«  道楽亭で落語4席を聞いた | トップページ | フジコ・ヘミングを初めて聴いた »

エマーソン弦楽四重奏団を聴いた

 619日、武蔵野市民文化会館でエマーソン弦楽四重奏団のコンサートを聴いた。ただし、ヴィオラのローレンス・ダットンが来日不可能とのことで、代わりにポール・ニューバウアー。

 前半はモーツァルトの弦楽四重奏曲第16番とショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第14番。後半にベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番(ラズモフスキー2番)。

 私がこの団体の実演を聴くのは初めて。まず彼らが登場したとき、かなりお年を召していることに驚いた。1980年代に、それまでアルバン・ベルク・カルテットばかりが脚光を浴びていた時、さっそうとデビューしてきた若々しい姿と演奏が鮮烈だったので、まだ当時のイメージを持っていた自分に気づいた。当然のこととはいえ、エマーソン弦楽四重奏団も年齢を重ねていた。

 そして、まさに年齢を重ねてきたことを示すような演奏だった。デビュー当時のような切れの良い雰囲気はない。むしろもっとずっと内省的で奥深い。とりわけ前半の2曲は、焦らず慌てず、特に面白さを引き立てようともせず、地味に、そして深く演奏。大変説得力がある。ショスタコーヴィチの第三楽章の秘めた情熱が徐々に高まり、そして静まっていく。 ただし、テクニックが衰えているわけではなく、ラズモフスキー第2番の終楽章のテクニックの冴え、盛り上がりは凄まじい。

 とても良い演奏だと思った。ただ、実は私はもっと爆発的な名演奏を期待していた。が、それは訪れなかった。ヴィオラの交代のせいなのか、ほかに原因があるのか。

|

«  道楽亭で落語4席を聞いた | トップページ | フジコ・ヘミングを初めて聴いた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/59844144

この記事へのトラックバック一覧です: エマーソン弦楽四重奏団を聴いた:

«  道楽亭で落語4席を聞いた | トップページ | フジコ・ヘミングを初めて聴いた »