。心と心を合わせようよ。他人を排斥したりするのはやめようよ。他人とのちょっとした違いなんてどうだっていいじゃないの。とりあえず、今は音楽に楽しもうよ。音楽ってすごいんだよ。ね、感動するでしょ。世界中のだれだって感動するんだよ。だから、ともに楽しもうよ」と語っている。ネマニャの音楽の最中にそんな争いがあるのは実に悲しい。

 だんだんと不寛容の社会になっていく。お互い様ということで許しあう社会のほうが、ずっと過ごしやすいと思うのだが・・・。人間なんて、どうせろくでもない存在で、欠点だらけで、自分だけはちゃんとしていると思っていても自分だって他人から見るとはた迷惑なのかもしれないのだから。

 ネマニャの音楽を聴きながら、そんなことを考えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネマニャ・ファンクラブ・イベント

 10月22日、池袋の自由学園明日館で、ネマニャ・ラドゥロヴィチ・ファンクラブ「プレピスカ」主催のイベントを行った。ま、私はいちおうこのファンクラブの会長ということになっている。ネマニャと「悪魔のトリル」のメンバーが来てくれて、40名ほどを前にトークとミニコンサートが行われた。献身的に働いてくれたボランティアのスタッフのおかげで大成功。

 前半はトーク。ネマニャは私たちの質問に答えてくれた。「今回、弓の糸が切れないのはなぜか」という質問に対して、「これまで、あまりに弓の糸がきれて1週間ほどしか持たなかったので、弓を糸をプラスティック製に変えた」とのこと。「満足している」とのことだった。その他もろもろ、音楽のこと、私的なことを教えてくれた。

 その後、ミニコンサート。演奏されたのは、今回来日しても曲目から選ばれたものだが、間近で聴くネマニャは格別。息遣いも、弓の擦れも聞こえる。ぐさりと心の奥に届く。音のニュアンスのすべてを聴きとることができる。これが本来のコンサートの在り方だと思う。悪魔のトリルのメンバーとの息もぴったり。

最後はバッハの無伴奏ソナタの第一楽章。私の印象では、昨年と比べてスケールが増した感じ。昨年まではがむしゃらに弾いていた感が強い。もちろん、それはそれで凄まじい迫力と集中力でまさしくデモーニッシュな雰囲気を出していた。だが、これを聴く限りではかなり緊張が増し、清澄さも感じた。深く沈潜し、しかもいつものネマニャらしく流動的でダイナミック。それにしても、なんと美しい音! 音楽が一人一人に呼び掛ける。これこそが音楽だと思う。

 その後、くじ引きで当選者にネマニャからのプレゼントなどがあって大盛り上がり。当選した人は大興奮。ただし、男性の私としては、この種のことにはあまり関心がない。とはいえ、みんなが喜んでくれればこんなうれしいことはない。

 このようなネマニャのあり方にこそ、音楽の原点があると思う。とりすまして音楽を奏でるのではなく、観客に訴えかける。だからこそ、ネマニャの全的なものが伝わる。どうしてほかの演奏家たちはこのような原点を忘れてしまったのだろう。ネマニャの音楽を聴くと、いつもそう思う。

 それにしても、献身的に働いたボランティアは、みんな心からネマニャの音楽を愛している。逆に言うと、それほどネマニャの魅力は大きいということでもある。

 ともあれ、私は実に幸せだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネマニャ 悪魔のトリル やはりすごい演奏!!

 10月21日、東京オペラシティコンサートホールで「悪魔のトリル」コンサートを聴いた。演奏は、ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン)と悪魔のトリルのメンバー(弦楽五重奏)。相変わらず凄い演奏。

 前半はクライスラーの「プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ」。「悪魔のトリル」のあいさつ代わりにいつも演奏される曲。軽やかなはずのクライスラーの曲が凄みを帯びている。黒光りしている印象を抱く。そのあと、モーツァルトの「アダージョとロンド ハ短調」。これは実にチャーミング。ネマニャの研ぎ澄まされた細身の音。ため息をつきたくなるような美しい音。次にバッハの「シャコンヌ」(弦楽六重奏版)。昨年聴いたときとかなり印象が違った。もっとメリハリをつけ、もっとドラマティック。数日後に、無伴奏の本来の演奏を聴くのが楽しみ。

