« ヤルヴィ+N響のシュトラウス 素晴らしくも空疎な音響の世界 | トップページ | 映画「クスクス粒の秘密」「アデル、ブルーは熱い色」そして、フレンチの店シェ・シミズのこと »

新国立劇場オペラ研修所公演「結婚手形」と「なりゆき泥棒」

 

 昨日(2015年2月20日)、新国立劇場中劇場で新国立劇場オペラ研修所公演「結婚手形」と「なりゆき泥棒」をみた。「なりゆき泥棒」はとてもよかった。

 新国立劇場オペラ研修所公演は毎年大変レベルが高く刺激的なので、楽しみにしている。しかも今年はロッシーニの珍しい演目。しばらく前からとても楽しみだった。

「結婚手形」を見終わった時点では、ロッシーニのオペラは研修員には荷が重すぎたかなという印象を抱いた。まず序曲冒頭のテンポの遅さにびっくり。指揮の河原忠之が丁寧に美しく演奏したいのかと思って聴いていたが、オペラが進むにつれてそうではなさそうなことに気付いた。序曲だけでなく、最初から最後まで驚くべきスローテンポ。歌手たちも全員があまりにゆっくりと歌う。どうやら歌手たちがロッシーニ特有のテンポについていけないために、あえてゆっくりしたテンポで演奏しているようだ。そうなると、一本調子になり、メリハリがなくなり、面白味が不足する。

「婚約手形」はロッシーニが18歳の時に作曲され、最初に上演されたオペラだとはいえ、CDで聴くとテンポも速くロッシーニらしさにあふれている。が、今回の演奏はかなり優雅でゆったりしていて、まるでハイドンやチマローザのように聞こえる。1960年代までのロッシーニ演奏の様式に近い。歌手たちも、健闘はしていたが、音程が怪しかったり、声が伸びなかったりすることが多かった。

 それにしても、結婚を経済活動の一つとして真正面から捉える台本についてはとてもおもしろいと思った。冒頭の「地球儀」の場面を含めて、これこそが実はロッシーニの新しさの一つではないかと思ったが、勉強不足なのでしばらくこのアイデアは暖めておくだけにする。

 後半の「なりゆき泥棒」も遅いテンポで始まったので、悪い予感がしたが、こちらのほうは徐々に盛り上がった。「結婚手形」の2年後のオペラで、この2年間にロッシーニは5作のオペラを作曲して急速に腕を挙げたのだろう。オペラそのものとしても圧倒的におもしろい。相変わらずかなり遅めのテンポだが、このくらいだったら十分にロッシーニのオペラとして楽しめる。こちらの歌手たちもアジリタに関しては、CDで聴く歌手たちとかなり差があるように思うが、それぞれに声が美しく、語り口も見事でロッシーニの醍醐味を十分に味わった。

 アルベルト伯爵を歌った小堀勇介が張りのある美しい声。素晴らしいと思った。ベレニーチェの清野友香莉は透明な声で容姿も美しい。エルネスティーナの藤井麻美は「結婚手形」のクラリーナとの掛け持ちでともに溌剌とした声。ドン・エウゼービオの伊達達人も芸達者でしっかりとした歌唱。「婚約手形」と掛け持ちだったほかの歌手たちも、こちらのほうがずっとのびのびと歌っているように思えた。

 このようにして聴くと、河原の指揮についても十分に納得がいく。むしろ、歌手たちの力量に合わせて丁寧の音楽を作っていたことが良くわかる。東京シティ・フィルのオーケストラもきれいな音を出していて、私はとても楽しめた。演出は久恒秀典。わかりやすく楽しい舞台になっていた。とはいえ、オーケストラも演出も、もう少しスピードアップしてほしいとは、私はずっと思っていた。

 とても楽しめたとはいえ、やはりロッシーニを研修所の公演で取り上げるのはちょっと無謀だったのではないか。ロッシーニ特有の早口を歌える歌手は、日本国内を探してもそれほど多くないだろう。世界のロッシーニ歌いたちは、それを専門に身に着けた人たちだ。もっと大きな組織の中からロッシーニを得意にする歌手を選りすぐってキャスティングしなければ、本当にロッシーニ好きを唸らせる上演にはならないのではないか。もちろん、研修所内の公演でこれだけのレベルにできたのは快挙とはいえるだろうが、やはり私としては世界のロッシーニ愛好者を満足させる上演であってほしい。

 悲しい出来事があった。

一昨日、知人から電話があり、バイロイト音楽祭をご一緒して以来親しくさせていただいていた90歳の音楽友達が亡くなったことを知った。私の父と同年齢の関西在住の女性だった。つい先週まで音楽に対しての好奇心を失わず、催しにも出かけておられたという。合掌。

|

« ヤルヴィ+N響のシュトラウス 素晴らしくも空疎な音響の世界 | トップページ | 映画「クスクス粒の秘密」「アデル、ブルーは熱い色」そして、フレンチの店シェ・シミズのこと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も同じ日に観ました。おっしゃるとおり、「結婚手形」はテンポの遅い重い演奏でしたが、「なりゆき泥棒」はロッシーニらしさが出ていて楽しめました。オペラ研修所の積極果敢な挑戦には私も強い支持を送りたいと思います。

投稿: Eno | 2015年2月26日 (木) 10時54分

ENO様
コメントありがとうございます。
「なりゆき泥棒」のレベルの上演が次々に行われるようになると、うれしいですね。
それにしてもロッシーニっていいなあ…と改めて思ったのでした。

投稿: 樋口裕一 | 2015年2月28日 (土) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/61170790

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場オペラ研修所公演「結婚手形」と「なりゆき泥棒」:

« ヤルヴィ+N響のシュトラウス 素晴らしくも空疎な音響の世界 | トップページ | 映画「クスクス粒の秘密」「アデル、ブルーは熱い色」そして、フレンチの店シェ・シミズのこと »