« 圧巻の岡田博美のピアノ版ワーグナー | トップページ | 戸田弥生・野原みどり デュオ・リサイタルのお知らせ »

オッコ・カム+フィンランド・ラハティ交響楽団のシベリウス圧巻

 20151129日、多摩大学では「私の志」小論文・スピーチコンテストの表彰式が行われた。私は小論文部門の審査委員長として表彰を行った。大変レベルの高い小論文がそろった(内容については、多摩大学のHPを見ていただきたい)。若者は実に頼もしい。

 懇親会の後、車で急いで、初台のオペラシティに急いで、コンサートホールでオッコ・カム指揮、フィンランド・ラハティ交響楽団のコンサートを聴いた。シベリウスの交響曲全曲演奏の3日目。第5・67番。すばらしかった。

 自然体という言葉がぴったりだろう。カムは指揮壇に立つとすぐに、場内が静まるのを待たずに演奏を始める。オーケストラをきちんとコントロールしているようには見えない。さりげなく、何気なしに始まる。そして、事実、オーケストラが指揮に即座に反応しているとはいいがたい。が、徐々に盛り上がっていく。そういえば、シベリウスの交響曲自体がそのような雰囲気だといえそう。何やかやとやっているうちに、流れが決まり、音が重なり、全体が一つの大きな流れになり大きなうねりができて激しく盛り上がっていく。そうであるがゆえに、無理なく自然に、そして自発的に盛り上がる。そこが素晴らしい。

 シベリウスは好きな作曲家の一人ではあるが、それほど聴いているわけではないので、私には演奏について云々する資格はない。が、とても気持ちの良い演奏だった。ピアニシモの弦の音が実に美しい。

 アンコール曲はすべてシベリウスの曲。「アンダンテ・フェスティーヴォ」と「ある情景のための音楽」。最後はやはり「フィンランディア」。言葉をなくす素晴らしさ。

 昨日は岡田博美。そして今日はフィンランド・ラハティ交響楽団。二日連続で素晴らしい音楽を聴くことができた。

 

|

« 圧巻の岡田博美のピアノ版ワーグナー | トップページ | 戸田弥生・野原みどり デュオ・リサイタルのお知らせ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/62774737

この記事へのトラックバック一覧です: オッコ・カム+フィンランド・ラハティ交響楽団のシベリウス圧巻:

« 圧巻の岡田博美のピアノ版ワーグナー | トップページ | 戸田弥生・野原みどり デュオ・リサイタルのお知らせ »