そして、日本の震災を描いたセドラル作曲の「日本の春」。なかなかいい曲なのだが、どうも「日本」という感じがしない。西洋の人は日本をこのように捉えているのだろうか。

後半は、ビゼーの「カルメン」の「ハバネラ」に始まって、オペラやバレエや映画からの音楽。そして、最後のブラームスのハンガリー舞曲第1番、モンティのチャルダーシュ。

凄まじいテクニック。心の奥底にずどんと迫ってくる音楽。体を動かしたくなるようなリズム。まさに悪魔が乗り移ったかのような凄み。

私は、最初にネマニャの演奏を聴いた2007年から、この人の演奏を「対話」としてとらえている。すでにできている曲を演奏するのではなく、即興的に共演者と対話し、観客と対話して音楽作っていく。私たちに訴えかけようとする。だから、心の奥底に響く。

ただ、どうしてもそのような音楽性なので、とりすましたクラシック音楽よりも、「悪魔のトリル」のような迫力で聴かせるコンサートに重点が置かれる。

きわめて保守的なクラシック音楽好きの私としては、これらの曲もいいが、もっともっとモーツァルトやベートーヴェンやブラームスやフランクなどの正統派のクラシック音楽でそれをしてほしいと願う。

心の底から感動しながらも、実は私はネマニャのベートーヴェンやブラームスやフランクのヴァイオリンソナタが聴きたいと改めて強く思ったのだった。

昨日のブログ記事に書いたとおり、明日、ファンクラブイベントを行う。ネマニャも参加する。関心のある人は以下のページをご覧になっていただきたい。

https://sites.google.com/site/nemanjafanclubprepiska/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネマニャ週間始まる、そして米軍の演奏のこと

 ずっと大学の仕事と原稿書きに追われて、ブログを更新できなかった。とりあえずの形ながら、原稿は書きあげた(編集者に大幅に直してほしいと言われるのではないかと大いに心配!!)。ともあれ、やっと一息ついている。来週中はすこしゆっくりしたい。

 

 私がひいきにしているヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチが来日している。昨日と本日、リサイタルが開かれた。知人から感動の感想はもらっている。東京では、26日までほとんど連日のようにコンサートが続く。まさしく、ネマニャ週間だ。

ところが、何ということか、私はネマニャのファンクラブ「プレピスカ」の会長だというのに大学の仕事のために、まだコンサートに行けずにいる! 残念無念。夏休みが明けて今まで、週末には毎週、大学で仕事をしている!! 今週末も大学でのきわめて大事な会議が設定されて、どうにもならなかった。

明日からは、遅ればせながら、ネマニャ週間に参入することにする。

なお、明後日(22日)には、ファンクラブのイベントが予定されている。ネマニャ自身が来て、目の前で演奏してくれることになっている。ネマニャの演奏を聴いて感動した人は、ぜひ会員になっていただきたい。詳しくは以下のページを見てほしい。

https://sites.google.com/site/nemanjafanclubprepiska/

 

ところで、一つ残念なことがあった。昨日と本日、大学では学園祭が開かれている。多摩大学樋口ゼミはクラシック音楽を多くの人に聴いてもらうことを目的に、さまざまなコンサートを企画しているが、その一つとして、学園祭でアメリカ軍の厚木基地のアメリカ軍の音楽隊に演奏してもらうことになっていた。クラシックだけでなくジャズなども予定されていた。ところが、例のアメリカの政府機関閉鎖の影響で、米軍関係者が仕事をすることができなくなり、中止になってしまった。

グローバル化を標榜している多摩大学としては、あらゆる外国機関との交流を目指している。学生が自分たちで企画したことだが、その一つとして、このコンサートはとても大事なことだと思っていただけに残念。しかし、それにしても、アメリカの予算が合意しないためにデフォルトに至るかもしれないというニュースは見ていたが、それが自分たちに影響を及ぼすなど、考えてもみなかった!! これまでの数々の話し合いや準備が無駄になってしまった・・・。

そんなわけで、学園祭には私たちのゼミは参加しないまま。それにしても、今日は雨が降って学園祭には最悪の天気だった。学生たちがかわいそう・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上野通明+ガジャルド、そしてネマニャのファンイベントのこと

