« 二期会「イドメネオ」 素晴らしい上演 | トップページ | オペラDVD「エレクトラ』「ジークフリート」「神々の黄昏」を見た »

東京03単独公演「あるがままの君でいないで」に笑い転げた

 9月15日は岩手県北上市のホテルに宿泊。16日、岩手県立水沢高校で高校2年生を相手に「クリティカル・シンキング」についての講演、というか特別授業。とても楽しく授業ができた。

 919日、大学の秋学期の授業開始。

 授業終了後、大学から車で草月ホールに一目散に駆けつけて、東京03単独公演「あるがままの君でいないで」を見た。

娘が東京03ファンで、DVDボックスも購入している。私も以前からテレビで見てとてもおもしろいと思っており、DVDも娘に借りてみて、大いに笑った。そんなわけで、娘に誘われて、単独公演を見ることにした。コントのライブを見るのは初めて。若い人ばかりかと思っていたらそうでもなく、年配の男性や女性もかなりいる。

 大変おもしろかった。笑い転げた。

 最初の「先輩の土下座」は最高におもしろいと思った。土下座を絶対にしない豊本、何かというと土下座をする角田、ここぞというときに土下座する飯塚。その対比によって、対話ごとに三人の敵対の組み合わせが変化し、そこに人間観察が加わり、センスの良いつっこみの言葉が入る。

 そのほか、「旅の打ち合わせ」も大いに笑えた。何かがキャンセルになったときの激しく落胆する人とすぐに立ち直る人。それに対する人間の感覚。心の機微をついたテーマだと思う。2対1でセンスが違うための孤独感を描く「新オフィス」も、オフィスで不倫の場を目撃してしまった時の反応を描く「終業後」も実に楽しかった。ただ、「センスなきゆえに」は、ほかのコントと少し異質で私にはあまり笑えなかった。そして、コントとコントのあいだの音楽は、やはりクラシック音楽人間にはつらい。ここに見に来ている人の中にクラシック音楽好きはほとんどいないだろうから、まあ仕方がないけれど。

 本編が終わった後、佐藤隆太をゲストに迎えて「マカオの夜は大混乱」。テレビでも二枚目を演じる佐藤が大げさにコミカルに演じてくれた。コントは初めてだという。コントの演技とは少し異質だったが、テンションが高く、正体不明の男をうまく演じて笑えた。

 東京03のコントは、日常的に誰もが経験しそうなばつの悪さ、心の違和感、ちょっとした不快感、誰もが思っているが、口に出して言うことははばかられる心情、そのようなものを三人のキャラクターをうまく割り振ることによって上手にえぐり出す。そして、日常生活そのものがある意味でシュールな相貌をまとうことになる。そのあたりが実に決まっている。

 ぜひまた東京03のコントのライブを見たいものだ。

 

|

« 二期会「イドメネオ」 素晴らしい上演 | トップページ | オペラDVD「エレクトラ』「ジークフリート」「神々の黄昏」を見た »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/60347228

この記事へのトラックバック一覧です: 東京03単独公演「あるがままの君でいないで」に笑い転げた:

« 二期会「イドメネオ」 素晴らしい上演 | トップページ | オペラDVD「エレクトラ』「ジークフリート」「神々の黄昏」を見た »