« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

新国立劇場オペラ研修所オペラ試演会「ドン・パスクワーレ」と「こうもり」を楽しんだ

2015718日、新国立劇場中劇場で、新国立劇場オペラ研修所オペラ試演会「ドン・パスクワーレ」と「こうもり」(ともに抜粋上演)をみた。新国立劇場オペラ研修所の公演を私は数年前から楽しみにしている。レベルが高く、初々しい。将来が楽しみな若手が登場して、実に頼もしい気持ちになる。いや、それ以上に毎回大変レベルが高く、心の底から楽しむことができる。今回は、岩淵慶子と木下志寿子による2台のピアノによる伴奏、指揮は河原忠之、演出は粟國淳。

「ドン・パスクワーレ」は、ノリーナを歌う種谷典子の可憐な姿と美しい声にひかれた。エルネストの伊藤達人も輝きのある美声。タイトル役の松中哲平とマラテスタの小林啓倫は、初めのうちこそ緊張のためか少し硬かったが、徐々に本領を発揮。この二人の二重唱もとてもよかった。

 このブログを読んでくださっている人はご存知だと思うが、私はイタリアオペラにはかなり疎い。ドニゼッティのこのオペラにもあまりなじんでいない。実演はこれまで見たことがなかった。映像も2本くらいしか見ていない。だから実を言うと、どこをどう縮めているのかもよくわからない。が、とてもおもしろいオペラだと改めて思った。

 もう一つの演目「こうもり」のほうはカラヤン指揮、フィルハーモニア管弦楽団のレコードを繰り返し聞いて、私は中学生か高校生のころからなじんできた。

オルロフスキー公爵を歌う高橋紫乃の独特の存在感にとりわけひかれた。音程もいいし、声も美しい。ロザリンデの飯塚茉莉子の歌う「チャルダーシュ」も見事。伊藤達人がこちらではアルフレードを歌ったが、張りのある声が際立っていた。

ピアノ伴奏による短縮版。実にうまく短縮している。ストーリーもしっかりと伝わり、音楽も最高に楽しかった。演出も簡素ながら、十分にそれぞれの魅力が伝わる。中学校や高校にこのヴァージョンの出張公演できないだろうか。オペラの楽しさを日本中に広めることができるだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラーフ・ムルジャの「カプリース」 とても良かったが、無機質を感じた

 2015717日、武蔵野市民文化会館小ホールでグラーフ・ムルジャの無伴奏ヴァイオリン・リサイタルを聴いた。曲目はパガニーニの「24のカプリース」全曲。ムルジャはかなり若いヴァイオリニスト。ヨーロッパで注目を集めていると事。私は今回初めて名前を知った。一言でいって、とても良い演奏だったが、感動するまでには至らなかった。

 ものすごいテクニックで弾きまくる。音程がよく、音が美しい。いったいどのように指が動いているのか不思議に思うほど。弦へのアタックの強い音がとりわけ美しい。小気味よい。ただ、どうしても無機質な感じがしてしまう。どう表現してよいのかわからないが、印象として、音と音の間の無音の時間が均一とでもいうか。よく「科学は時空間を均質なものとしてとらえる」という言い方がされるが、ムルジャの音楽も均質な時間の中で成り立っている感じがする。自然な熱気や歌うような抑揚や緊迫感といったものがあまり感じられない。だから、とても良い演奏なのだが、同じような演奏が続いて、つい飽きてしまう。昨年だったか、同じ会場でツェートマイヤーの「カプリース」を聴いたが、その時のような興奮は感じなかった。

 アンコールはバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番のアダージョ。均質的なバッハだった。素晴らしく美しい音による正確なリズムのバッハなのだが、パガニーニ以上に、これは物足りない。

 とはいえ、若い才能ある演奏家の見事な「カプリース」を手ごろな値段(なんと1350円!)で聴けて、まったく不満はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア国立交響楽団のチャイコフスキーは私の嫌いなタイプの演奏だった

2015713日、武蔵野市民文化会館でロシア国立交響楽団のコンサートを聴いた。曲目は、なんとチャイコフスキーの交響曲第4・5・6番の3曲。指揮はヴァレリ―・ポリャンスキー。18時半に開演、終わったのは22時に近かった。

1960年代、高校生だった私はドミトリ・ショスタコーヴィチの息子であるマキシム・ショスタコーヴィチ指揮によるこのオーケストラ(当時はもちろん、ソヴィエト国立交響楽団と呼ばれていた)のコンサートを大分市で聴いて、いたく感動した覚えがある。そんなわけで、今回、かなり期待して出かけたのだった。