 10月6日、武蔵野市民文化会館小ホールで上野通明のチェロとホセ・ガジャルドのピアノによるデュオ・リサイタルを聴いた。ごく若い二人のリサイタル。曲目は、前半、バッハの無伴奏チェロ組曲第6番と黛敏郎の「文楽」、ショパンのアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ策人22。後半にベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番、アンコールがポッパーのハンガリー狂詩曲。

 上野さんは、はじめはちょっと調子が上がらない様子だった。バッハに関しては私には納得できないところがあった。が、黛の「文楽」あたりから本調子になってきたように思う。この曲、初めて聴いたが、とてもよい曲だと思った。ガジャルドは、ピアノの音は芯が強くて輝かしくて繊細。ただ全体的な構成感が少し弱いと思った。

 後半のベートーヴェンは素晴らしかった。チェロののびやかな美音とピアノの美音が重なり合い、しかも構成もしっかりしていて、実に心地よい。チェロの音が本当に美しい。音が若々しく生き生きとしている。弓を弦に当てた時の音触りが爽やか。この曲はベートーヴェンの曲では、明るい雰囲気を感じさせる数少ないひとつだと思うが、この曲の魅力十分に味わうことができた。

 アンコールのポッパーの曲もおもしろかった。チェロの超絶技巧曲だが、実に爽快。しかも、ハンガリー的な味わいがあった。この曲を実演で聴くのは二度目だが、実に楽しい。

 

 ところで、驚異のヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチの来日が近付いている。私はファンクラブの会長を務めているが、何よりも彼の鮮烈でドラマティックで、しかも人間味にあふれた演奏を聴くのが楽しみだ。仕事を怠けるわけにはいかないので、すべてのコンサートは無理だが、できるだけ多くのコンサートを聴くつもりでいる。

 なお、10月22日夕方には、ファンクラブ「プレピスカ」のイベントを池袋の自由学園明日館で行う。もちろんネマニャ本人も参加する。前回と同じように、きっと目の前で演奏をしてくれるだろうし、気軽に話しを交わせるだろう。入会については以下をご覧いただきたい。このイベントについても、私自身が会長でありながら、楽しみで仕方がない。

 https://sites.google.com/site/nemanjafanclubprepiska/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拙著3冊の紹介

 何冊か、私の著書が刊行された。いくつか紹介したい。

 

41ntpkkuvil__aa160_


「教養」を最強の武器にする読書術 (大和書房)

 教養が見直されてきている。私も大学で教えながらつくづく思うのは、若者の教養不足だ。教養がないと、広い思考ができない。どうしても浅くて狭いものになってしまう。

私は若いうちは、受験勉強もろくにせず、就職もしないで、音楽に夢中になり、本ばかり読んでいた。中年以降は若者の教養を付けるための教育関係の仕事をしてきた。つまり、私は教養だけには自信がある。この本はそんな私が教養のためにどのような本を読むべきかを説明したものだ。前半にはノンフィクション、後半には文学作品をまとめ、その読み方などについて解説した。

 

51htcoi8i4l__aa160_


バカ上司を使いこなす技術 (中経の文庫)

 先ごろ、「バカ部下を使いこなす技術」(中経の文庫)を出し、大変好評だったが、本書はその続編だ。前著は、「性愚説」にもとづいて、部下というものは本来バカであることを前提にして、どのようにしてバカな部下に上司の意図をわからせるべきか、どうすれば部下を動かせるのかを皮肉な視点から解説したものだった。本書もまた、上司というものは本来的にバカでしかあり得ないということを前提にして、上司に対してどのように話をし、どのように対応して、上司をうまく操縦するかについて解説した。にんまりしながら読めて、きちんと役に立つことを目指している。

 

516sqksxhtl__aa200_


わかりやすい文章を書く技術 (フォレスト出版)

 本書は以前ビジネス社から出されていた「できる人の書き方、嫌われる人の悪文」に加筆をしたものだ。わかりやすい文章にするにはどこに気をつけるか、どう構成し、どう説得力を持たせ、どのように面白くするかについて解説している。文章を書くことに苦手意識を持つビジネスマンのための文章入門書だ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »