« ハーディング+新日フィルのブラームス 凄まじい演奏 | トップページ | ベルリン交響楽団の演奏にかなり不満を抱いた »

集団的自衛権について思うこと

 このブログには基本的に政治的な意見を書きたくないと思っているが、これほど世論が熱しているからには、少しだけ私も書き込みたくなった。

 私はどちらかというと左翼の側に属すると自分では思っているが、集団的自衛権については微妙な立場にいる。一言でいえば、理念としての集団的自衛権については賛成、ただし、現政権における現状での自衛権容認、そしてその閣議決定には危惧を覚える。その意味で、反対デモに加わるほどの強い反対意見を持つわけではないが、安倍政権を支持するつもりもない。

 私は集団的自衛権そのものを認めるのは当然だと考える(先に書いたとおり、私は左翼の側にいるが、10代のころから一度も「非武装論者」だったことはない)。日本の平和と安定を脅かして攻撃してくる国があれば、武力を用いて撃退する必要がある。冷戦時代以来ずっと他国の軍隊と核の傘のもとに守られている状態は、独立国家としてあり得ない姿だと思う。しかも、冷戦後の国際情勢の中、一国で行動することは不可能であり、当然、同盟国とともに共通の敵に対してにらみを利かす必要がある。無防備な平和主義はあまりにお人好しであり、あまりに無責任だと思う。

 だが、今回の閣議決定によって、現憲法の解釈を変えることは、あまりの暴挙といわざるを得ない。あの憲法第9条の文を集団的自衛権が認められていると解釈することは絶対に無理だ。個別的自衛権も、もちろん自衛隊の存在も、あの条文では認められているとは読み取れない。あの条文を安倍政権のような解釈にしてしまうと、まさしく立憲主義の崩壊でしかない。なんでもありの条文解釈になり、憲法、そして法律そのものの意味をなくしてしまう。きちんと憲法改正の議論をした後に決定するべきことだ。

 しかも、現状での集団的自衛権の容認は、対米追随になりかねない。イスラム世界への派兵にもつながりかねない。安倍総理はそのようなことはあり得ないと語っているが、一旦、集団的自衛権を認めてしまうと、何が起こっても不思議はない。たとえば、日本が尖閣を中国に攻撃されて米軍に助けてもらうようなことがあった場合、その後、アメリカからイスラム世界への派兵を要請されれば、同盟国として無碍に断るわけにはいかなくなる。そのうえ、安倍総理はきわめて右翼的な思想の持ち主であり、中国を敵視しているので、好戦的になりかねない。

 そのような理由で、歯切れが悪いながら、私は理念として集団的自衛権には賛成、安倍政権のごり押しには反対ということになる。現在、安倍総理が語っている以上の状態に絶対にならないように、拡大解釈が絶対に起こらないように監視していくしかないと思っている。

 そして、理想としては憲法を改正するべきだと考えるが、現行憲法を堅持したまま憲法解釈を変えるというのであれば、それならそれで「憲法があるから、これ以上のことはできない」という口実でアメリカからの要請があっても、派兵を拒否する方策をとるべきだと思う。

 特に目新しい意見ではないので、わざわざ書く必要もないと思うが、一応は自分の立場を表明しておくべきだろうと思って書いた。

|

« ハーディング+新日フィルのブラームス 凄まじい演奏 | トップページ | ベルリン交響楽団の演奏にかなり不満を抱いた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ひとつと言えるのは、あまりにも一般の方への、分かり易い説明がなおざにされているということでしょうか。それは与野党ともどもです。あとマスコミも。特に「何が変わるか」だけではなく、集団的自衛権をやろうがやるまいが「何が変わらないのか」ということへの説明があまりにもなおざりにされているのが問題という気がします。

こういうことがちゃんとなされてないので、誤解、疑問、そしてそれらからくる無関心等が生じてくるのだと思います。

余談ですが「Berliner Sinfonie-Orchester」と「Berliner Symphoniker」の違いは、わたしも最近まで知りませんでしたが、このオケの「スケーターズワルツ」を聴いたことがきっかけで知ることになりました。一度財政破たんしたそうですが、現在はその再建途上らしいです。日本公演もその一環なのか、ここ数年よく来日しているようですね。

投稿: かきのたね | 2014年7月 4日 (金) 22時27分

かきのたね様
コメント、ありがとうございます。
おそらく、政治家たちもマスコミに人々も、そして学者たちも、集団的自衛権行使によって何が起こるのかよく分かっていないのだと思います。そして、事実、世界は極めて流動的ですので、私たちも判断のしようがないともいえるでしょう。だから、不安や政治的嗅覚でものをいうしかない状況になっているのでしょう。
「ベルリン交響楽団」についての情報、ありがとうございます。なるほどそのような原語の違いがあるのですね。ほかにも紛らわしい名前が多くて、しばしば迷います。いずれにせよ、早合点しないでネットなどで調べてみるほうがよさそうですね。

投稿: 樋口裕一 | 2014年7月 7日 (月) 10時11分

私は左翼です。右寄りの友人もたくさんいます。この問題で拙いディレッタントの知識でシュペングラーの平和・戦争、アイゼンハワーの警告を思いました。アベさんに教えたいです。ベートーベンだったら絶対やめとけと言う筈です。青二才的ですが武器を棄て楽器を持とう、演奏出来ないなら聴きに行きましょう。

投稿: 豊島健次 | 2014年7月12日 (土) 00時22分

豊島健次 様
コメントありがとうございます。
おっしゃっておられることには異論はありません。
ただ私は、「武器を捨てよう」と呼びかけても、誰も捨てようとせずにみんなが武器を持っているときに、しかも、その中に、最後は力でねじ伏せようと考えている人間がいるときに、一人楽器を演奏し、「話をすればわかるはずだ」と思っているのは、あまりにお人よしだと思うのです。

投稿: 樋口裕一 | 2014年7月13日 (日) 07時01分

読ませるブログ を途中まで読んでここに早々と入ってしまいました。この本をブログ記事にしたかったのですが、すでになされていたのでやめます。

 豊島様への返信がわたしが常づね思っていることでしたので嬉しくなりました。こういう意味で賛成でもなかなか言えない雰囲気をマスコミが作っています。

投稿: 椿姫 | 2014年7月26日 (土) 16時25分

椿姫 様
コメントありがとうございます。そして、拙著をお読みいただき、ありがとうございます。集団的自衛権について、国民は理想主義的になりすぎず、もっと現実的に、もっと冷静に議論するべきだと思っています。ふだんは理性的な人々が、この問題になると感情的になってしまうように私には思えます。

投稿: 樋口裕一 | 2014年7月27日 (日) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/59916000

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権について思うこと:

« ハーディング+新日フィルのブラームス 凄まじい演奏 | トップページ | ベルリン交響楽団の演奏にかなり不満を抱いた »