« 新国立劇場「さまよえるオランダ人」 第三幕で魂が震えた | トップページ | 最近見たオペラ映像 日田でのことなど »

METライブビューイング「セヴィリアの理髪師」 ロッシーニを堪能

東銀座の東劇でMETライブビューイング「セヴィリアの理髪師」を見た。期待通り、大変楽しかった。ロッシーニを堪能した。

 とりわけロジーナを歌うイザベル・レナードが素晴らしい。歌唱はもちろん、容姿も演技も申し分ない。さすがMET。独唱もさることながら重唱部分も張りがあり、リズム感があり、ワクワク感がある。フィガロを歌ったクリストファー・モルトマンも美声で張りがあり、演技もおもしろい。フィガロらしい遊び心を存分に見せている。バルトロのマウリツィオ・ムラーロもバジリオのパータ・ブルチュラーゼも芸達者で歌も見事。ブルチュラーゼは「陰口はそよ風のように」でほんの少しだが声が割れたのが残念。とはいえ、本番ではこのくらいの事故はやむを得ない。

 私はアルマヴィーヴァ伯爵を歌ったローレンス・ブラウンリーの声については好きではない。こもっているように聞こえるし、不安定に聞こえる。大喝采を浴びていたので、きっとこれは私の個人的な趣味の問題だろう。

 指揮はミケーレ・マリオッティ。実演を聴いたことはないが、DVDなどではおなじみ。張りがあって盛り上がりが見事。バートレット・シャーの演出は、「扉」を多用していて、とてもおもしろかった。なるほど、いわれてみれば、のオペラには「扉」がキーワードになっている。ロジーナを閉じ込めている扉、ロジーナが自由になるために開こうとする扉。そうした扉を美しく描きだしていた。

 何はともあれ、METは凄い。

|

« 新国立劇場「さまよえるオランダ人」 第三幕で魂が震えた | トップページ | 最近見たオペラ映像 日田でのことなど »

音楽」カテゴリの記事

コメント

以前、樋口裕一さんに誹謗中傷のコメントを10通あたり、書いた「樋口裕一、大嫌い!さん集まれ」の者です。お久しぶりです。今回も匿名で出させてもらいますが、今回は嫌がらせだけでない前より自分の所属と学校をお答えします、自分は、高校生か中学生くらいの年齢と以前コメントを返されましたが、あながち当たってなくありません、自分は最高学歴、中卒の不登校の教師の息子です。これはウソではありません、イジメで引きこもって発達障害と診断されて社会で扱われています。精神病棟に10代の頃、1年間閉じ込められ統合失調症扱いされていました、今でも自分を裏切った中学の教師や同級生が憎いとフラッシュバックするときもあります。だが自分が挫折して犯罪に走らなかったのも、マーラーの音楽が自分の精神的な支えにもなっていたからです。精神病棟に同じく入院した患者に自分と同じくマーラーの音楽に心酔したおじさんに出会いました、マーラーの音楽は精神的弱者、の救済の音楽と思っています。マーラーの歌曲の中で「私はこの世から見捨てられて」というタイトルの歌曲があります、まさに自分が不登校になって世間から見捨てられた無の存在を理解していた歌曲として共感したのもファンになったきっかけでもあります、ですから、マーラーの悪口を言う樋口裕一、あなたが絶対に許せません!マーラーの歌曲は確かに、交響曲に比べて自分も高く評価はしてなく、演歌調の軍歌のようなアナログ的な価値しかなく、ファン以外の人は余り聴いていてもつまらないかもしれません、しかし交響曲に声楽を取り入れる実験だったのでしょう。マーラー程、激しい憎悪、の感情を浄化させる作曲家は自分が知っているクラッシック作曲家にはいません、マーラーの曲が支離滅裂とおっしゃってましたが、それもマーラーの音楽の精神分裂的な人間の心理、音楽を複雑に飽きさせない普遍な音楽にする作曲のカラクリだと思っています。日本のポップスの一時代を築いた作曲家の小室哲哉の音楽にも似たような分裂的なコード進行が見られます、支離滅裂な曲想も、曲を複雑にし多用的なニュアンスをもたす作曲のカラクリの基本的な技法の一つと思っています。マーラーはチャイコフスキーの悲壮交響曲について「表面的で深みがない」と批評したのも、単純でお約束なハッピーエンドの交響曲に幻滅していたからともいえます、さすがにベートーベンの第9にはマーラーは勝てないところもあります、しかし復活交響曲の最終楽章の歌曲から切れ目なしに、突発し、静寂する音楽は斬新過ぎます、同時代のどの作曲家、よりも勝っています。それと樋口裕一さんは、「マーラーの交響曲は2、3分で語れる内容を1時間かけて長く演奏する作曲家」とおっしゃってましたが、ベートーベンの第3交響曲「英雄」は自分にとってもっと短くてもいいだろ!と同じように言いたくなります、マーラーの交響曲は心の宇宙であり、無限に広がっていく長大なものともいえます、実際のところ自分も全部通してマーラーの交響曲を聴くことはめったにありません、抜粋していい部分だけを短めにハイライトにして録音して聴いてます。それでも、マーラーのファンタジーな世界を旅したくなった時のみ全曲聴いていて、聞き方は様々だと思います、ただハイライトで聴いていても、全部を通して聴いていてもマーラーの音楽の凄さは変わりません、そこが支離滅裂にしているマーラーの天才だと思います、曲をパズルのように分解しても1ピースでも楽しめて、バラバラに並べて聴きとおしても楽しめるのがマーラーの交響曲の醍醐味です。自分がR.シュトラウスが嫌いなのも、交響詩、を沢山書きすぎた作曲家だからです。曲名やタイトルを使って聴衆を惹き付けること等、陳腐です、それをしないで純粋な交響曲で成功したマーラーの方が1枚上手だといえます、それとマーラーの交響曲のトランペットが野暮と樋口裕一さんは、おっしゃってましたが、「樋口裕一、あなたが楽譜を書いて音符に残せますか?」それが出来ないのに、マーラーの音楽を批評する価値があなたにはありますか?、マーラーは小さな頃から近所にある兵隊のトランペットを聴きながら育っていてトランペットに関しては耳が肥えていたと思っています。あと自分が音楽史を用いてこの前話せなかったのも樋口裕一への嫌い、怒りの感情で一気にメールを書いたからで冷静になれば自分も音楽史を用いて話せますので誤解されてます。自分は樋口裕一さんがもう一人嫌いな作曲家のプッチーニのファンでもあるので、樋口裕一さんとは対立してしまうの無理ないかもしれません。

投稿: 樋口裕一、嫌い!R.シュトラウス大嫌い!マーラー大好き! | 2015年2月 2日 (月) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/61041002

この記事へのトラックバック一覧です: METライブビューイング「セヴィリアの理髪師」 ロッシーニを堪能:

« 新国立劇場「さまよえるオランダ人」 第三幕で魂が震えた | トップページ | 最近見たオペラ映像 日田でのことなど »