« アンナ・ネトレプコ スペシャル・コンサート ネトレプコとエイヴァゾフ歌の力に興奮した | トップページ | 4月1日の思い、そしてオペラ映像「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「死の都」 »

ウエルベックの小説「服従」

 最近の私はかつてほどの大の読書家ではないが、もちろん仕事柄かなりの本を読む。ただ、書物はまさしく仕事そのものなので、それらについて書くと、手の内を明かすことになってしまって仕事に差し支えが出そう。そんなわけで、このブログを始めた時から、準備中の原稿の内容とともに、読んだ本の感想は書かないことを原則にしている。

 が、話題のミシェル・ウエルベックの小説「服従」(河出書房新社 大塚桃訳)を読んだので、少しだけ感想を書く。ウエルベックの小説は、以前、衝撃的という評判の「素粒子」を読んだだけだった。ぐいぐい引きこまれて読むというわけではなかったが、着想に驚嘆し、作者の思索の深さを感じた。今回、フランスのテロとの関係で「服従」が話題になっているので、先に「プラットフォーム」も読んでみたが、同じ印象。そして「服従」。

 ごく簡単にストーリーをまとめると、2022年、フランス社会がイスラム化し、選挙によってイスラム党が政権を握ったため、もっとも非イスラムと思われる19世紀の作家ユイスマンス(退廃的な人工楽園を描いていたが、晩年、宗教に目覚めてカトリックに帰依した)を研究していた優秀な大学教授も、だんだんと自ら社会に服従するようになり、「服従」を美徳とするイスラム教に改宗する・・・ということになるだろう。

 ニュースなどで取り上げられていたので、政治抗争をリアルに取り上げ、イスラム教の浸透の危険性を警告する小説かと思っていたら、むしろこれまでのウエルベックの小説と同じように一人の男の精神生活を描きつつ、人間のあり方、生きることの究極の意味について、ドストエフスキー的といってよいほどに掘り下げた小説といえそうだ。キリスト教や服従についての語り手とルディジェとの会話などは「悪霊」などの主人公たちの議論を思わせる。

そして、厄介なことに、ウエルベックのほかの小説と同じように「異化効果」が用いられている。作者は読者が語り手に同化するのではなく、語り手の行動に違和感を持ち批判を感じるように仕組む。読者は語り手に共感と批判を同時に持たなければならない。しかし、読み進むうち、どれがウエルベックの本音なのか、イスラムへの語り手の考えはどこまでウエルベック自身のものなのかわからなくなる。

ウエルベックの考えを読み解くための手がかりになりそうなのが、語り手のユイスマンスへの解釈なのだが、私はユイスマンスの小説のよい読者ではない。きちんと読んだのは「さかしま」だけで、ほかは必要があって飛ばし読みした程度。「服従」の中の語り手のユイスマンスへの言及には、私にはついていけないところ、判断に迷うところが多々あった。

少しユイスマンスの小説を読んでみて、「服従」を再読する必要があると思った。

いずれにしても、ウエルベックは政治状況、精神状況をからめたうえで、これまでの「個」を中心とする西洋的な価値観の崩壊について語っている。ヨーロッパの人間のみならず、世界の人間と考えなければならない問題だろう。

それにしても、最初からイスラム党が政権を握って強圧的な政策を進めていくという展開ではなく、国民の多くが反動勢力である国民戦線を警戒するからこそイスラム党が政権を握り、しかも、その指導者は温厚で知的であって国民の信頼を得ている・・・という近未来的な政治状況が実に恐ろしい。おそらくそうはならない(フランスではイスラムへの抵抗が強い)と思うが、なるほどこのような状況だったら十分にあり得るだろう・・・と思ってしまう。

|

« アンナ・ネトレプコ スペシャル・コンサート ネトレプコとエイヴァゾフ歌の力に興奮した | トップページ | 4月1日の思い、そしてオペラ映像「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「死の都」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/63406443

この記事へのトラックバック一覧です: ウエルベックの小説「服従」:

« アンナ・ネトレプコ スペシャル・コンサート ネトレプコとエイヴァゾフ歌の力に興奮した | トップページ | 4月1日の思い、そしてオペラ映像「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「死の都」 »