« 集団的自衛権について思うこと | トップページ | 戸田弥生によるバッハ無伴奏ソナタ・パルティータ連続演奏会が決定! »

ベルリン交響楽団の演奏にかなり不満を抱いた

 7月3日、武蔵野市民文化会館大ホールでベルリン交響楽団の演奏を聴いた。指揮はリオル・シャンバダール。

ベルリン交響楽団というのは、昔、ザンデルリンクが指揮をしていた東ドイツにあったオーケストラだとばかり思ってチケットを購入したのだったが、直前になって別の組織だと知った。

 前半は「エグモント」序曲と、ピアノのヴァレンティーナ・リシッツァが加わって、ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」、後半はベートーヴェンの交響曲第7番。私はすべてにおいてかなり不満を抱いた。

 オーケストラはローカルな音を感じた。弦の音はきれいだが、管楽器はちょっと物足りない。が、それ以上に問題を感じたのは指揮。ほとんど何も起こらないといった指揮だった。今時、これほど刺激のない演奏も珍しい。かなり一本調子で、メリハリがなく、かなり穏やかに流れていくように私の耳には聞こえる。音が大きくなるところはあるが、少なくとも私は少しも高揚しない。予定調和の世界。

 ピアノも同じ雰囲気を感じた。かわいく魅力的な若い女性で、バリバリとピアノを弾くのだが、音楽を作るというよりも、音楽にやっとのことでついて行っている感じがする。技術はあるのだが、音楽そのものにメリハリがなく、何かを表現をしているように感じない。それにリズムが不均一でかなり不安定。私はピアノはあまり聴かないので、評価することはできないが、私の耳にはよい音楽に聞こえない。

「皇帝」の後、ピアノのアンコールとして、シューベルトの「アヴェ・マリア」やリストの「ラ・カンパネッラ」やショパンのノクターンなど全部で4曲が演奏され、その大サービスぶりに会場は大喝采をしていたが、私はまったくの無感動。「ラ・カンパネッラ」に関していえば、関戸公民館で多摩大樋口ゼミの協力で演奏してもらった久保山菜摘さんの演奏のほうがリズムも正確で、圧倒的に美しく華麗だった。

 最後にオーケストラのアンコールとして、「ペールギュント」の「朝」や「フィガロの結婚序曲」やブラームスの「ハンガリー舞曲」などが演奏されたが、これらも一本調子で、しかも無意味に表情をつけるために品の悪さを感じた。私は楽しめなかった。酒を飲みながら楽しむ気楽なコンサートならこれでよいだろうが、ベートーヴェンを聴きに来た人間としては大いに不満を覚えざるを得ない。

 まあ、こんな日もあるだろう。

|

« 集団的自衛権について思うこと | トップページ | 戸田弥生によるバッハ無伴奏ソナタ・パルティータ連続演奏会が決定! »

コメント

最近は、日本のコンサートでも、たった一人でスタンディングオベーションをして、堂々と自分の気持ちを表現する人をみかけるようになりました。

しかし、日本の気質なのか、まだ良い演奏とは思えない、もしくは気にいらない演奏のときに、席を蹴って会場を後にするというのは見かけないようです。

こういう正直な辛口の感想が発表されることは、演奏者は勿論のこと聴衆の演奏観や審美眼の確立に役に立つと、歓迎と期待の気持ちで拝見しました。

デジタル録音のCDのつぎはぎ(ライブを除く)の演奏を聴きなれている人にとって、生の演奏会で本当に良い演奏に出会う確率は、昔よりも少なくなっているように思います。

ベルリン交響楽団の演奏を聴いていたので、今年はパスしました。

投稿: | 2014年8月18日 (月) 23時42分

投稿者様
コメント、ありがとうございます。
そして、好意的な意見をお寄せいただき、感謝いたします。
ただ私としては、人と同じような感想を書きたいとも、
あえて人と違ったことを書きたいとも思わず、
思ったこと、考えていることを、できるだけ素直に書きたい、
そのための場が、私にとってのこのブログだと思っているだけです。
反発を感じられる方も多いと思いますが、
共感してくださる方もおられるようですので、
淡々と、ひっそりと続けていきたいと思っております。
修正した録音を聞きなれてしまうと、どうしても実演にあらが見えてしまう…ということはありがちですね。心しておくべきことだと思います。

投稿: 樋口裕一 | 2014年8月21日 (木) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/59923493

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン交響楽団の演奏にかなり不満を抱いた:

« 集団的自衛権について思うこと | トップページ | 戸田弥生によるバッハ無伴奏ソナタ・パルティータ連続演奏会が決定! »