« ダン・タイ・ソンとウィーン弦楽四重奏団  | トップページ | 新国立劇場「ドン・カルロ」 やや不満 »

あまりにすばらしい岸七美子さんと松尾俊介さんの演奏!!

 本日、多摩大学の25周年記念館T-Studioで、樋口ゼミ主催・多摩大学25周年記念コンサートを行った。演奏は、岸七美子さんのソプラノと松尾俊介さんのギター。開演前、多摩地区はかなりの大雨だったせいもあって、客は予定よりもかなり少なかったのが残念。あまりに素晴らしいコンサートだった。自分たちが主催したコンサートとしてではなく、これまで聴いてきた世界の超一流の演奏を含むコンサートの中でも高いレベルに間違いなく入る演奏だった。こんな間近でこれほどの演奏を聴けて、実にうれしい。主催者としてではなく、単なる聴き手として感動していた。

 始まりは、「椿姫」の「乾杯の歌」。岸さんの最初の声で、会場にいる人は驚かれたと思う。強くて美しい声。迫力があるのに、華やかさもある。狭い会場にビンビンと響く。そして、ギターの音色も美しく、歌にぴったりと寄り添う。オーケストラ部分をギターが受け持つという神業を松尾さんは見事に成し遂げてくれた。

 ダウランドの「カム・アゲイン」。打って変って16世紀の素朴な歌。これもギターが素朴な味わいを出し、ソプラノが見事に心情を歌いあげる。次に平井康三郎の3つの歌曲。実は私は今回、初めて平井康三郎の歌を聴いたが、日本的な心情を繊細に、しかもドラマティックに歌いあげて、とてもいい曲だと思った。松尾さんは、伴奏するときには、しっかりとソプラノを立てて補佐をする。

 ジョビン作曲、ディアンス編曲の「フェリシダージ」とソルの「魔笛による変奏曲」の2曲は松尾さんのソロ。どちらも素晴らしかった。聴いているだけでは良くわからなかったが、指を見ているとそのすさまじい難度が良くわかる。すべての指が絶え間なく動いている。そして、すべての指が重なり合って美しい音を奏でている。私は「魔笛」の変奏の巧みさに舌を巻いた。それにしても、松尾さんはそれを最高の音で再現する。派手に自己主張するのではなく、じわじわと感動をかきたてる演奏。こんなすごい人に、私のゼミのミニコンサートで演奏していただいて、本当に感謝にたえない。

 岸さんの歌う「こうもり」のアデーレのアリアも、ヴェルディの「海賊」のアリア「あの人はまだ帰ってもない」も、ドニゼッティの歌曲「ジプシー女」も、最高の音楽。強くて深い声なのだが、アデーレのアリアのような可愛らしい歌も実にチャーミングに歌いこなす。ドニゼッティでは、超絶技巧も聴かせ、しかもジプシー女の強い心を激しい情熱で歌う。すごい歌手だと思う。

 ゼミ生もしっかりとコンサートを運営してくれた。頼もしく思った。

 客が少なかったのがかえすがえすも残念。私たち樋口ゼミの力不足を思う。これほど素晴らしい演奏をしてくれたお二人に本当に申し訳ない。これほど素晴らしい演奏をもっと多くの人に聞いてほしかった。が、今日のところは、このお二人のあまりに素晴らしい演奏を間近で聴けた贅沢を喜ぶことにしよう。

 コンサートの後、岸さん、松尾さんを交えて、多摩管弦楽団の方たち、多摩大学の諸橋副学長と交流会。コンサートに感動した人たちとの楽しい音楽談義ができて、とても楽しかった。

|

« ダン・タイ・ソンとウィーン弦楽四重奏団  | トップページ | 新国立劇場「ドン・カルロ」 やや不満 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

昨日、京都国立博物館にて、初めて岸さんの歌唱を聴かせていただきました。
力強くて美しい声音域と強弱を問わず失わない艶
博物館の講堂という狭いスペース(200席位)ながら、十分に音響を考慮した作りになっていて(これには感心しました)
さわむらオペラ芸術振興財団の奨学金を受ける8名のうちの4名による1時間足らずのお披露目的な席だったのですがテノールの武井 基治さんとともに圧巻でした
当日は14時から佐渡オペラ「椿姫」の予定が 入っていて
思いつきで京都まで行くには綱渡り的なスケジュールとなりましたが
綱を渡ったのは正解でした。
お陰で森麻季さんのヴィオレッタが何となく霞んでしまったのですが
これはこれで演目が演目だけにそれでも良かったかと・・・
(3幕が秀逸でした)

投稿: 新居 和子 | 2015年7月26日 (日) 12時20分

新居 和子 様
コメント、ありがとうございます。岸さんの素晴らしさを知ってくださる人が増えて、とてもうれしく思います。
森麻季さんのヴィオレッタもきっと素晴らしいと思いますが、まちがいなく岸さんの歌唱もそれに匹敵しますよね。これからの活躍が楽しみです。私は個人的にはワーグナーやシュトラウス、そして、とりわけシュトラウスの歌曲を歌ってほしいと思っています。

投稿: 樋口裕一 | 2015年7月27日 (月) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/60733212

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにすばらしい岸七美子さんと松尾俊介さんの演奏!!:

« ダン・タイ・ソンとウィーン弦楽四重奏団  | トップページ | 新国立劇場「ドン・カルロ」 やや不満 »