が、一言で言って、私の大嫌いなタイプの演奏だった。とりわけ、第4番には、怒りのようなものさえ感じた。音がコントロールされておらず、あまりに野放図でしまりがない。それぞれの楽器があっけらかんと鳴らしまくるばかり。指揮者はリズムを取るだけで、楽器をコントロールしない。そのため、メリハリがなく、憂いや影がなくなる。彩りもなくニュアンスもなく、ただ威勢のいい金管楽器ばかりが鳴り響く。木管楽器も私は少しも彩りを感じない。弦楽器も抑制がないので、うねらないし、細かい起伏がない。少なくとも、私にはそのように聞こえた。

第5番は、第4番よりは良かったが、「運命」的な切迫感がなく、チャイコフスキーらしい哀愁も情熱も感じない。ポリャンスキーはときどきメロディに緩急をつけて歌わせようとするが、私の趣味からすると、かなり下品に思える。

今回の演奏の中では「悲愴」がもっともよかったが、これもひたすら鳴りまくる「悲愴」。金管楽器が咆哮し、打楽器が耳をつんざく。それはそれで爽快だが、この曲はそんな曲ではなかろう。

大拍手が起こっていた。このタイプの演奏が好きな人も多いのだろう。が、私は何度も途中で帰りたくなった。私には年に一回くらいの割合で、このようなことがある!

ところで、今回、武蔵野の客のマナーの悪さを強く感じた。最前列のほぼ中央に座った男性が、演奏中、何度もペットボトルの飲み物を飲んでいた。隣の女性も飲んでいるように見えた。演奏家たちも気づいたに違いない。本人はマナー違反ということを知らないのだろう。主催者から何とか注意できないものか。

そのほか、例によって、のど飴をごそごそする音、演奏中、あるいは楽章の途中の話し声が何度も聞こえた。そのほとんどが高齢者。高齢者のマナー違反があまりに目に余る。高齢者向けのマナー教室のようなものをする必要があるのではないかと、真面目に思ってしまう。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

最近見たいくつかのオペラDVD 「オネーギン」「ヴォツェック」「マクベス夫人」

 実は途方もなく忙しい。大学の仕事のほか、停滞したままの原稿があり、編集者と打ち合わせ中の本が2冊あり、企業研修の文章添削が毎週続いており、岩手県奥羽市や横浜市での出張講義も行っている。一つ一つの仕事はやりがいのあることであり、それはそれで楽しいのだが、仕事が重なってどうにもならない。ロイヤル・オペラによる「ウィリアム・テル」のライブビューイングを見たいと思っていたが、結局、映画館まで行く元気が出なかった。

 そんななか、家で仕事をする気力がわかない時間帯を使って、これまでにいくつかのオペラの映像を見た。感想を書く。

 

890


「ヴォツェック」
2010年 ボリショイ劇場

 「ヴォツェック」は大好きなオペラの一つ。テオドール・クルレンツィスの指揮が言葉をなくすほどすごい。鋭い音が重なり合い、緻密でドラマティックで狂気じみた世界を作りだす。音が炸裂するという言葉を使った方がよいかもしれない。しかも、十分にロマンティック。すごい指揮者だ。鬼才と呼ばれるだけのことはある。オーケストラも素晴らしい。

ディミトリ・チェルニャコフの演出は時代を現代にとり、ヴォツェックを現代のサラリーマンとして描いている。決して下層ではない、そこそこエリートのサラリーマンがバーに出入りするいかがわしい女マリーにのめりこみ、狂気に落ち込んでいく、ということか。最後の場面では舞台が12分割され、それぞれの部分で登場人物の家庭が描かれるのは、ヴォツェックだけでなく、登場人物全員、それどころか現代人全員が、孤立し、他者との交流をなくしていることを強調しているのだろう。とても説得力のある演出。

 指揮や演出の切れの良さに比べると、歌手陣はかなり弱い。ヴォツェックを歌うゲオルク・ニグルは知的な狂気をうまく描いているが、マーディ・バイヤーズのマリーやマキシム・パステルの大尉、ピョートル・ミグノフの医師、ロマン・ムラヴィツキーの鼓手長、ロマン・シュラコフのアンドレスにそれほどの迫力はない。とはいえ、全体的には特に不満ということはない。ぐいぐいと引き込まれて最後まで見た。

 

 

555


「エフゲニ・オネーギン」 
2007年、ザルツブルク音楽祭

 

オネーギンを歌うペーター・マッテイが素晴らしい。第1・2幕では、高慢な嫌味な青年であったオネーギンは第3幕になって必死に愛を求める青年に変貌する。それを迫真の歌と演技で演じてくれる。容姿も含めて、まさしくオネーギン。タチアナを歌うアンナ・サムイルも、まるで往年のフランスの女優ジャンヌ・モローのような美貌(といっても、私はジャンヌ・モローに憧れた世代よりもだいぶ年下だが)と、美声によるしっかりした歌唱でとても魅力的。ジョゼフ・カイザーのレンスキーも決闘の場面では抒情的、フェルッチョ・フルラネットのグレーミンも堂々たる歌で文句なし。歌手陣は充実している。

私は第二幕のトリケの歌が好きなのだが、残念ながら短くカットされ、しかもフランス語でなくロシア語で歌われている。残念。ドラマを損なうと判断したのだろうか。が、私はこのトリケの歌があってこそ、オネーギンとレンスキーの仲たがいが浮き彫りになると思うのだが。

ダニエル・バレンボイムの指揮するウィーンフィルは、きわめてドイツ的なチャイコフスキーを作り上げる。チャイコフスキー特有のねちっこい抒情は影を潜めている。その点について第二幕まで少し不満だったが、第3幕のドラマティックな盛り上がりを見ると、これはこれで素晴らしかったのだと納得。

 アンドレア・ブレットの演出は、時代をソ連時代にとり、退廃した雰囲気を描く。現代的でおもしろいが、とくにソ連時代に設定した意味が良くわからなかった。

 

153oneginn


「エフゲニ・オネーギン」英国ロイヤルオペラ 
2013

 もう一枚「エフゲニ・オネーギン」のDVDを購入。実は私は中学生のころからこのオペラが大好き。その昔(私にも多感な少年時代があった!)、涙を流しながらレコードを聴いたものだ。

 オネーギンを歌うサイモン・キーンリーサイドとタチヤナのクラッシミラ・ストヤノヴァが素晴らしい。が、それ以外の歌手については、ザルツブルクのDVDに比べるとかなり劣る印象を抱いた。レンスキーのパヴォル・ブレスリク、オリガのエレーナ・マクシモヴァは少し硬い。

 この演奏で圧倒的なのは指揮のロビン・ティチアーティ。鋭い音で切り込んでくるが、きわめて抒情的でドラマティック。少しお行儀が悪いとはいえるが、これほど音が生きていると、そんなことは忘れて音楽に夢中になってしまう。映像では謙虚そうに見える指揮者だが、なかなかの鬼才だと思う。

 カスパー・ホルテンの演出もおもしろい。全体をタチアナとオネーギンの回想として描いている。第一幕、第二幕の手紙の場面や舞踏会の場面、決闘の場面などで黙役のダンサーが登場してそれぞれの役を演じる。決闘の場面でも、キーンリサイドの演じる後年のオネーギンの前で、黙役の若きオネーギンがレンスキーを殺す。その後、回想するオネーギンはピストル自殺を図ろうとする。なかなかに説得力のある場面だ。これがあるから、第三幕のオネーギンの必死の状況が伝わってくる。

 

 

347


ショスタコーヴィチ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 フィレンツェ五月祭 2008年

 とてもおもしろかった。歌手陣がそろっている。その中では父親ボリスを歌うヴラディーミル・ヴァネーエフとセルゲイのセルゲイ・クニャーエフ、そしてカテリーナのジャンヌ=ミシェル・シャルボネがいい。男たちは身勝手で欲の深い人物を嫌味に、そして存在感たっぷりに歌う。シャルボネも生きる意欲を取り戻そうとする少々くたびれた中年女を好演。ただ、ヤンソンス指揮、クシェイ演出のDVDで歌っているウェストブロックの色気と魅力に心惹かれた私としては、その種の色香がないのは少々さびしい。

 指揮はジェームス・コンロン。鋭角的な音楽を誇張することなく、きわめて知的に、そして鋭角的に演奏してくれる。ひしひしと凄みが伝わる。ただ、もっと破壊的なところがあってもよいように思った。演出はレフ・ドディン。表立ってスキャンダラスなことはしないが、ぐらぐらと揺れる電灯でカテリーナとセルゲイの激しい性交を象徴するなど、音楽の意味するところは的確に表現している。私にとって特に思い入れのあるオペラではないが、改めて素晴らしい音楽だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原歌劇団公演「ランスへの旅」 ロッシーニの醍醐味を味わった

