« 新国立劇場「パルジファル」は世界最高レベルだった!! | トップページ | ツェートマイヤーの凄まじいカプリース »

多摩大寄席、25周年記念ミニ・コンサート

 私が指導する多摩大学経営情報学部の樋口ゼミでは、以下の企画が進んでいる。多くの人においでいただきたいと思い、ここに紹介させていただく。

 

Img_1222


多摩大寄席

 樋口ゼミは、クラシック音楽のコンサートを企画運営してきたが、「古典」つながりということで、古典落語にも活動の幅を広げることになった。その第一回として、多摩大学内で寄席を行う。

出演は、実力派の若手落語家として頭角を現している柳家喬の字と鈴々舎八ゑ馬、そして漫才のぐりんぱ。とランバカラン。場所は、多摩大学多摩キャンパス101教室。なんと入場無料。落語の演目は今のところ、柳家喬の字「鮑のし」、鈴々舎八ゑ馬「ねずみ」が予定されている。

 多摩大生に落語のおもしろさを味わってもらいたいとの思いから企画したものだが、もちろん学外者の来訪も大歓迎。お近くの方、ぜひお越しいただきたい。ただし、駐車場は使用できないので、公共交通でおいでいただきたい。

 

出演 鈴々舎八ゑ馬 柳家喬の字 ぐりんぱ。 ランバカラン

会場 多摩大学多摩キャンパス 101 教室 (聖蹟桜ヶ丘、小田急・京王 永山よりバス) 

日時 10 月23日(木) 入場料:無料!

開場 16:10 開演 16:30 

◆予約・問い合わせ TEL 090-6168-5556  Email  21011324km@tama.ac.jp

 

 

Img_1223Img_1224





・創立
25
周年記念ミニ・コンサート

 多摩大学は今年、創立25周年を迎え、学内に25周年記念会館(T-Studio)も完成した。それを記念して、1129日(土)14時から約1時間のミニ・コンサートを予定している。

 出演は日本を代表する若手ギタリスト松尾俊介と、将来嘱望されるソプラノ逸材である岸七美子さん。岸さんは、来年の9月に群馬交響楽団70周年記念《蝶々夫人》(指揮:三ツ橋敬子)にヒロイン役で出演が予定されている。

 お二人にオペラのアリアや日本歌曲、そしてギターの名曲を演奏していただくことになっている。私はこれまでにお二人の素晴らしい演奏は何度か聞かせていただいて、このブログにも感想を書いた。私自身、何よりもお二人の名人芸を楽しみにしている。

 入場無料で、ミニ・コンサートの後、多摩市の音楽団体の交流会を行いたいと考えているが、もちろんコンサートは外の方にも開かれているので、多くの方においでいただきたい。ただし、このコンサートについても、駐車場は使用できないので、公共交通をご利用いただきたい。

 

出演 松尾俊介(ギター) 岸七美子(ソプラノ)

会場 多摩大学多摩キャンパス (25周年記念会館T-Studio(聖蹟桜ヶ丘、小田急・京王 永山よりバス)

日時 1129日(土) 

開場 1330分 開演14時 (約1時間)  

入場無料

◆予約・問い合わせ TEL 080-1223-6597  Email 21211083rk@tama.ac.jp

 

 

曲目 (出演者の都合により変更されることがあります)

ヴェルディ:オペラ「椿姫」より乾杯の歌

武満徹:小さな空

平井康三郎:親船小舟、追分、びいでびいで

作曲者不詳:ふじの山

フェルナンド・ソル:「魔笛」の主題による変奏曲(ギターソロ)

ヴェルディ:オペラ「海賊」より「あの人はまだ帰ってこない」

ヨハン・シュトラウス2世:オペレッタ「こうもり」より

 

|

« 新国立劇場「パルジファル」は世界最高レベルだった!! | トップページ | ツェートマイヤーの凄まじいカプリース »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/60462203

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩大寄席、25周年記念ミニ・コンサート:

« 新国立劇場「パルジファル」は世界最高レベルだった!! | トップページ | ツェートマイヤーの凄まじいカプリース »