« 藤原歌劇団「愛の妙薬」を楽しんだ | トップページ | 映画「グランドフィナーレ」を楽しみつつ、新宿バルト9の大音響に閉口した! »

ノット+東響の「ドイツ・レクイエム」は私の好みではなかった

2016年4月24日、サントリーホールで、ジョナサン・ノット指揮による東京交響楽団定期公演を聴いた。

ベンベルク交響楽団の来日公演の際、ノットの指揮によるブラームス・チクルスを聴いた記憶がある。きわめて構築的で知的でしかも深みのある音楽だった。ノットが東京交響楽団に迎えられて以来、ずっと関心を持ってきたのだが、「ドイツ・レクイエム」が演奏されるとあれば、この機会を逃してはならぬと思ってサントリーホールに出かけた。

だが、少し失望した。私の好みではなかった。

前半は、クレシミル・ストラジャナッツの語りと東響コーラスを加えたシェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」とベルクの「ルル」組曲。前半から、どうも私の求める「ワルシャワの生き残り」でも「ルル」組曲でもなかった。

私は「ワルシャワの生き残り」を音楽にすることのできないような激しい憤りをたたきつける音楽だと思っている。だからこそ「シュプレッヒシュティンメ」といわれる歌といえないような歌で表現しているのだと思う。だが、ノットの指揮によると、それほどの憤怒は感じられない。無慈悲に、そして理不尽に虐殺されていったユダヤ人の言いようのない呪いや苦しみが伝わらない。きれいな音楽になっている。

「ルル」も、あのオペラの中のルルのエロスも官能も苦しみも感じない。聞いている私たちにルルのあえぎが聞こえてこない。単なる音の重なりになっている。

きっとノットはそのような音楽を作りだそうとしているのだろう。過度な思い入れを抑制して、音の積み重ねとして、丁寧に音楽を紐解いていこうとしているのだろう。そして、そこに新鮮な音の世界を作りだそうとしているのだろう。だが、それはわかっても、私はやはりもっとやりきれない思いを音楽の中に求めてしまう。

後半の「ドイツ・レクイエム」にも同じ傾向を感じた。ソプラノのチェン・レイスとバス・バリトンのストラジャナッツは実に素晴らしい。とりわけ、レイスは透明できれいな声で、音程も歌いまわしも見事。また、オーケストラも実に美しい音を出す。

だが、あまりに抑制的。まるでフォーレの「レクイエム」のような雰囲気だ。静かで心の奥底での祈りの表現。ドラマティックな表現はなるべく避け、無駄な盛り上げはしない。祈りの心が徐々に高まるように静かに音楽を高めていく。それはそれで説得力がある。だが、そうなると、私のような俗っぽい人間は少々退屈する。私は第2曲のドラマティックな部分が大好きなのだが、ノットの手にかかるとあまりに抑制的。この曲はもっとロマンティックでもっとドラマティックな曲なのではなかろうか。それをこのように演奏すると、やはり魅力が薄れると思う。

そんなわけで、少々欲求不満を感じて、会場を後にした。

|

« 藤原歌劇団「愛の妙薬」を楽しんだ | トップページ | 映画「グランドフィナーレ」を楽しみつつ、新宿バルト9の大音響に閉口した! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/63532385

この記事へのトラックバック一覧です: ノット+東響の「ドイツ・レクイエム」は私の好みではなかった:

« 藤原歌劇団「愛の妙薬」を楽しんだ | トップページ | 映画「グランドフィナーレ」を楽しみつつ、新宿バルト9の大音響に閉口した! »