 2015年7月4日、日生劇場で藤原歌劇団公演「ランスへの旅」をみた。ロッシーニ・オペラの醍醐味を味わった。

 コリンナ役の砂川涼子が素晴らしかった。澄んだ美声でしっかりと響く。清純で思慮深い役をしっかりと歌う。騎士ベルフィオーレを歌う中井亮一も張りのある高音が見事。この二人の二重唱は圧巻だった。メリベーア侯爵夫人の向野由美子とリーベンスコフ伯爵の岡坂弘毅の二重唱も聞きごたえがあった。ドン・プロフォンド役の安東玄人もとても芸達者で見事な早口。

指揮はアルベルト・ゼッダ。年齢を感じさせない溌剌としてわくわくとした演奏。東京フィルハーモニーも破綻なくリズミカルな音楽を刻む。演出は松本重孝。特に大きな自己主張は感じられなかったが、人物の動きもスムーズで、わかりやすく楽しく、美しい演出。ロッシーニのオペラの素晴らしさを十分に味わわせてもらった。

「ランスへの旅」は言うまでもなく、登場人物の大半が高い技術を要するために、なかなか上演できないオペラだ。私にとってはロッシーニのオペラの中ではとりわけ大好きな作品というわけではないが、見るたびにワクワクし、歌手たちの声の饗宴に心躍る。

 今回の公演は、日本における最高レベルの歌手を集めてとても見事な舞台になっていた。が、やはり理想的というわけではない。第一幕最後のオーケストラ伴奏のない14人の歌は精妙とは言いがたかった。何人かの音程が不安定なために、美しいハーモニーを紡ぎださない。この場面に限らず、第一幕では、音程の不安定さを感じる歌手が多かった。徐々に調子が上がってきたが、出だしは緊張するのだろう。

 とはいえ、日本でこのレベルのロッシーニのオペラを見られることは実にうれしい。ロッシーニは実に楽しい。

 

 悲しいことがあった。恩師の奥様が亡くなったことを知った。学生時代、言葉では言い尽くせないほどのお世話になった。近いうちに一度お伺いしたいと思いながら、そのままになってしまった。すでにご家族で葬儀を終えられたという。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヒャエル・ザンデルリンク+ドレスデン・フィルのベートーヴェンに感動

 武蔵野市民文化会館で、ミヒャエル・ザンデルリンク指揮、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートを聴いた。ベートーヴェンの交響曲第5番と7番。ともにすごい演奏。私は大いに感動した。

 スケールが大きい。父クルトも同じような雰囲気だったのを思いだす。ノン・ヴィブラートの古典奏法を取り入れ、きわめてドラマティックで疾風怒濤ふうの演奏で、しかも、あちこちにかなり個性的な音が響くのだが、そうでありながら、オーソドックスな雰囲気が漂う。詳しいことはわからないが、昔聞き慣れた楽譜を用いているのではないか。しかも、パーヴォ・ヤルヴィのように音が渦巻いているわけではない。もっとどっしりしていて、細かいところが実に抒情的。巨匠風に音が大きくうねる。そこが伝統を思わせる。

 第5番の第1楽章は、オーボエが実に印象的。味わいの深いオーボエのソロから音楽全体が活気づく。このような解釈のこの楽章を初めて聴いた。が、十分に説得力を感じた。ミヒャエル・ザンデルリンクはとても豊かに木管楽器を歌わせる。第3楽章が終わって第4楽章に進むときの緊迫感は圧倒的だった。ドレスデン・フィルもドイツ的な素晴らしい音。アメリカのオーケストラのように機能的になりすぎることなく、音楽そのものを奏でる。素晴らしいオーケストラだと思った。

 第5も素晴らしいと思ったが、第7はもっと素晴らしかった。それぞれの楽章のアクセントのつけ方が実に魅力的。息もつかせぬほどに盛り上げていく。第2楽章の冒頭の弦もはっとするほど美しかった。第3楽章と第4楽章の躍動は言葉をなくすほど。しかも、まったく誇張がなく、率直に心の奥を揺り動かす。すごい指揮者だと思った。

 アンコールは「ウィリアム・テル」序曲の「行進曲」。壮大な演奏だった。ただ近年のロッシーニ演奏からすると、ちょっと壮大すぎる。

 ともあれ、私は心の底から感動。久しぶりに伝統あるドイツの音を聴いた満足感を覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »