« オペラ映像「アルジェのイタリア女」「チェレヴィチキ」「マゼッパ」「オルレアンの少女」 | トップページ | 昨日の読響「トリスタン」について付け加える »

カンブルラン+読響の「トリスタンとイゾルデ」に涙を流した

20159 6日、サントリーホールで「トリスタンとイゾルデ」(演奏会形式)をみた。

 指揮はシルヴァン・カンブルラン、オーケストラは読売日本交響楽団。素晴らしかった。興奮がしばらく続いた。演出は一切つかないが、まったく退屈することなく、ずっと感動していた。しばしば涙を流した。

 歌手は全員が素晴らしい。演奏会形式の場合、声がオーケストラに埋もれてしまいがちなのだが、今回はすべての歌手がしっかりと聞こえてきた。もっとも一階のかなり前方の席だったが。

 トリスタンを歌うのはエリン・ケイヴス。大きな声ではないが、芯のしっかりした高貴な声で、歌い回しも見事。イゾルデはレイチェル・ニコルズに変更されていた。最後のころには疲れが見えたが、大健闘。若くて小柄で美しい女性。イゾルデにふさわしい。トリスタン役のケイヴスと相性が良い感じ。同じように小ぶりではあるが、とても清潔で高貴な雰囲気をかきたてる。それでいて第二幕は十分に官能的。

 ブランゲーネのクラウディア・マーンケも実に素晴らしい。明るめの声だが、しっかりした美声。安定感がある。クルヴェナールの石野繁生もほかの主役たちに一歩も引けを取らない。それどころか、こんなに素晴らしいクルヴェナールを聴くのは久しぶりだと思った。どっしりとした声で声量も豊か。世界を代表するワーグナー歌手になれる人だと思った。アンドレ・モルシュのメロートも実にいい。水夫などを歌った与儀巧も音程の良い美声。第一幕冒頭、水夫の声で今回の公演がいかにレベルの高いものであるかがわかった。

 歌手はみんな素晴らしかったが、その中でもやはり図抜けていたのが、マルケ王のアッティラ・ユン。私はバイロイトで何度か聴いているが、改めて圧倒された。第二幕の嘆きの場面は、圧倒的な存在感。サントリーホール全体に朗々と響き、しかも嘆きが伝わってくる。すごい歌手だと思う。サルミネンにも負けていないのではないかと思った。

 そして、やはりなんといっても、カンブルラン指揮の読売日響がいい。まったく集中力が途切れず、美しくうねり、しかも音が透明。弦のトレモロがとても美しい。ピアニシモの緊張感にとりわけしびれた。小さなミスはいくつもあるのに気付いたが、全体的にこれほどの演奏はめったにないのではないかと思う。カンブルランの指揮は、きわめて理性的で整理されている印象を受けた。構築的で情緒に流されない。だが、そうでありながら官能と神秘の世界を築いていく。どういう魔法なのか素人である私にはわからない。

「トリスタンとイゾルデ」は大好きなオペラなので、これまで何度も見ているが、演奏会形式は実に久しぶり。第一幕の魔酒を飲んだ後の楽器の様子が見えて、とてもおもしろかった。カンブルランも素晴らしい指揮者であり、読売日響も素晴らしいオケだと改めて認識。

 このところ、家ではロッシーニのオペラ映像ばかりをみていた。両親が東京の施設に入ってから、重い音楽を聴くのが息苦しくなっていたのかもしれない。が、久しぶりにワーグナーを聴くと、やはりこれは特別の存在だ。そして、やはり私はほかのだれよりもワーグナーが好きだ。体全体がゆすぶられ、感動に全身が震える。60歳を過ぎても、まだ愛の音楽にとろける。私の心の中に愛が充満した

|

« オペラ映像「アルジェのイタリア女」「チェレヴィチキ」「マゼッパ」「オルレアンの少女」 | トップページ | 昨日の読響「トリスタン」について付け加える »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/62232268

この記事へのトラックバック一覧です: カンブルラン+読響の「トリスタンとイゾルデ」に涙を流した:

« オペラ映像「アルジェのイタリア女」「チェレヴィチキ」「マゼッパ」「オルレアンの少女」 | トップページ | 昨日の読響「トリスタン」について付け加える »